天海祐希、鈴木亮平W主演『広島ジャ
ンゴ2022』4月13日にライブ配信が決

2022年4月13日(水)WOWOWオンデマンドにて『天海祐希✕鈴木亮平「広島ジャンゴ2022」』のライブ配信が決定した。
劇作家・演出家の蓬莱竜太が広島の劇作家・演劇人とともに創作し、2017年に初演された戯曲『広島ジャンゴ』が脚本、演出、美術、音楽を一新し『広島ジャンゴ2022』として上演されたステージがよみがえる。
2019年『ビューティフルワールド』で第27回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した蓬莱が、満を持してシアターコクーンに初登場。本作は広島弁満載の異色“ニュー”ウエスタン活劇だが、人間の価値観や限られた社会での常識など現代に通じるさまざまな不条理を問いかける。
今回が初めてのタッグとなる天海祐希と鈴木亮平のW主演が実現。数多くの作品で確固たる演技力と唯一無二の存在感を放ってきた2人の共演に期待が集まる。
さらに、さまざまな出演作で魅力を増すベテラン、仲村トオルが『プレイヤー』以来5年ぶりにシアターコクーンに登場。
そして、野村周平、中村ゆり、土居志央梨、芋生悠、北香那、宮下今日子、池津祥子、藤井隆と幅広い層の豪華俳優陣が集結した。
<ストーリー>
舞台は現代の広島の牡蠣工場。周囲に合わせることをまったくしないシングルマザーのパートタイマー山本(天海祐希)に、シフト担当の木村(鈴木亮平)は手を焼いていた。ある日、木村が目覚めると、そこはワンマンな町長(仲村トオル)が牛耳る西部の町、ヒロシマだった。山本は、子連れガンマンのジャンゴとして現われ、木村はなぜかジャンゴの愛馬、ディカプリオとして、訳も分からぬまま、ともにこの町の騒動に巻き込まれていく──!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着