EveやAdoの新曲、TWICE、山内総一郎
のアルバムなど『New Music Wednesd
ay [Music+Talk Edition]』が今週注
目の新譜を紹介

毎週水曜日に更新! 話題の新曲を最速で知れる、Spotifyの人気プレイリスト『New Music Wednesday』を、ナビゲーターの竹内琢也が深掘りするポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』。SPICEでは、同番組で紹介されている、プレイリストだけでは知ることのできないエピソードや、Spotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりをピックアップして掲載。今週は、カバーを飾っているEveやTWICEのニューアルバム、AdoやUAの新曲、フジファブリック山内総一郎のソロアルバムに、海外からはミーガン・ザ・スタリオン&デュア・リパのコラボ曲など、注目の新作13曲を紹介!
Eve「退屈を再演しないで」
今週の『New Music Wednesday』のカバーを飾ったのは、Eve。前作『Smile』から約2年ぶりとなるメジャーサード・アルバム『廻人』がリリースとなりました。この『廻人』には、『呪術廻戦』第1クールのオープニングテーマ「廻廻奇譚」(昨年のSpotifyにおいて、海外で最も再生された日本の楽曲)をはじめ、アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の主題歌「蒼のワルツ」、挿入歌「心海」など全14曲が収録されています。3月15日(火)からは、NetflixでEveのライブとアニメーション、そして実写映像が一体となった音楽映画『Adam by Eve: A Live in Animation』が公開されており、「退屈を再演しないで」、そして「暴徒」は、劇中歌としてアニメーションが制作されています。「暴徒」は『エヴァンゲリオン』シリーズが代表作であり、熱狂的なファンが数多くいるアニメーション・スタジオ、スタジオカラーがアニメーションを手掛け、所属する吉﨑響が監督を担当しています。
Spotifyでは、『Liner Voice+』が配信されており、Eve本人による全曲解説を聴く事ができます。この「退屈を再演しないで」については、「実質アルバムの一番最後の曲だと思っています。ずっと出口のない道をグルグルグルグル、ループしているような、そんな日常生活のなかで、退屈な日々をこれ以上再演することがないように、次のステップに向かっていかなきゃいけない。そういう意志表明みたいな曲になりました」と語っています。
Ado「永遠のあくる日」
Adoの新曲「永遠のあくる日」がリリースになりました。1月にリリースとなった自身初のスタジオ・アルバム『狂言』以降、初のデジタルシングルとなります。詞曲と編曲をボカロP・てにをは、ジャケット/ミュージックビデオのイラストを絵師の沼田ゾンビ!?が手掛けており、昨年のバレンタインデーに配信された「ギラギラ」と同じ制作陣が集結しています。今作はホワイトデーにリリースされており、てにをはは「「ギラギラ」がバレンタインデーの贈り物だとしたら「永遠のあくる日」はホワイトデーのお返しです」とコメント。MVも「ギラギラ」とリンクしており、今作の主人公は「ギラギラ」の主人公・ギラギラちゃんと同じ修道院に身を置いていて、密かに好意を抱いていたところ、ギラギラちゃんが神様に連れていかれ、永遠の別れとなってしまうもずっと想い続けている……という内容になっています。Spotifyでは日本のティーンエイジャーに聴かれている、話題曲を集めたプレイリスト『Teen Culture』のカバーを飾っています。
UA「微熱」
UAの新曲「微熱」がリリースされました。オリジナルの新曲としては2016年のアルバム『JaPo』以来、約6年ぶりとなります。今作は、共通の知人を介して知り合ったバンド・GEZANのフロントマン、マヒトゥ・ザ・ピーポーから2020年のUAの活動25周年を祝い、プレゼントされた楽曲。オンラインで開催された『100万人のキャンドルナイト 2020』や今年1月に行われたワンマンライブなどで、すでに披露されていました。UAの代表曲を想起させるタイトルでもあります。Spotifyでは、日本の女性アーティストの歌を特集するプレイリスト『Women’ s Voice』のカバーを飾っています。
ナードマグネット「アナザーラウンド」
ナードマグネットが、新曲「アナザーラウンド」をリリースしました。2022年に初のリリースとなる楽曲で、ボーカルの須田亮太とベースのさえこというフロントマンふたりによる、ツイン・ボーカルのような掛け合いが印象的な楽曲。新体制になり、初めてレコーディングした楽曲となっています。ちなみにこの「アナザーラウンド」は、昨年開催のツアータイトルにもなっており、英語で「(酒場での)皆でもう一杯ずつ飲もうぜ」の意味からとられています。Spotifyでは、日本のロックシーンの話題曲を集めたプレイリスト『J-Rock Now』のカバーも飾っています。
