佐竹桃華(左)と木村佳乃 (C)エンタメOVO

佐竹桃華(左)と木村佳乃 (C)エンタメOVO

【インタビュー】映画『私ときどきレ
ッサーパンダ』佐竹桃華&木村佳乃「
母と娘の関係性に、すごく共感しまし
た」

 ディズニー&ピクサー最新作『私ときどきレッサーパンダ』が、ディズニープラスで見放題・独占配信中だ。本作は、1990年代のカナダ・トロントを舞台に、ときどきレッサーパンダに変身してしまう主人公の女の子・メイが、大好きな両親や友人たちとの関係を通して、本当の自分を見つけていく物語。本作でメイの日本版声優を担当した佐竹桃華と、メイを少し過保護に見守る母親・ミンの声を担当した木村佳乃に、声優オーディションに合格したときの心境や、互いの印象、本作の魅力などを聞いた。
-お二人とも、オーディションを経ての出演だったそうですが、オーディションに合格したときの感想から教えてください。
佐竹 私は、声優は初挑戦ですし、まさか自分がディズニー&ピクサーの作品で声優ができるなんて思っていなかったので、本当に「えっ!?」という驚きの気持ちが強かったです。収録日が近づくにつれて、声優初挑戦という言い訳はきかないなと思って、この作品がよくなるようにしなくちゃいけないなという責任やプレッシャーが生まれました。
木村 ディズニー&ピクサーというと、明るくて楽しい、ちょっとほろっとする作品というイメージがすごくあったので、初めて参加できてうれしかったです。
-劇中では母子役を演じましたが、お互いの印象は?
佐竹 私は20年後の目標に、「木村佳乃さんみたいな女優さんになる」と書いていたぐらい、憧れ中の憧れだったので、親子として共演できたことは、すごくうれしかったです。初めてお会いしたときは、ファンのように「本物だ~」と興奮してしまいました。
木村 アフレコが別録りだったので、お会いする前に佐竹さんの声を聞いていて。若い感じのメイの話し方や、声を聞いているときは、メイにぴったりだなと思ったのですが、実際にお会いした佐竹さんはもっと大人っぽい印象だったので、すごく役作りをされて、12、3歳のお声を出されたんだなと思いました。
-ご自身が担当したキャラクターについて、紹介してください。
佐竹 メイは頭もいいし、真面目で頑張り屋で、お母さんの言うことを聞いて期待に応えるようと頑張る一面もあれば、友達と羽目をはずして遊んだり、はやりのボーイズグループのオタクになってしまったりと、どの面もうそがない、すごく純粋な女の子です。ちょっぴりダサい格好だったり、完璧過ぎないところに親しみやすさがあって、彼女の魅力だなと思います。
木村 ミンは娘のメイが大好きで、メイは勉強もよくできるし、ママの言うことを聞いて、このままいけば大丈夫って、ちょっと過保護になってしまっているところがあるキャラクターです。メイがレッサーパンダになる時期がそろそろ来ることが分かっているのに、メイに言い出せなかったり、自分の母親とうまくいっていないところもあったり、弱い部分もある女性だなと思います。
-アフレコ時に、一番頑張ったところは?
佐竹 メイが「下見ちゃ駄目、下見ちゃ駄目…」と連続して言うシーンがあるのですが、そのシーンで舌が回らなくなって沼にはまってしまって、何回もNGを出しながら頑張ったので、注目してもらいたいです。
-本作は母娘の関係性について描かれていますが、ストーリーに共感する部分はありましたか。
佐竹 メイがお母さんのために頑張ったり、お母さんが悲しむかなと、自分の本当の気持ちを抑え込んでしまったり、思春期ならではの繊細な感情の動きには、すごく共感しました。私は今19歳なので、ようやく母の気持ちも分かるようになってきて、母がこの作品を見たら泣いてしまうだろうなと感じました。
木村 私は小学生の娘がいるので、完全にミンの目線で共感しました。娘も大きくなったら絶対に反抗期がくると思うので、冷や冷やしたり。子育てって、常に助けてあげることが愛情ではないですし、失敗しないと学ばないこともあるし、でも、心配だからつい手を出しちゃうんですよね。でも、私もきっと「放っておいてよ、ママ」って娘に言われるだろうなって、すごくそこに共感しました。
-ご自身の役柄以外で、好きなキャラクターは?
佐竹 おばさん4人組のインパクトがすごくて、登場の仕方も大スターであるかのような映像だったり、親戚や近所にこういうおばさんいるよな、みたいな感じで、よくしゃべって、「これあげる」みたいに何かをくれたりするところが、すごく好きで気になるキャラクターです。
木村 もう中学生さんが声を担当されている学校の警備員とミンが後ろの方で、「私は税金を払っているのよ」とか、「カナダって税金が高いのよ」という面白い会話をしていて。そのキャラクターが面白くて好きです。
-ディズニー&ピクサー作品にまつわる思い出はありますか。
佐竹 私は生まれてから最初に見た映画が『モンスターズ・インク』や『Mr.インクレディブル 』だったり、映画館では『ファインディング・ニモ』 や『リメンバー・ミー』も見ましたし、ディズニー&ピクサー作品は人生とともにありました。ピクサー展覧会を見に行ったりして、ずっと大好きで見ています。
木村 『カールじいさんの空飛ぶ家』が好きです。私はおじいちゃん、おばあちゃん子で、亡くなるまで一緒に住んでいたこともあって、最初の方のシーンで、おばあさんが亡くなるまでの音楽と一緒の描写を見ると、毎回号泣してしまうんです。せりふもないシーンなのですが、すごくジーンとします。
-メイはボーイズ・グループ「4★TOWN」を推していますが、最近ハマっている推しのものは?
佐竹 メイ役をやったことで、レッサーパンダが大好きになって、動物園に行って眺めたりしています。「一番好きな動物は何ですか?」と聞かれたら、レッサーパンダと答えてしまうぐらい大好きになって推しています。
木村 最近ではないのですが、この作品で4★TOWNを見て、私が13歳のときは「ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック」というアメリカのボーイズ・バンドのグループにハマっていて、聞きながら一緒に踊ったりして、推していたのを思い出しました。
(取材・文・写真/小宮山あきの)

エンタメOVO

新着