L→R 齋藤里佳子、ののこ、四島早紀、伊山摩穂、山田まひろ

L→R 齋藤里佳子、ののこ、四島早紀、伊山摩穂、山田まひろ

【DEAR KISS インタビュー】
タイトルどおり、
みんながハッピーになれる曲

昨年4月にリリースしたメジャーデビューシングル「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」に続く、メジャー第二弾シングル「ハッピー」がリリースされた。そのタイトルどおり暗い気分も吹き飛ばしてくれる勢いとパワーに満ちた新曲について、メンバー全員に語ってもらった。

みんながハッピーになれる曲で
一度聴いたら忘れられない曲調

シングル「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」でメジャーデビューしたのが昨年4月ということで、もうすぐ一年が経ちますがどんな変化がありましたか?

四島
コロナ禍でライヴとかがなかなかできない状況でしたけど、メジャーデビューのCDがリリースできたことはファンの方も喜んでくれたと思います。
齋藤
早紀ちゃんが言ったように、ライヴやイベントはあまりできてないんですけど、そのぶん、こんな感じで取材をしていただいたりして、ライヴ以外でもDEAR KISSを知ってもらえる機会が増えたのも嬉しいですし、ありがたいと思っています。

いろいろな発信の仕方がありますからね。

齋藤
そうなんです。ライヴやフェスだとアイドルが好きな方に知ってもらうことはできるんですけど、音楽誌に載せてもらえるとアイドルをあまり知らないという方にも知ってもらうきっかけになるんじゃないかなって。ここからDEAR KISSが広がっていくと嬉しいです。
ののこ
メジャーデビュー後はそういう状況でもあるので、ライヴひとつひとつもそうですけど、ライヴに限らず配信とかも含めて見せ方をもっと丁寧にしたいという気持ちが芽生えました。ライヴの時間は大事ですし、ファンの方に会う時間も貴重ですから、ファンの方へのレスポンスもちゃんとしておきたいなって。
伊山
CDをリリースさせていただき、いろんな方に楽曲を届けることができるようになって嬉しいです。それ以外は“メジャーでもメジャーじゃなくても自分のやることは変わらない!”という精神で昔からこの活動を続けているので、いい意味で何か大きく変わったということはありません。しかし、コロナ禍という異例の出来事がありリリイベなどがオンラインになり、人生で初めての経験をたくさんできました。
山田
ファンの方ってどんどん外に出てほしいという方と家族みたいなアットホーム感が好きな方とに分かれると思うんですけど、私のファンの方はどんどん外に出てほしいという方が多いんです。なので、メジャーデビューもすごく喜んでもらえました。ただ、コロナ禍の中でグループに加入したので、ファンの方もライヴやイベントに来づらくて、曲もまだあまり覚えられてないっていう意見も多く耳にしていて。でも、MVに参加させてもらったことで“曲も馴染みやすくなったよ”という声も増えて、私としても良かったなぁって思っています(笑)。

そして、待望のメジャー2ndシングル「ハッピー」が完成しましたね。

四島
タイトルどおり、みんながハッピーになれる曲で、一度聴いたら忘れられないような曲調ですし、ずっと♪ハッピー〜って歌っているので、これを聴いてハッピーになってほしいと思います(笑)。DEAR KISSの中では比較的簡単な振り付けで覚えやすいので、ライヴとかではぜひ一緒に踊ってほしいです。
齋藤
実は、昨年はすごく落ち込んでいました。メジャーデビューできたのにコロナ禍でずっとライヴもできず、ネットを通しての活動はありましたけど、どこか物足りないところもあって…。でも、そういう時に「ハッピー」をいただいて、“昨年は落ち込んでいたけど、今年はこの曲をリリースするんだから自分もハッピーにならなきゃ!”と思いました。発信する側が昨年と同じような気持ちでいたら伝えられないなって。ちょっとしたことかもしれないんですけど、この曲が私に気持ちを変えるきっかけをくれたので、聴いてくれた方で私みたいな人がひとりでも増えたらいいなと思います。
伊山
初めてデモ音源を聴いた時、正直言って自分たちがこの曲をパフォーマンスしている姿の想像がつかなくて戸惑っていましたが、レコーディングや振り入れをしていくにつれて自分たちに合った「ハッピー」が完成しました。“聴けば聴くほどハマっちゃう!”、そんな曲だと思います。歌詞もメロディーも明るくてポップだけど子供っぽすぎない、この曲をたくさんの方に楽しんで聴いてほしいです。
山田
歌詞に《落ち着いたら今度踊ろう》というフレーズがあって、私は勝手に“コロナ禍が落ち着いたらみんなで一緒に、ライヴで声を出して楽しもう”という気持ちを当てはめています。コロナ禍で気持ちが落ち込んだりしている人に、“いつかまた楽しくライヴができる日がくるから、その時は楽しもうね!”とメッセージを届ける気持ちで歌っています。
ののこ
私もこの曲の歌詞はすごく前向きだと思いますし、聴く日の気持ちによって感じ方も違うんじゃないかと思ったりもしています。ハッピーな日に聴くとよりハッピーになれるし、暗い気持ちの日に聴いたら“これからハッピーになるよ”っていうメッセージにも聴こえるので、そういう意味ですごくいい曲だなぁって。デート前のウキウキ感というか、可愛い女の子の曲のような感じもするし、女の子に共感してもらえる曲なのかなと思っています。

