『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』最優
秀アーティスト賞を含む二冠をYOASO
BIが獲得、藤井 風が主要賞含む三冠
を達成

スペースシャワーTVが主催する国内最大の音楽の祭典『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022』が昨日・3月15日(火)に開催された。『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』はスペースシャワーTVの視点で1年間の音楽シーンを総括し、様々な音楽コンテンツで功績をあげたアーティストとクリエイターに、感謝と敬意を込めて表彰するアワード。いとうせいこうハマ・オカモト(OKAMOTOʼS)、emmaの司会のもと全27部門の各賞を発表、生放送・生配信で届けられた。
いとうせいこう、emma、ハマ・オカモト(OKAMOTOʼS)

2021年を代表する最優秀アーティスト賞「ARTIST OF THE YEAR」はYOASOBIが栄冠に輝いた。2021年は、英語版含む3作のEPを配信リリース。各種音楽サブスクリプションサービス、ダウンロードサービスで1位を次々獲得し続け、12月には日本武道館にて念願の有観客ライブ『NICE TO MEET YOU』を2DAYSで開催するなどそのトピックは枚挙にいとまがなく、日本のポップミュージックを代表するアーティストとしてシーンの最前線を走り続けたその功績を称え、最もポップシーンで活躍したアーティストに授与される「BEST POP ARTIST」も共に受賞し二冠となった。
YOASOBI

総投票数22万票の中から一般投票によって選ばれる優秀アーティスト賞「PEOPLEʼS CHOICE」は藤井 風。なお、藤井 風は最も活躍したソロアーティストに授与される賞である「BEST SOLO ARTIST」と、ライブの企画・演出が最も優れたアーティストに授与される「BEST CONCEPTUAL LIVE」とのトリプル受賞となり三冠に輝いた。事前に発表された出演者には藤井 風のクレジットはなく、授賞式のクライマックス間近で「PEOPLEʼS CHOICE」が発表された瞬間に藤井 風が突如会場に登場。会場からリアルタイムで受賞の喜びを告げ、突然のサプライズにSNSが大いに沸くなど嬉しいサプライズとなった。
藤井 風

最も優れたミュージックビデオに授与される「VIDEO OF THE YEAR」は林響太朗が監督を務めた「不思議」星野源。ドラマ主題歌として書き下ろされたこの曲のミュージックビデオは現在2600万回再生を突破し2021年を代表するミュージックビデオに。なお、星野源は本ミュージックアワード初年度から全ての年で受賞があり、今年は7年連続の受賞となる。星野源はビデオメッセージで登場し、受賞の喜びとファンへの感謝の気持ちを伝えた。
星野源

年間で最も優れたアルバムに授与される「ALBUM OF THE YEAR」は『Editorial』 Official髭男dismが受賞しました。本作は各チャートで初登場1位を獲得。アルバムを携えて昨年9月から今年4月にかけて全国ツアー『Official髭男dism one - man tour 2021 - 2022 -Editorial-』を開催中。会場にはメンバーからビデオメッセージが到着し受賞の喜びを伝えた。
Official髭男dism

最も優れた楽曲に授与される賞「SONG OF THE YEAR」は、2021年12月には日本人最速にしてソロアーティストとしては初の快挙となる5億回再生を突破した「ドライフラワー」優里に決定。優里は受賞曲となった「ドライフラワー」に続き、犬と飼い主の絆をテーマにした曲「レオ」をアコースティックセットで披露。「レオ」の演奏中は事前に視聴者から公募した愛犬の写真が映し出されるという感動的な演出も。また、スペースシャワーTVで共にレギュラー番組を担当していたはっとり(マカロニえんぴつ)とのコラボレーションで互いの楽曲である「ヤングアダルト」「かくれんぼ」をセッションし豪華ステージとなった。
授賞式では冒頭ロックシーンで最も活躍したアーティストに授与される「BEST ROCK ARTIST」に輝いたマカロニえんぴつが「なんでもないよ、」「恋人ごっこ」を披露し、勢いのあるスタートに。
優里
マカロニえんぴつ
続いて最も革新的な活動をしたアーティストに授与される賞「BEST NEW VISION」にはSKY-HIが2020年に設立した音楽マネージメントレーベル「BMSG」からSKY-HI、Novel CoreBE:FIRSTが揃って登場。BMSGはレーベルでの受賞となり、レーベル所属アーティストが一丸となりSKY-HI「Dive To The World」、Novel Core「PANIC! feat. SKY-HI」、 BE:FIRST「Gifted.」、SKY-HI &BE:FIRST「To The First」の4曲からなる一夜限りのスペシャルセッションを披露し、音楽シーンに風穴をあけるべく新たなビジョンを提示した。
SKY-HI、Novel Core、BE:FIRST
ヒップホップシーンで最も活躍したアーティストに授与される「BEST HIP HOP ARTIST」はLEXが満場一致の受賞。LEXのライブにはシークレットゲストでJP THE WAVYが駆けつけ、曲はもちろん2021年を代表するバズソング「なんでも言っちゃって (feat. JP THE WAVY)」を披露。本楽曲をプロデュースしたKMがバックDJを務めた。
LEX

また、ライブ後には最も優れた音楽プロデューサーに授与される「BEST PRODUCER」をKMが受賞することが発表された。millennium paradeは最も活躍したグループアーティストに授与される「BEST GROUP ARTIST」と最も優れたCG/アニメーションミュージックビデオに授与される「BEST CG/ANIMATION VIDEO」を受賞。さらに『竜とそばかすの姫』のメインテーマとなった「U」millennium parade ✕ Belleで「BEST MOVIE SONG」も受賞し三冠を達成。プロジェクトを代表して常田大希がビデオメッセージに登場。2021年の活動を振り返り、受賞の喜びを語った。
KM

常田大希(millennium parade)
オルタナティブシーンで最も活躍したアーティストに授与される「BEST ALTERNATIVE ARTIST」はカネコアヤノが栄冠に輝いた。会場に登場したカネコアヤノは「抱擁」「燦々」を弾き語りで披露、会場の心地よい緊張感の中で唯一無二の存在感を放った。
カネコアヤノ

パンク/ラウドシーンで最も活躍したアーティストに授与される「BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST」を受賞したWANIMAが登場。ファンにとっても特別な一曲となっている「ネガウコト」を披露し感動的なひとときとなった。
WANIMA

2021年に結成25周年を迎えたASIAN KUNG-FU GENERATIONは音楽シーンに貢献し、多大な影響を与え続けているアーティストに授与される「BEST RESPECT ARTIST」を受賞。会場に駆けつけファンにメッセージを語った。
ASIAN KUNG-FU GENERATION

この授賞式はスペースシャワーTVでの生中継に加え、uP!!!で生配信されたが、スペースシャワーTVでは本授賞式の特別編集版を3月27日(日)18:00〜オンエアされる。受賞者の詳細はオフィシャルサイトを確認しよう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着