Petit Brabancon、新曲含む4曲入りの
初シングルCD「渇き」を4月にリリー
ス決定 初回限定プレミアムセットは
ミヤ監修のアナログ盤付き

京(DIR EN GREY / Vo)、yukihiro(L’ Arc-en-Ciel / Dr)、ミヤ(MUCC / Gt)、antz(Tokyo Shoegazer / Gt)、高松浩史(THE NOVEMBERS / Ba)による新バンド・Petit Brabanconが、4月27日に4曲入りとなる初のシングルCD「渇き」をリリースすることを発表し、新アーティスト写真とSPOT映像が公開された。
Petit Brabanconは、昨年末に日本武道館にて開催された『DANGER CRUE 40th Anniversary JACK IN THE BOX 2021』への出演に先駆け3曲の楽曲を配信していたが、本シングルは新曲「A Praying Man」を含む4曲を収録。CDとして初のリリースとなる。
同曲は1月14日に29人のみが入場できたプレミアムな映像収録ライブでも披露された楽曲。ヘヴィなギターリフを中心にしながらも、しなやかで明晰なサビが印象的な1曲となっている。また、「A Praying Man」はシングルのみに収録予定で、配信は予定されていない。マスタリングエンジニアはグラミー賞を受賞している世界的エンジニアのTed Jensen(Sterling Sound)を起用。
「渇き」
初回限定セットには、1月14日のPremium Shooting Liveにて収録された「渇き」のMVと、バンドの楽曲として初のお披露目となった「刻」のMVが収録されたBlu-rayが付属。また、購入ストアによって異なるデザインが施されたBIG Teeが付属する。さらに、400セット限定の初回限定プレミアムセットには、4曲収録のアナログ盤が付属。これは日本屈指のマスタリング・エンジニア/カッティング・エンジニアの小鐵 徹を起用し、カッティングチェックにミヤが立ち会い監修されたこだわりの1枚となっており、アナログ盤だからこそ表現できる繊細なサウンドを体感することができるとのこと。
Petit Brabancon初のシングルCDは本日・3月17日より各種ストアにて予約開始。合わせて本日18時より、9月に開催される初のライブツアー『Petit Brabancon Tour 2022「Resonance of the corpse」』の第3次先行受付も開始となる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着