黒沢ともよ、蒼木陣、長妻怜央ら出演
の舞台『アクダマドライブ』が開幕 
出演者コメント&舞台写真が到着

2022年3月10日(木)品川プリンスホテル ステラボールにて、舞台『アクダマドライブ』が開幕した。初日にあたりゲネプロが行われ、出演者よりコメント&舞台写真が到着した。
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会

(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会

近未来を舞台に、個性豊かな犯罪者たちの物語が描かれる舞台『アクダマドライブ』。2020年に放送されたオリジナルTVアニメを原作とする本作は、主演の一般人役をアニメでも同役の声優を務めた黒沢ともよが担当、そのほか、蒼木陣、長妻怜央、吉川 友、廣野凌大、桜庭大翔、星波、佐久間貴生、中村琉葦・国井 煌 (Wキャスト)、佐久間凛奈・神津優花(Wキャスト)、本田礼生、唐橋 充が出演。さらに浦島坂田船が初の舞台テーマソングを担当することでも話題に。
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
また、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』Rule the Stageなど独創的な舞台を手掛ける植木豪の演出は映像、歌、ダンス、アクションと見どころ満載、迫力ある舞台となっている。
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
出演者コメント
■一般人役:黒沢ともよ
まず今この時代に全員揃って幕を開けられること、とても嬉しく思います。
植木豪さんが素晴らしいクリエイターの皆様と作り上げてくれたエンターテインメントフィールドで、素晴らしい魂をもつ俳優・パフォーマーの皆様と精一杯遊んできたいと思います。
劇場で体感してもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします。
■運び屋役:蒼木 陣
二十代最後の舞台となる今作。
運び屋という難しくも多くの魅力を持つ、演じがいのある役をいただきました。
素晴らしいキャストスタッフの皆さまと本番に臨めることに感謝して、一つの集大成として作品内での勤めを全うできるよう頑張ります。
■チンピラ役:長妻怜央
稽古をする中で僕なりのチンピラを精一杯演じさせていただいています!
共演者さんやスタッフさんに支えられながらアクダマドライブという作品作りに携わることができました!
本当に感謝しかありません。
舞台上で観に来てくださっている方々と対話をしながら、千秋楽までもっともっと魅力的なチンピラになりたいと思っているので、何度見ても楽しめる作品になっているので是非、観に来てください!
■医者役:吉川友
いよいよ本日からアクダマドライブスタートします!
無事幕を開ける事ができうれしく思っております。
壮大なセットや壮大な演出に引き込まれること間違いなし。
観劇される皆様是非最後まで楽しんでいってください!
千秋楽まで頑張ります!!!
■ハッカー役:廣野凌大
ハッカー役の廣野凌大です。
ご来場いただいた皆様にとってとても素敵な時間になりますよう、キャストスタッフ一同、アクダマドライブの世界観を音で光で、そして人の力で体現して参りますので是非お楽しみください。
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
■喧嘩屋役:桜庭大翔
いよいよ!!! 舞台『アクダマドライブ』開幕!!
こんなに開幕がわくわくで待ちきれないものがあるかというくらい
沢山皆様に見てもらいたいシーンがあります!
いくつ目があっても足りない舞台になっていると思いますので、ぜひ何度でも足を運んでいただけたらと思っております!
最高なものをお届けします、楽しみにしていてください!
■処刑課弟子役:星波
舞台『アクダマドライブ』
本日無事に初日の幕が開けることとても嬉しいです。
1公演1公演大切に、そして新鮮な気持ちで処刑課弟子として自分の正義を信じてアクダマたちと戦いたいと思います。
1つ前の作品がコロナの影響で完走する事が叶わずとても悔しい思いをしたので、今作は怪我なく大阪の大千秋楽まで駆け抜けられるよう頑張ります!!
■処刑課後輩役:佐久間貴生
改めて舞台『アクダマドライブ』に出演できる事、本当に嬉しく光栄に思います。
キャストの方々の熱量に溢れたパフォーマンスと心を奪う演出に、あっ! という間にスピード感あるストーリーに没入します!
稽古中はそのスピードについていくのに必死でしたが、カンパニーの皆様のおかげでなんとか処刑課後輩として
初日を迎えることができました。
全力でアクダマの世界に生きて、観ていただいた方々にエンタメの爽快感を感じていただきたいです!
■殺人鬼役:本田礼生
ついに開幕です。
幕が上がることが奇跡のようなご時世に、皆さまに演劇を届けられることを幸せに思います。
“アクダマドライブ“の世界観に加えて、様々なエンターテイメントが詰め込まれた作品になっておりますので、思いっきり楽しんでいただけたら嬉しいです。
■処刑課師匠役:唐橋 充
ステージで感じ得る全ての感動と、今まで感じたことのない躍動を、綿密に精密に作られる演出の植木豪さんは、よく冗談を仰います。
だから現場はニコニコしかありません。
そしていつも、観たことないのを作りたいと仰います。
これがクリエーターの環境作りの基本のキなのかもしれません。
素晴らしい舞台です、こんなすごいの観たことがありません。
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
本公演は、3月21日(月・祝)まで東京・品川プリンスホテル ステラボールにて、その後、3月26日(土)・3月27日(日) 大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演される。
(c)ぴえろ・TooKyoGames/アクダマドライブ製作委員会 (c)舞台「アクダマドライブ」製作委員会
そして、初日3月10日(木)夜公演と大阪千秋楽3月27日(日)夜公演をSPWNにて生中継。さらに、本公演のBlu-rayが8月26日(金)に発売されることも決定した。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着