望海風斗が主演 ブロードウェイ・ミ
ュージカル『DREAMGIRLS』日本版初上
演が決定 

2023年2月から3月にかけて、東京・東京国際フォーラムホール C、大阪・梅田芸術劇場メインホールにて、ブロードウェイ・ミュージカル『DREAMGIRLS』日本版が上演されることが決定した。
『DREAMGIRLS』は、脚本・作詞トム・アイン、音楽ヘンリー・クリーガー、マイケル・ベネット(『コーラスライン』)が生前最後に演出と振付を手掛け、1981 年にブロードウェイで初演、翌年のトニー賞でミュージカル脚本賞や振付賞を始めとする 6 部門受賞したブロードウェイ・ミュージカル。2006 年(日本公開 2007 年)には、ビヨンセ・ノウルズ、ジェニファー・ハドソン、ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィら競演で映画化された。作中では、1960 年代のアメリカを舞台に、黒人女性ボーカルグループが歩んだ栄光と挫折、再生を描かれている。
今回の日本版は、1988 年の台本にて上演。演出を、劇団俳優座の眞鍋卓嗣氏、主役のディーナ・ジョーンズを、元宝塚歌劇団雪組トップスターの望海風斗が務める。
演出の眞鍋氏、主演・望海のコメントは以下のとおり。
眞鍋卓嗣(演出)
このお話をいただいた時、正直驚きました。え?あのドリームガールズ!?多くの人に愛されている作品なのでその分ハードルの高さも感じていますが、何より素晴らしい音楽に私のイメージを重ねることができる喜び、そして望海風斗さんという素敵な方とご一緒出来る喜びが勝り、期待で胸がいっぱいです。いまを生きる私たちのドリームガールズを目指して、できる限り挑戦していきたいと思います。
望海風斗(ディーナ・ジョーンズ 役)
私自身大好きな作品で、映画はもちろん舞台も拝見していたので、あの世界にディーナ役で入り込めるのかと思うと感謝と喜びで一杯です!
日本初演。沢山の壁や不安はあると思いますが、ワクワクする音楽、素敵なストーリーに助けてもらいながら、演出の眞鍋卓嗣さん、カンパニーの皆さんと力を合わせて一つ一つ乗り越えていきたいです。
2023 年『ドリームガールズ』、劇場で皆様とお会いできる日を楽しみにしております!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着