柴田 淳

柴田 淳

“歌手になりたい”という
気持ちしかなかった

J-ROCK&POPの礎を築き、今なおシーンを牽引し続けているアーティストにスポットを当てる企画『Key Person』。第22回目は2021年でデビュー20周年を迎えた柴田 淳。幼い頃からレッスンを受けていたピアノをきっかけに音楽に触れ、学生時代に歌うことの楽しさを知り、歌手活動の道を歩み始めた20歳から4年でデビューを掴みとった彼女には、それだけの強い志があった。
柴田淳 プロフィール

シバタジュン:女性の深層心理を鮮やかに描き、美しいメロディーに乗せて歌うシンガーソングライター。幼少の頃よりピアノのレッスンを受け、20歳の頃より作詞作曲を始める。2001年10月にシングル「ぼくの味方」でメジャーデビュー。シンガーソングライターとしての活動の他にも、楽曲提供、ナレーション、ラジオパーソナリティーなど幅広く活躍している。柴田淳 オフィシャルHP

芸術を仕事にするのは
大変だと分かっていた

柴田さんはどんな子供だったのですか?

周りから聞いた話だと、気が強かったみたいですね。“これ私の!”みたいな、意思が強くて好き嫌いがはっきりしていたというか。あとは、近所に住んでいる男の子たちと一緒に三輪車に乗って、探検ごっこをしていたのを覚えています。服装も男の子っぽかったし、女の子に人気なキャラクターも好きだったけど、おもちゃは車ばっかり。姉はよく内科に行く子供だったんですが、私は怪我が多くていつも外科で、腕や膝はずっと傷だらけでした。

でも、3歳の頃から厳しいピアノのレッスンを受けていたんですよね。

そうです。ピアノは大嫌いで、人前に出るのも嫌だったけど、スパルタなピアノ教室に通っていて、そこは発表会の音源をレコードにしてくれるんですよ。だから、私のレコードデビューは5歳です。

そんな教育を受けながらも、小学5年生の時には中学受験に向けてグランドピアノを買おうとしているお母さんに向かって“音大には行きません”と宣言するという、柴田さんの意志の強さが見えるエピソードもあります。

それは強いのではなくて、ピアノを続けていく意思がなかったからで、初めて勇気を出したひと言でしたね。そしたら受け入れてもらえて、その瞬間から“ピアノを弾きなさい”って言われなくなったんです。でも、私はそれが逆に怖くて(笑)、解放されてからは自らピアノを弾くようになりました。ピアノを弾かなくなると“自分は悪いことをしているのではないか”という気持ちになって。それで高校生の時に、練習しなくても怒られないような、趣味でやっている人たちが集うピアノ教室に通ったら、今まで自分が通っていた教室とのギャップに驚いてしまって、私もだんだん練習しなくなってフェードアウトしました。

ピアノから離れた時に視野が広がったような感じはあったんですか?

自由になれた気はしました。子供の時から“ピアノを極めたところで、ピアノの先生にはなれない”と思っていたんですよ。ピアニストになれるのは氷山の一角だし、“ピアニストになれたとしても生活していけるのかな?”って、ピアノを極めた先の到達点に魅力を感じられなかったし、小学生ながら“あの大嫌いなピアノ教室の先生に私がなるの? 冗談じゃないよ!”と思っていたんです(笑)。だから、その頃から芸術を仕事にするのは大変なことだと分かっていました。ピアノを辞めても他にやりたいことがたくさんあったのもラッキーでしたね。今でも身体がもうひとつあったら警察官になりたいし、アナウンサーやパイロットとか、憧れる職業はたくさんあります。

今も音楽活動の傍ら、救急救命士の資格をとるために専門学校に通っていますものね。

はい。私が中学3年生の時に救急救命士の法律が制定されて、高校1年生の時にテレビで救命士のドキュメンタリーを観て魅了されたんです。当時、救命士は専門職に就いている人のプラスアルファの職業だったので、それだけを取得することはできなかったんです。だから、まずは看護士になってから資格をとって、いずれはアメリカで働くことまで想像していました。親に医療系の大学に進むための塾にも通わせてもらったのに、通い出した時に歌手になりたい夢が勝っちゃって。その時に救命士と歌手を天秤にかけて、私には歌手しかないと思ったんです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着