シキドロップ

シキドロップ

【シキドロップ インタビュー】
自分が歩みを止めない限り
旅は続いていく

人生という旅を多彩な切り口で描いた配信ミニアルバム『名付け合う旅路』。セルフプロデュースによって完成した曲たちは、メンバーと同じ時代に生きている我々にさまざまなメッセージを投げかける。本作に込めた想いと制作エピソードについて宇野悠人 (Vo) 、平牧 仁 (Pf)が語ってくれた。

闇を闇として吐き出すのは
失敗としっかり向き合うことでもある

人生というある種の旅をさまざまなかたちで描いている作品ですが、このテーマはどういう経緯で生まれたのでしょうか?

平牧
コロナ禍が始まったくらいの時期に、生き方とかが変わらざるを得なかったり、何かを奪われたりする中で、僕は自分にできることを考えたんです。それで思ったのは“曲を書き続ける”ということ。そして、「青春の光と影」を書いたことによって、“栓が抜けた”みたいな感覚になったんですよね。溜まっていた感情の水みたいなものが一気にあふれ出した感じがして、このベクトルでアルバムを作ってみたいと思ったんです。

そのベクトルを具体的に言うと?

平牧
“そのベクトル、テーマって何だろう?”って僕も考えたんですけど、“コロナ禍でモヤモヤしていた自分がこういう曲を書いたのだから、“生きる”っていうことをテーマにしたらいろんな人に届くのではないだろうか?”と思いました。それがこのミニアルバムを作るきっかけでしたね。曲によっては旅の途中で振り返る瞬間があったり、失ったものを光のように認識している瞬間もあったり…でも、いろいろありつつも諦めてはいないんですよ。今、与えられている選択肢の中で、精いっぱいに大切な何かを見つめ直しながら旅を続ける姿勢に着地したいと思っていました。

“失う”というのは一般的にはマイナスのことですが、大切なものに気づいたり、何かを始めたりするきっかけにもなるという点でポジティブなものとしてもとらえることもできますよね。「青春の光と影」からもそういうものを感じました。

平牧
“失う”っていうのは“スペースが空く”ということでもあるんですよね。その空白によって気づかされる闇も光もあるんだと思います。

宇野さんは過去の失恋の際に彼女から言われたことがきっかけで一回就職して、その経験がミュージシャンの道に進む強い決意につながったんですよね?

宇野
そうです(笑)。

それも“失う”から生まれたことではないでしょうか?

宇野
おっしゃるとおりですね。その経験があったから僕は先に進むことができたんです。あのまま彼女と続けていたら他の人生があったかもしれないですけど、別れた先には違う人生が待っていたんですよね。それはそれで良かったって思うんですよ。
平牧
僕は役者のオーディションに何百回も落ちた末に、“どう思われてもいいや”という境地に達して、そこからいろいろなことがうまくいくようになったんです。失敗もある程度重ねると何かしらのステップアップにつなげられるのかもしれないですね。
宇野
失敗は成功のもとっていうことですよね。

そういう視点があるからこそ、曲によっては闇の要素を徹底的に描いているわけですね。「銀河鉄道」と「育つ暗闇の中で」は、かなり絶望的な状況を描いているじゃないですか。

平牧
画家の方々からよく聞くことなんですけど、明るいものを描く時に明るい色だけを使うのではなくて、暗い線を入れることによって明るさを際立たせるという技法があるそうなんです。僕は後者のほうがよりリアルに光を描けると感じていて。「銀河鉄道」と「育つ暗闇の中で」も闇をしっかり“影”として描きたいと思っていました。それによって、他の曲に説得力も生まれると考えていたので。闇を闇として吐き出すのは失敗としっかり向き合うことでもあるから、それは単に“失敗”では終わらないと。ひと晩寝たら朝はやって来るので、“今日は一緒に泣いてからおやすみ”というニュアンスで闇を描いたのが、その2曲ですね。

歌っている内容は闇の要素ですけど、サウンドは明るいのも印象的です。

宇野
最初、仁ちゃんからもらった「銀河鉄道の夜」のデモはピアノだけだったんですけど、この完成形のイメージがすぐに浮かんだんです。仁ちゃんが言っていた画家のお話ともつながるのですが、あんまり真っ暗な印象のアレンジにするのは違うと思ったので。
平牧
悠人はポジティブなタイプで、僕はそこも尊敬しているんです。悲しみの描き方、とらえ方が僕とは違っていて。だからこそ、いいバランスと角度で曲をかたちにできるんですよね。
シキドロップ
配信ミニアルバム『名付け合う旅路』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」