「機動戦士ガンダム ククルス・ドア
ンの島」6月3日公開決定 15歳アムロ
を演じる古谷徹「役者冥利に尽きる」

(c)創通・サンライズ 劇場アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の公開日が6月3日に決定し、メインキャラクター8人の設定画とキャスティングが公開された。
 「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送された「機動戦士ガンダム」でアニメーションディレクターなどを務めた安彦良和自らが、異色のエピソードとして知られる同作の第15話「ククルス・ドアンの島」を新たな切り口で再度映像化する。原作「ククルス・ドアンの島」では、戦争に巻き込まれ、地球連邦軍の新型モビルスーツ“RX-78-02 ガンダム”のパイロットになることを余儀なくされた少年アムロ・レイと、戦災孤児を育てながら孤島で暮らすジオン軍の脱走兵ククルス・ドアンの交流を通じて戦争の悲哀が描かれた。
 メインキャストはアムロ役の古谷徹をはじめ、セイラ・マス役の潘めぐみ、ブライト・ノア役の成田剣カイ・シデン役の古川登志夫、ハヤト・コバヤシ役の中西英樹、フラウ・ボゥ役の福圓美里と「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に出演した顔ぶれが再登板。ミライ・ヤシマ役は新井里美が務め、量産型モビルスーツ・ジムのパイロットとしてホワイトベースに補充されたスレッガー・ロウ役を、近年の「ガンダム」シリーズのゲーム展開から引き続き池添朋文が担当する。
 公開日決定を記念し、今作で総作画監督とキャラクターデザインを担当する田村篤が、操縦桿を握るアムロとガンダムの勇姿を描き下ろしたイラストも公開されている。
 以下に古谷と安彦監督からのコメントを掲載する。
【古谷徹(アムロ・レイ役)】
まさか「ククルス・ドアンの島」が映画になるなんて思いもしなかった。
43年の時を経て、再びガンダムで戦う15歳のアムロを劇場版で演じることができるとは声優冥利に尽きる。
アフレコに際し、自宅で時間をかけて念入りにリハーサルをした。
ラストシーンの映像を見終わった時、思いがけず涙が溢れた。
とてもリアルなモビルスーツの挙動、表情豊かなキャラクターたち、安彦監督ならではの実に魅力的な作品に仕上がっている。
【安彦良和(監督)】
――「機動戦士ガンダム」は、名もない「小さな者たち」が、たがいに助け合って巨(おお)きな敵と闘い、非情な運命の中を生きて行く物語です。かつてのテレビシリーズのなかに、もっともよくそうした色合いを表すひとつのエピソードがありました。しかし、いろんな事情からそのお話は全体の流れからはみだし、取り除かれてきました。今、ガンダムの初心を愛するスタッフはそれに光を当て、語り直します。ご覧ください。『ククルス・ドアンの島』。

新着