レインズがゴールドバーグを失神KO
ロンダ・ラウジーは王者シャーロット
との前哨タッグ戦に勝利

レインズがゴールドバーグを失神KOにして王座防衛!WMでレスナーとの“王者対決”へ
王者ローマン・レインズ(withポール・ヘイマン)が “超人類”ゴールドバーグと「エリミネーション・チェンバー」のユニバーサル王座戦で対戦するとゴールドバーグのスピアー2発を食らいながらもギロチン・チョークで失神KOにして王座防衛に成功した。
序盤、レインズは打撃から解説席にゴールドバーグを叩きつけて攻め込めば、ゴールドバーグにスピアーで反撃されて白熱の攻防を展開。さらにレインズがスーパーマンパンチを繰り出すと再びゴールドバーグのスピアーからジャック・ハマーを狙われたが、最後はギロチン・チョークでゴールドバーグを締め落としてレフェリーストップ。レインズがゴールドバーグを下して王座防衛すると同日に行われたWWE王座EC戦ではレスナーがWWE王座奪還に成功して“祭典”レッスルマニアでユニバーサル王者レインズ vs. WWE王者レスナーの “王者対決” が決定した。
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レインズ vs. レスナーの “王者対決” がおこなわれる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日・4日にWWEネットワークで配信される。
ロンダ・ラウジーが“腕1本”で王者シャーロットとの前哨タッグ戦に勝利
次期王座挑戦者ロンダ・ラウジーがSD女子王者シャーロット・フレアーと“祭典”レッスルマニアを前に「エリミネーション・チェンバー」のタッグ前哨戦で激突すると左腕1本で試合に挑んだロンダがソーニャ・デビルをアーム・バーで仕留めてタップ勝ちを収めた。
柔道着で登場したロンダは調印式で受諾した片腕を縛った状態で試合に挑むと序盤からソーニャを投げ飛ばして攻め込んだが、シャーロットのチョップやエルボー連打の猛攻で劣勢になってしまう。しかし、ロンダが何とかシャーロットを振り切って交代するとナオミがクロスボディで攻め込み、最後はロンダがシャーロットに見せつけるようにパイパーズピットからアーム・バーをソーニャに決めてタップ勝ちを収めた。
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

シャーロット vs. ロンダのSD女子王座戦がおこなわれる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日・4日にWWEネットワークで配信される。
ベッキーがリタとの接戦を制して王座防衛!WMでビアンカ戦が決定
ベッキー・リンチが「エリミネーション・チェンバー(EC)」のロウ女子王座戦で対戦した“女子レジェンド”リタをマンハンドルスラムで撃破して王座防衛に成功すると、女子EC戦を制したビアンカ・ブレアとの王座戦が“祭典”レッスルマニアで決定した。
序盤、ベッキーはビンタの応酬からレッグドロップやソバットで攻め込むとリタにカウンターのDDTやクロスボディで反撃されて白熱の攻防を展開。さらにベッキーが解説席やエプロンに叩きつけられながらもディスアーマーからのマンハンドルスラムを叩き込んだが、逆にロープエスケイプしたリタにツイスト・オブ・フェイトからのムーンサルトを決められてしまう。これで勝負ありかと思われたが、ベッキーが何とかカウント2で返すとすかさずマンハンドルスラムをリタに叩き込んで王座防衛に成功した。
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに同日行われたロウ女子王座挑戦権をかけた女子EC戦ではビアンカ・ブレアが勝利して“祭典”レッスルマニアでベッキー vs. ビアンカのロウ女子王座戦が決定した。ベッキー vs. ビアンカのロウ女子王座戦がおこなわれる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日・4日にWWEネットワークで配信される。
レスナーがEC戦を制してWWE王座を奪還!WMはレインズとの“王者対決”に
“ザ・ビースト”ブロック・レスナーが「エリミネーション・チェンバー(EC)」のWWE王座EC戦で王座獲りに挑むと王者ラシュリーがアクシデントで脱落する中で残る4人全員をF5で一掃してWWE王座奪還に成功。これにより「レッスルマニア38」ではユニバーサル王者ローマン・レインズとの“王者対決”が決定した。
セス・ロリンズとオースティン・セオリーで試合がスタートすると序盤からロリンズのパワーボムがポッドを突き破ってラシュリーに激突してしまう。このアクシデントでラシュリーは試合復帰できずに脱落となると時間差でリドル、AJスタイルズがポッドから登場して激しい攻防を展開した。さらに試合途中にはレスナーがポッドを破壊して試合に参戦するとロリンズ、リドル、AJを次々にF5で沈めて3カウントを奪取。続けてレスナーは残ったセオリーにローブローを食らうとドロップキックやDDTで攻撃されて激怒。金網を登って逃げ出すセオリーを捕まえるとポッドの上からF5で投げ飛ばして3カウントを奪った。
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レスナーが宣言通りEC戦を制してWWE王座を奪還するとレッスルマニアでは王者レインズとの“王者対決”が決定した。レインズ vs. レスナーの“王者対決”がおこなわれる「レッスルマニア38」は日本時間4月3日・4日にWWEネットワークで配信される。
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.
(c)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

記事提供:WWE

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着