TWICE「I CAN’ T STOP ME-Japanese ver.」
TWICEが日本デビュー5周年のプロジェクトとして、4thベスト・アルバム『#TWICE4』をリリースしました。『#TWICE』シリーズは、韓国でリリースした楽曲の日本語バージョンが収録されたベストアルバムシリーズで、2017年の日本デビュー時にリリースした『#TWICE』から始まり今作が4作目。世界中で話題を集めている楽曲の日本語バージョンが聴ける作品として、人気のシリーズとなっています。本作には、韓国でのヒット曲「I CAN'T STOP ME」、「CRY FOR ME」、そしてJ.Y Parkが作詞作曲を手掛けて話題となった「Alcohol-Free」、さらには2021年11月リリースの「Scientist」などが収録されています。『New Music Wednesday』では、「I CAN’ T STOP ME-Japanese ver. 」がリストイン。Spotifyでは、最先端のK-Popをピックアップするプレイリスト『K-Pop Fresh』のカバーも飾っています。
山内総一郎「最愛の生業」
フジファブリックの山内総一郎が、ソロ1stアルバム『歌者 -utamono-』をリリースしました。フジファブリックのボーカリスト・志村正彦への思いを歌った先行配信曲「白」を含む全10曲が収録されており、本人とも親交の深い様々なアレンジャーや作家、プロフェッショナルなミュージシャン達と共に制作されています。今回『New Music Wednesday』にリストインした「最愛の生業」は、mabanuaが共同アレンジャーとして参加しています。
森山直太朗「素晴らしい世界」
森山直太朗のニューアルバム『素晴らしい世界』がリリースとなり、『New Music Wednesday』にはタイトルトラックの「素晴らしい世界」がリストイン。昨年、森山自身がコロナに感染し、回復後「日常のすべてが愛おしくなった」と語っており、病を経て改めて感じた命あることの喜びや感謝などを詰め込んだ楽曲となっています。他にも同じく2020年のコロナ禍の状況を色濃く反映した「最悪な春」や、代表曲「さくら」の再レコーディングバージョン、中孝介に提供してヒットした「花」のセルフカバーなど全12曲が収録されています。Spotifyでは、日本のシンガーソングライターの楽曲を特集するプレイリスト『ブルーにこんがらがって』のカバーを飾っています。
ミーガン・ザ・スタリオン、デュア・リパ「Sweetest Pie」
3月11日(金)にミーガン・ザ・スタリオンとデュア・リパの新曲「Sweetest Pie」がリリースされました。先週の『New Music Friday Japan』のカバーを飾っています。ふたりは3月6日(日)にそれぞれのSNSでコラボレーションを発表、翌日には新曲のタイトルが「Sweetest Pie」であるということを明かしていました。ちなみにこの新曲のリリースの後、ミーガン・ザ・スタリオンはアメリカの料理デリバリーサービス「Goldbelly」とコラボして、『Megan’ s H-Town Hottie Pie』という本当のパイも販売をスタートさせています(アメリカでは既に購入可能)。デュア・リパは、2月から北米ツアー『Future Nostalgia Tour』を開催しており、ツアーの後半にはミーガンも参加予定。同楽曲を2人でパフォーマンスするのか期待されます。加えてミーガンは『SUMMER SONIC 2022』に出演予定で、彼女にとって初来日、国内初ライブ披露となります。
レックス・オレンジ・カウンティ「OPEN A WINDOW(feat. タイラー・ザ・クリエイター)」
レックス・オレンジ・カウンティが自身4枚目のアルバム『WHO CARES?』をリリースしました。「Loving Is Easy」でもコラボレーションをしたベニー・シングスと、アムステルダムで制作を行った同作。UKアルバムチャートで最高5位を記録した3rdアルバム『Pony』以来、約2年半ぶりのスタジオアルバムとなります。Spotifyでは各国の『New Music Friday』にタイラー・ザ・クリエイターとの「OPEN A WINDOW」がリストイン。もちろん『New Music Friday Japan』にもリストインしており、パフォーマンスが良く、今回『New Music Wednesday』にもリストインしています。ふたりはタイラー・ザ・クリエイターのアルバム『Flower Boy』(2017年)にも収録されている楽曲「Foreword」、「Boredom」でもコラボレーションしています。UKアルバムチャートの中間集計ではトップに立っており、自身初のUKアルバムチャート制覇が期待されます。(今までの最高位は前作『Pony』の5位)
