DISH// 「再青」プロジェクト第3弾「FREAK SHOW」「Loop.」のリテイクが配信開始!

DISH// 「再青」プロジェクト第3弾「FREAK SHOW」「Loop.」のリテイクが配信開始!

DISH// 「再青」プロジェクト第3弾「
FREAK SHOW」「Loop.」のリテイクが
配信開始!

「再青」第3弾「FREAK SHOW」「Loop.」リテイクver.配信開始!

バンド結成10周年を記念したリテイクプロジェクト「再青(よみ: さいせい)」の第三弾として、3月1日に「FREAK SHOW (in 2022)」、「Loop. (in 2022)」が配信リリースされた。
DISH//(ディッシュ)メンバーカラー・柄・プロフィールは?名前の由来も合わせて紹介!
https://utaten.com/specialArticle/index/6009
「再青」プロジェクトとは結成10周年を記念した企画であり、この10年間で生み出してきた楽曲の数々を”現在”の彼らの演奏と声でリテイクする、まさに“過去”と“未来”を繋げるプロジェクトである。
毎月1日に2曲ずつリテイク楽曲が配信されており、1曲は事前発表、もう1曲は配信日当日までシークレットとなっている。
第一弾では、「I Can Hear (in 2022)」、「猫 (in 2022)」、第二弾では「birds (in2022)」、「愛の導火線 (in 2022)」が配信され、オリジナルバージョンから大きく進化した演奏と歌声が話題となっている。
今回待望の第三弾では、既に発表されていた2016年リリース「Loop.」のリテイクバージョンとして「Loop. (in 2022)」(よみ:ループ イン ニセンニジュウニ)、そして2014年リリース「FREAK SHOW」のリテイクバージョンとして「FREAK SHOW (in 2022)」が当日サプライズ配信となった。
「Loop.」はDJ/Keyの橘柊生が作詞作曲したR&Bテイストを感じる楽曲となっており、2ndアルバム『召し上がれのガトリング』の収録曲としてリリースされている。
「Loop. (in 2022)」は配信が発表されたタイミングでTwitterトレンド入りを果たすなど、ファンから待望の声が後を絶たなかった人気曲だ。
「FREAK SHOW」は、2014年に3rdシングルにして初のストレートなロックナンバーとしてリリースされた楽曲。約8年の時を経て、リテイクバージョンがリリースとなる。
そして、このプロジェクトでは、毎回配信ジャケットのビジュアルを話題のクリエイターとコラボしている。キーカラーの“青”と、楽曲に再び血を通わせるという意味の“赤”を基調として、それぞれ楽曲の世界観に合うビジュアルへと作り込まれている。
「Loop. (in 2022)」では、イラストレーター・ともわかとコラボ。「だらしのない男」を描いたこの楽曲の世界観をワンルームの部屋で表現している。細部までこだわられたイラストとなっているので、是非目を凝らして見てみてほしい。
「FREAK SHOW (in 2022)」は、デジタルアーティスト・mesoismにより制作。
「見世物」を意味するタイトルから、“FREAK SHOWを⾒ている側の存在”をテーマとしている。圧倒的なパフォーマンスを⾒た際の⼼情の変化を、CGだからこそ出来得るグラフィカルな表現で演出している。
勢いの止まらないDISH//の新プロジェクト、「再青」。来月4月に来たる第4弾も、是非心待ちにしていてほしい。
DISH// 再青プロジェクト情報

■「猫 (in 2022)」
1/1より配信中
■「I Can Hear (in 2022)」
1/1より配信中
■「愛の導火線 (in 2022)」
2/1より配信中
■「birds (in 2022)」
2/1より配信中
■「Loop. (in 2022)」
3/1より配信中
■「FREAK SHOW (in 2022)」
3/1より配信中
▶再青プロジェクト特設サイト
▲DISH// 「再青」プロジェクト始動 ティザー映像
コメント

「Loop. (in 2022)」 Comment
10代の頃に作った曲が20代の今改めて音源として復活です。主人公を自分に当てはめると面白く聞こえるんじゃないかなーと思ったりします。いろんな楽しみ方をしてみて下さい。
―橘柊生(DJ/Key)
「Loop. (in 2022)」 Creator's Comment
「だらしのない男」がテーマであるこの曲。
同じ事を繰り返しの毎日を打開したいと思ったことは誰にでもあると思います。もちろん私もあります。
何かを変えたいと行動してみても結局また元のループに戻ってしまって落胆する、それでもいつかはと期待するんです。
人によってはそれが生活であったり、仕事であったり、恋愛であったり様々でしょう。誰もが共感できる曲だと思います。
タイトルのピリオドが意味する「だらしのない生活にピリオドを打ちたい願い」を、その少しの希望と決意を、左手の拳に感じてもらえたら幸いです。
―ともわか
「FREAK SHOW (in 2022)」 Comment
FREAK SHOWは当時、ギターが弾けなくて弾けなくて悔しい思いをした楽曲でもあります。あの頃、ただカッコいいとテンション高かった少年たちが、今自分達の音で楽曲と向き合い、改めて探求し直した音や、バンドの空気を味わって欲しいです。
北村匠海(Vo/Gt)
「FREAK SHOW (in 2022)」 Creator's Comment
なにか途轍もないものを目の当たりにした時、あなたはどう変わる?
あなたの頭の中で、身体の奥で、何が起きているのかを想像した事はある?
指先がピクリと動いて瞬きを一つしたその瞬間、あなたもショーの一員だからね。
―mesoism
▲DISH// - Loop. [Official Live Video]

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着