果てしなき成長を続けるeillがつむぐ
メッセージ「心が何かを感じることを
恐れないでほしい。それが今生きてい
る一番の証だから」

eill『BLUE ROSE TOUR 2022』 2022.02.06 豊洲PIT
2月6日、豊洲PITでeill“BLUE ROSE TOUR 2022”の初日を観た。2年とちょっと前、渋谷WWW Xで観た前回のツアーを懐かしく思い出しながら、会場に足を踏み入れた瞬間、客席をびっしり埋めた観客の数と熱気に驚いた。時代の風は確実に追い風。いやがうえにも期待高まるショータイム、いざ幕開け。
eill
オープニングはニューアルバム『palette』から、明るくハッピーな一体感をまとうタイトル曲と、エレクトリックギターがうなりをあげるロッキンチューン「ここで息をして」。前回のツアーにも参加したダンスクルー・GANMIのメンバーがバックダンスに加わり、「FAKE LOVE」と2曲続けて華やかに盛り上げる。軽やかにエアリー、それでいてハスキーで太い存在感を持つeill独特のボイスは、ライブで聴くとさらにみずみずしい。ギター・サトウカツシロ、キーボード・宮田“レフティ”リョウをはじめ、アクの強い5人編成のバンドサウンドにまったく負けていない。
eill
eill

「“BLUE ROSE TOUR”豊洲PITへようこそ。約2年半越しにツアーをやります。初めて来た人? 久しぶりの人? いま手を挙げそびれた人? はじめましての人も久しぶりの人も、最後まで一緒に楽しんでください。みんなの心の声に耳を澄ましながら、歌いたいと思います」
もっと手拍子ちょうだい。ステップもやってみる?と、観客を巻き込んで強引に引っ張る押しの強さが微笑ましい。曲は竹内まりやのカバー「プラスティック・ラブ」から「honey-cage」、そして「((FULL MOON))」へと、AORテイストのメロウな曲を連ねてしっとりとじっくりと。椅子に腰かけてGANMIと絡む、演劇的パフォーマンスも面白い。一気にテンポを上げて「Night D」へ、さらにトラップビートのアグレッシブなヒップホップチューン「ただのギャル」へ。強烈なストロボライトがまたたく中、オートチューンのクールな歌と、切れのあるダンスパフォーマンスで盛り上げるeill。「ダンスどうだった? めっちゃ頑張って練習したんだよ」と、友達に自慢するみたいに笑ってる。とにかく明るい。そして楽しい。
eill
eill

「special girl」は、シンプルなエレクトリックギターのバッキングと、会場いっぱいの手拍子のリズムに乗せて、包容力満点に。あたたかい手拍子はそのままで、「HARU」はピアノポップの曲調で軽快に。大きな身振りと目くばせで、バンドの音を小さくしたり大きくしたり、自由に遊んでるeill。音を楽しむと書いて音楽。ありふれた表現でもやっぱり使いたくなる、これがeillのライブ。
「みんながくれるメンション、DM、コメントにすごく救われてます。ファンレターには、私の知らないみんなの人生が書いてある。みんなからの手紙にちゃんとお返事を書きたいと思って、「letter...」という曲を書きました」
eill
今日は歌詞を本当に便箋に書いてきたので、お手紙を読みたいと思います――。アコースティックギターと歌だけで、便箋を前に語るように歌いかける「letter...」の誠実さ。今一番会いたい人を思い浮かべて聴いてくださいと、エレクトリックピアノの調べに乗せて心の声をつぶやく「いけないbaby」の純粋さ。繊細なグルーヴの中に力強さを込めた「花のように」の、むきだしの感情がはみ出しそうないとおしさ。3曲続けてスロー&メロウの中に、莫大な感情の揺れ幅を詰め込んでしっかり聴かせる。これもまたeillのライブ。
eill
eill

「心が何かを感じることを恐れないでほしい。それが今生きている一番の証だから」
時折感情を高ぶらせながらの、長く、気持ちのこもったMCの結論。弱い自分、我慢する自分、泣いてる自分、そんな自分を愛してあげてほしい。あなたは一人じゃない、隣を見ればいつもeillがいる、ずっと見守っているからと、友達を励ますように話すeill。曲は「SPOTLIGHT」から「20」へ、それはeillの原点と言える、力強く色あせないメッセージソング。ゴスペル風クワイヤと盛大なクラップが溶け合うアンセム。その続編とも言える「23」は、スタジアムでも映えそうな壮大でロッキンなサウンドで圧倒する。ボーカリストとしてだけでなく、ライブパフォーマーとしての説得力。eillにはやはり観客いっぱいのライブが良く似合う。
eill
eill
アンコールはたった一人、「片っぽ」をピアノ弾き語りでエモーションいっぱいに。Blue Roseの花言葉は、不可能を可能すること、夢を叶えること。それをみんなと報告し合いながら、ずっと一緒に生きていけるライブをすること。そんな言葉を残して、GANNMIのメンバーも呼び込んで楽しくはしゃぐファイナルチューン「踊らせないで」の、クールでファンキーなサウンドに乗せてステージを駆け回って手を振る、子供のようにうれしそうなeillの笑顔がいい。子供みたいなeill、大人びたeill、失恋ソングに声を震わせるeill、生きてく強さを込めたメッセージソングを凛々しく歌うeill。いろんなeillが見られるから、ライブは面白い。“BLUE ROSE TOUR 2022”は、このあと11日に大阪、11日に名古屋と続く。果てしなき成長を続けるeillの存在を、ぜひライブ会場で体感してほしい。
※2022年2月11日(金)、12日(土)に開催予定となっていた「BLUE ROSE TOUR 2022」大阪公演・名古屋公演は、新型コロナウィルスの感染拡大にともない、ご来場のお客様ならびにアーティスト、関連する全ての関係者の安全を最優先に考え、やむなく開催が延期となった。
現在振替公演が調整されており、決定し次第オフィシャルサイト等にて改めて案内されるとのことなので、詳しくはオフィシャルサイトなどでの発表をお待ちいただきたい。

取材・文=宮本英夫 撮影=山川哲
eill

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着