「ブラッククローバー」歴代主題歌収
録のベスト盤第2弾が5月発売 連載7
周年記念映像も公開

(c)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会 テレビアニメ「ブラッククローバー」の歴代オープニング&エンディング主題歌を収録したCDの第2弾「ブラッククローバー主題歌ベスト2」の発売が決定した。あわせて、連載7周年を記念した「ブラッククローバー7周年記念映像」の公開、劇場版の公開時期が2023年に決まった。
 原作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の田畠裕基氏によるファンタジーアクション。誰もが魔法を使える世界で、その例外となってしまった少年アスタ(CV:梶原岳人)とライバルのユノ(島﨑信長)が、魔道士の頂点“魔法帝”を目指す姿を描く。テレビアニメ版は17年から21年まで全170話が放送され、劇場版の制作も決定している。
 5月25日に発売される「ブラッククローバー主題歌ベスト2」には、「Snow Man」による「Stories」「Grandeur」、ビッケブランカの「Black Catcher」、花譜の「アンサー」、「TREASURE」の「BEAUTIFUL」など、第9クール以降のオープニング&エンディング主題歌をすべて収録。さらに、ショートアニメ「むぎゅっと!ブラッククローバー」の主題歌で、アスタ役の梶原、ユノ役の島﨑によるユニット「Clover×Clover」が歌う「POSSIBLE」もCDに初収録される。
 ジャケット画像も公開されており、断魔の剣の力を活用したアスタの強化形態ともいえるブラックアスタ、精霊シルフと精霊同化したユノの姿を描いたリバーシブル仕様になっている。価格は、収録楽曲すべてのノンテロップオープニング&エンディング映像を収録したDVDが付属する初回生産限定盤が3500円、通常盤が2500円(いずれも税抜き)。
 「ブラッククローバー7周年記念映像」には、原作からスペード王国攻略編の最終局面を迎えるアスタや、劇場版をイメージしたアスタやユノ、ヤミ・スケヒロ(諏訪部順一)を筆頭とする「黒の暴牛」の団員たちの威風堂々とした姿などが収録されている。

新着