NIGO、Teriyaki Boyz「More Tonight」
ファッションデザイナー、ディレクター、DJ、音楽プロデューサーなど様々な肩書きを持つNIGOを中心とした、ヒップホップグループ・Teriyaki Boyz(ILMARI、RYO-Z、VERBAL、WISE、NIGO)の新曲「More Tonight」がリリースになりました。Spotifyが昨年発表した「過去5年間に海外で最も再生された日本のアーティストの楽曲」で「Tokyo Drift (Fast & Furious)」が2位に入るなど、国内のみならず海外でも人気を誇るTeriyaki Boyz。2009年を最後に新作のリリースがありませんでしたが、約12年ぶりの復活となります。NIGOは昨年ケンゾー(KENZO)のアーティスティック・ディレクターに就任し、2022年1月にデビューコレクションを発表(ファレル・ウィリアムス、カニエ・ウェスト、タイラー・ザ・クリエイター、プシャ・T、ガンナ、J・バルビンなど豪華な顔ぶれが駆けつけていました)。3月25日(金)にアルバム『I Know NIGO』をリリース予定で、エグセクティヴ・プロデューサーとしてファレル・ウィリアムスが参加、エイサップ・ロッキー、キッド・カディ、プシャTとの曲が既に公開されています。この「More Tonight」にも作詞作曲にファレル・ウィリアムスが参加しており、アルバムに収録予定です。
butasaku「silver lining」
ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌「Presence」のメロディ&リリックをSTUTSと共作し、大きな話題となるなど近年活動の幅を広げているシンガーソングライターのbutajiと、映像や舞台の分野でも活動する音楽家・荒井優作によるアンビエントR&Bユニット・butasakuの1stアルバム『forms』がリリースになりました。Twitterでbutajiは「6〜7年前に始まった荒井さんとの共作がいよいよ世に出ます。さまざまな型を互いに開拓してようやく形にしました、どんな聴かれ方をするのか非常に楽しみです」とコメントしており、長きに渡って制作をしていたことを明かしています。Spotifyでは、日本のインディーシーンの注目曲と最新曲を集めたプレイリスト『Edge!』のカバーを飾っています。
Sincere「Lucky feat.VivaOla」
ルーツにアジアや欧米など、多国籍のアイデンティティを持つシンガーソングライターのSincere。昨年12月に1stシングル「Reminder」をリリース、今年の2月にはNenashiをフィーチャリングゲストに迎えた「All See feat.Nenashi」を2ndシングルとしてリリースするなど、早耳リスナーから注目を集めています。今作は自身4作目のシングルとなり、昨年はYonYonとの「Love you bad -feat.YonYon」などでも注目を集めたR&BシンガーのVivaOlaが参加。Spotifyでは、日本の現行のソウルミュージックを特集するプレイリスト『Soul Music Japan』のカバーを飾っています。
瑛人「最愛」
大ヒット曲「香水」収録の1sアルバム「すっからかん」に続く、瑛人のセカンドアルバム『1 OR 8』がリリース。『New Music Wednesday』にリストインしている「最愛」は、森山直太朗との共作でも知られる作詞家・御徒町凧、そして瑛人のバンドマスターでもある長﨑真吾の共作により出来た楽曲。アルバムには映画『トムとジェリー』の日本語吹替版主題歌「ピース オブ ケーク」や、これまでも瑛人の楽曲を手がけてきたMichael Kanekoがサウンドを担当した「HEADS UP!!」など全11曲が収録されています。Spotifyでは、日本のバラードを集めたプレイリスト『メランコリー-Ballads in Blue-』のカバーを飾っています。
文=竹内琢也、Y.SHOGO
『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』とは……
毎週水曜日に、その週リリースされた注目の新曲を中心に更新される、Spotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト。この番組をチェックすると話題の新曲をいち早く、そして詳しく知ることができて、今の音楽シーンがまるわかりに。あなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを。また番組では、Spotifyアプリの「Q&A」からメッセージやリクエストも募集中。あなたのオススメ曲や思い出ソングが紹介されるかも!?

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着