タイトルにいろんな想いが集約されていますね。MVも楽しげな雰囲気ですが。

四島
今回はYouTubeで先行公開されたMVの他に2パターン、合計3パターンのMVを撮りました。CDの特典として封入されているDVDに入っているバージョンは、YouTubeで公開したものとは違っていて、ひとつは可愛いDEAR KISSが、もうひとつはカッコ良いDEAR KISSが観られます。まったく雰囲気が違うので、全バージョンを楽しんでもらいたいですね。
ののこ
撮影はすごく楽しかったです。いつも夜中とか明け方に寝るんですが、撮影の日は早朝からスタートだったから生活のリズムが変わりましたね。早起きしたので、ちゃんと人間になれたような気が(笑)。あと、キラキラした姿とかをたくさん撮ってもらったんですけど、撮影の合間はずっとお菓子を食べていた記憶が強いです(笑)。

それも含めてMV撮影のいい思い出ですね(笑)。完成したMVを観た感想はいかがですか?

山田
それこそ3バージョンもあったので、撮影している時は全体的には把握できていなかったんですけど、出来上がったものを観て“これはこういうストーリーになっていたんだ!?”って分かりました。学生の方に制作してもらったということもあって、制服を着ての撮影だったり、学校が舞台になっていたりしたから、メンバーみんなとクラスメイトというか、ワイワイと青春している気分にもなれて、個人的にもすごく楽しかったです。
伊山
“うわぁ! 楽しそうだなぁ”って思いました。年齢の近い学生さんたちが撮ってくれたからこそ、素の私たちがそこに映っているんだと思います。私にとってDEAR KISSで初めてのMVがこのMVで良かったなと心から思いました。観どころがたくさんなので何回も観てほしいです。

シングルのタイトルにちなんで、最近あった“ハッピー”なエピソードを教えてください。

四島
この質問があるんじゃないかと思って考えてきたので、張り切ってお話しさせていただきます!(笑) この前、梅干しサワーを頼んだら、その梅干しが紀州梅だったんでめっちゃハッピーでした!

いいですねぇ。そういう小さなハッピーでいいですからね。

齋藤
はい! この前、スノボに行ってきました。昨年、スノボデビューして、今回が1年振り2回目だったんですけど…まず、昨年はダメダメだったんですよ。で、今回も午前中はダメダメだったんで“あぁ、今年も同じかぁ”と思っていたら、お昼の休憩を挟んだ午後はうまく滑れるようになったのでハッピーでした(笑)。ダンスを小さい頃からやっているので体がうまく反応したのか、コツを掴んだのか分からないんですけど、“また行きたい!”って気持ちになりました。
ののこ
私はあまり頭が良くなくて、買い物をする時にお釣りの細かい計算をするのが面倒でついついお札ばかり出しちゃうんです。その結果、財布が小銭でパンパンに(笑)。でも、小銭を積極的に払うようにしていったら、この前、財布の中の小銭がゼロになりました! 使い切りました!!
伊山
最近はゲーム配信もちょくちょくやっているのですが、ずっと4,000円のマイクを使っていて、“今後は歌も収録したいなぁ”ということで3万円のマイクを買ったら音がほんとうに良くなってハッピーです。配信するのが楽しくなりました!!
山田
お正月のことなんですけど、結構長く帰省することができました。その時に、従兄弟に会ったんですが…何年振りなのかな? 前は小学生で小さかったのに、中学生になって大きく成長していました! それでUNOとかを教えてもらって一緒に遊びました(笑)。

それぞれのささやかな幸せっていう感じですね。

山田
はい! 楽しかったです(笑)。
L→R 齋藤里佳子、ののこ、四島早紀、伊山摩穂、山田まひろ
シングル「ハッピー」【初回限定盤A DEAR盤】(CD+DVD)
シングル「ハッピー」【初回限定盤B KISS盤】(CD+Photo Booklet)
シングル「ハッピー」【通常盤 DK盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」