SSW・マーライオン、新曲「春を待ち
わびて」リリース 厚海義朗、谷口雄
ら参加

SSW・マーライオンがニュー・シングル「春を待ちわびて」を本日3月23日(水)にリリースした。
都内を中心にライブ活動を展開するほか、ポッドキャストでも注目を集めるマーライオン。2022年第1弾シングル今作は、厚海義朗(GUIRO、cero)、石川浩輝、ヒロヒサカトー(井乃頭蓄音団)、谷口雄(関取花、優河草彅剛など)ら豪華メンバーを迎えた1曲。レコーディングは飯塚晃弘(家主、Helsinki Lambda Clubなど)、ミックス・マスタリングは中村文俊、アートワークはかざまりさがそれぞれ担当している。

マーライオンは昨年から、ベースの厚海義朗、ドラムの石川浩輝との3ピースという新たな体制へ移行。着実にリハーサルとライブを重ね、各現場で新曲も続々披露。それらをライブの勢いのままレコーディングし、2022年はその成果を発表する1年と銘打ち、季節に合わせてシングルをリリースしていくという。

【マーライオン コメント】

「春を待ちわびて」は、好きな人と一緒に過ごしていく時間の大切さについて歌いました。寒い冬から春がやってくるように、楽しい春と大好きな家族、友人、恋人をにこにこしながら待っている楽曲です。 僕が尊敬している沢山のミュージシャンが関わってくれました。そして以前からファンだったイラストレーターかざまりささんにジャケットイラストを描いていただき完成しました。ぜひお聞きください!

【加賀翔(かが屋/お笑い芸人) コメント】

素晴らしかったです。歌詞の中に出てくるのは梅の花だし、題の通り春を待ちわびている青年の歌のはずなのに、この曲を聴いている自分を想像すると桜の下を歩いている。

家業を継いだ友達の話を聞いた主人公は、自分の未来を想像し東京で暮らしていくことに不安を抱き、自分にとっての春を強く思い描いたのではないだろうか。

一度聴いただけで物語が浮かび、想像がどんどんと膨らんだのは、そのあたたかい歌と声によって詩が強く伝わってきたからだと思います。本当に素晴らしい曲でした。

春そのものを歌うのではなく、輪郭を描くことで、それぞれにとっての春が思い起こされる。「君の唇が僕の名前を呼び、心に春が訪れる」と聴けば恋の歌であるように感じるけれど、夢を追う歌であると感じました。
梅を見ている僕たちを暖かく支えてくれるような、そんな大切な歌が生まれたことを嬉しく思います。

かが屋 加賀翔


【リリース情報】

マーライオン 『春を待ちわびて』

Release Date:2022.03.23 (Wed.)
Label:NIYANIYA RECORDS
Tracklist:
1. 春を待ちわびて
2. 春を待ちわびて -Instrumental-

Vo. / Gt. / Ag.: マーライオン
Gt.: ヒロヒサカトー(井乃頭蓄音団)
Bass: 厚海義朗(GUIRO、cero)
Drums: 石川浩輝
Key.: 谷口雄(関取花、優河、草彅剛など)

録音スタジオ:AG studio
録音エンジニア: 飯塚晃弘
ミックス/マスタリング・エンジニア:中村文俊
協力:口ロロ三浦康嗣、田中貴(サニーデイ・サービス)、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)、松村拓海
イラスト・デザイン:かざまりさ

■ マーライオン オフィシャル・サイト(https://maaraion.niyaniyarecords.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着