MONGOL800 実に約4年ぶりの全国ツア
ー開幕 "外仕事集"の真髄をみた初日
をレポート

-etc.works- TOUR 2022 2022.3.12 中野サンプラザ
MONGOL800の全国ツアー『-etc.works- TOUR 2022』が3月12日の中野サンプラザ公演からスタートした。昨年12月に約2年10ヶ月ぶりのワンマンライブを開催したモンパチだが、全国ツアーを行うのはなんと4年ぶり。「東京・中野サンプラザ、あーそびーましょー!」というキヨサク(Ba/Vo)の第一声に観客が拍手し、待ちわびていた気持ちを溢れさせた。
さて、『etc.works』とは、コラボ曲やカバー曲を中心としたコンセプトアルバムシリーズの名称で、2008年リリースの『etc.works』、2011年リリースの『etc.works2』、2021年リリースの『etc.works3』を指す。特設サイトでは3作の全収録曲を対象にファン投票が実施され、上位の楽曲が今ツアーのセットリストに組み込まれた。なお、現時点でランキング結果が公表されているのは、第1位の「こいのうた」(GO!GO!7188カバー)、第2位の「ひとりじゃない」(SOFFetとのコラボ曲)、第3位の「hanabi」(“Q;indivi+キヨサク”名義でのコラボ曲)、第4位の「大迷惑」(ユニコーンカバー)で、5位以下はシークレット。中にはメンバー自身が「この曲が(ファン投票上位に)入るなんて意外な気持ちでした」と言っていた曲や、「これ俺らにできるかな?」と思った曲、これまでのライブではなかなか演奏されなかったレア曲もあるため、今後の公演に来場予定の人は楽しみにしていてほしい。
外仕事集とも呼ばれている『etc.works』シリーズの曲には“通常営業”とはある種異なるアプローチを求められるものも多いし、そもそも曲調が幅広い。沖縄特有のシャッフルビートで陽気に始まりジャズを経由、ツービートで駆け抜けるラストでは上物がバトルする「大迷惑」のすごさを目の当たりにすれば、キヨサクの「オリジナルアルバム並みの、もしかしたらそれ以上の熱を込めたアルバム」という発言にも納得がいくことだろう。
そんな楽曲群を演奏するため、キヨサク、髙里悟(Dr/Vo)、サポートのKuboty(Gt)、Seasir(Trumpet)、NARI(Sax/Flute)、縄田寿志(Key)という6名編成で臨んだモンパチ。様々な音楽ジャンルを縦断しつつ、しかし凄技を凄技として聴かせないバンドサウンドに、オーディエンスも自由に身を揺らしている。「どうですか、ゴージャス版のMONGOL800は?」と投げかけていた髙里は、「リハーサルの時から楽しくて。楽器が多いとやっている僕らもすごく気持ちいいんですよ」と充実感を語っていた。
「ひとりじゃない」では、“粒さん”の愛称で親しまれているパーティーダンサー・粒マスタード安次嶺が登場し、キヨサクと粒さんの2MCスタイルで同曲が披露された。一方、バラードを数曲続けて演奏したシーンでは、バンドの真摯な演奏に観客がじっと聴き入る。キヨサクが“大(おお)バラードコーナー”と呼んでいたこのセクションは「今回のツアーの醍醐味かもしれません」との言葉通り、今ツアーならではの見どころの一つだ。
白眉はやはりファン投票第1位の「こいのうた」だろうか。キヨサクの弾き語りに三味線やフルートが寄り添い生まれる音像はやさしく、心にしみるが、終盤でビートイン、歪んだギターとブラスによって世界が開けていく。髙里によるリズムワークは生命力を感じさせるもので、そのダイナミズム、ドラマティックな展開は生で体感すべきものだ。
そういった具合に“etc.BEST”的なセットリストを展開しつつ、長い間親しまれているライブ定番曲も惜しみなく披露した。2020年以前であればDメロでシンガロングが起きていた「小さな恋のうた」では、キヨサクが「本当はみんなに歌ってもらう場所だったんですよ。だから気づいたらここ5年歌ってなかった。いかにみなさんに甘えていたか(笑)」と笑う。そして「早くみんなで歌いたいですね。みんなも同じ気持ちかと思いますが、みんなの声が聴ける日が少しずつ近づいているんじゃないかと思います」という言葉とともに温かな歌声が届けられた。思い出を持ち帰ってもらいたい、そして様々な事情から今はライブに来られない人にも「あいつらこんな感じでライブやってるよ」と伝えてほしい、というメンバー想いからこの日の「小さな恋のうた」は撮影OKだった。撮影した写真や動画はSNSへの投稿もOKだったため、会場に来られなかった人はぜひ検索してみてほしい。この日の中野サンプラザを満たしていたピースフルな空気がきっとあなたにも伝わることだろう。
最後の曲を終え、「23本、全国を駆け抜けていけるように頑張っていきたいと思います!」と意気込みを伝えたキヨサク。全国のファンと顔を合わせ、音楽を共に楽しむ喜び・エネルギーを糧に、来年2023年の結成25周年に向かっていくことになりそうだ。『-etc.works- TOUR 2022』は7月2日・沖縄市民会館公演でファイナルを迎える。

取材・文=蜂須賀ちなみ
[[embedmedia 3]

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着