赤楚衛二×町田啓太『チェリまほ』の
涙と選択、プロポーズまでの軌跡を5
分間に凝縮したダイジェスト映像を解

4月8日(金)に映画版が公開される『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』から、ドラマの内容を振り返るダイジェスト映像が解禁された。
『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称『チェリまほ』)は、童貞のまま30歳を迎えたことにより“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた安達(赤楚衛二)と、そんな彼に好意を抱く同期・黒沢(町田啓太)によるラブコメディ。豊田悠原作のコミックをドラマ化した同作は、昨年10月期(テレビ東京系列/木ドラ25枠・全12話)で放送され、その後は200以上の国や地域で視聴されるまでに拡がった。『チェリまほ THE MOVIE』は、そんな『チェリまほ』の続編映画だ。
『チェリまほ THE MOVIE』には、主演の赤楚衛二、共演の町田啓太はじめ、浅香航大、ゆうたろう、草川拓弥(超特急)、佐藤玲、鈴之助らレギュラーキャストが引き続き総出演。新キャストとして、長崎支社の同僚役で松尾諭、安達と黒沢の両親役で遠山俊也と榊原郁恵(※「榊」は正しくは「木」へんに「神」)、鶴見辰吾、松下由樹らが名を連ねている。メガホンをとったのは、ドラマに引き続き風間太樹監督。脚本は、『恋は雨上がりのように』『フォルトゥナの瞳』の坂口理子氏が手がける。
ドラマ版は、童貞のまま30歳を迎え、“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた冴えないサラリーマン・安達が、社内一のイケメンで仕事もデキる同期・黒沢に触れ、自分への恋心を聞いてしまうところから展開。黒沢の好意に戸惑いながらも、そのまっすぐな思いに心動かされた安達は、黒沢と交際をスタート。一時は気持ちがすれ違うも、クリスマスイブに改めてお互いの気持ちを確認し合い、エンディングを迎えている。映画版では、安達がなぜかまだ魔法が使える状態。社内恋愛も順調な幸せな日々の中で、転勤の話が舞い込む。やりたい仕事ができるチャンスに喜ぶ安達だったが、転勤先ははるか1,200km離れた長崎だった。転勤話をめぐり、互いを想い合うがゆえにすれ違ってしまう安達と黒沢。そして、遠距離恋愛をきっかけにふたりは未来について考え始める。
今回解禁されたのは、ドラマ『チェリまほ』のこれまでを約5分にまとめたスペシャル映像。秘密を抱えて苦しむ安達の涙、黒沢の切ない選択、過去を乗り越えてふたりが観た花火、プロポーズなど、ドラマ版の名シーンをいくつも散りばめたダイジェスト映像だ。安達と黒沢の軌跡のほかにも、安達の親友で同じく魔法使いとなった柘植(浅香航大)や柘植が密かに想いを寄せるダンサーの湊(ゆうたろう)も登場している。

『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』は2022年4月8日(金) ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着