FEATURE / Who is tobi lou? デジタ
ル・ネイティブ世代の突然変異 & 超
進化系ラッパー、tobi louとは何者な
のか?

Text by Tomohiro Kobayashi

SNSにおける表現がアーティストのブレイク(ときには炎上)に大きな影響を及ぼすようになって久しいです。様々なプラットフォームの隆盛に呼応しながら、アーティスト自身の発信だけでなく、リスナーが自由に楽曲を用いて自己表現することでバズり、そのままその楽曲のビッグ・プロモーションに繋がることも増えました。それらが専門家でも予想できない新たな音楽マーケティングの潮流になっていることは否定できません。

その中でも動画に特化したSNSであるTikTokは若年層を中心に人気を博し、「TikTok売れ」という言葉が話題になるなど、同プラットフォームの消費への影響力は計り知れず、音楽シーンにおいても大きな存在感を発揮しています。

今回ご紹介するtobi lou(トビ・ルー)というアーティストもまさにTikTokでのバイラル・ヒットにより、人気を博しているラッパーのひとり。2018年にリリースしたEP『tobi lou and the Loop』収録の「Buff Baby」のイントロ部分で多くのユーザーがダンス・チャレンジを披露したことで、同曲が広く知れ渡ることになりました。
tobi lou自身もこのTikTokヒットを経て、自身のアカウントをスタート。今では8万7千人からフォローされている(2022年3月16日現在)れっきとしたTikTokerのひとりと言えます。

自身が登場する動画はアーティストに対する親近感に繋がることはもちろんですが、動画それ自体のクオリティも高くなければいけません。注目に値するものでなければいけないわけです。その点、tobi louはコミカルな寸劇やダンスシーンなどを惜しげもなく繰り広げつつ、それぞれがインスタントにおもしろい。
例えば上のTikTok映像はK-POPグループ・SEVENTEENの「Left & Right」という曲に合わせて踊っているわけですが、ナイジェリアで生まれシカゴで育ったラッパーのtobi louとK-POPとの組み合わせの妙も気になるところです。

ここで付記しておきたいのは、tobi louとSEVENTEENの関係。米メディア「W Magazine」に掲載された tobi louのインタビュー(https://www.wmagazine.com/story/buff-baby-tiktok-dance-tobi-lou-new-album-parrish-blue-social-qs) によると、SEVENTEENのメンバーであるVernonとは友人関係なのだそう。2019年にリリースされたアルバム『Live on Ice』にはVernonをフィーチャーした曲も収録されていたり、彼からFinsta(Instagramの裏アカ)を始めることを勧められたことを前述のインタビューで語っていたり、その関係はかなり親密なことが伺えます。この辺りのワールド・ワイドな交感関係もデジタル・ネイティブ世代の賜物であると想像できそうです。
ここでもうひとつtobi louを知る上で見逃せないことがあります。TikTok映像やInstagramの投稿画像、そしてMVで垣間見れる彼の肉体美。実は学生時代、本格的なアスリートとしてスポーツに打ち込んでいたとのこと。さらに大学卒業後はセミプロとして野球に取り組んでいたものの、選手生命を絶たれる怪我を負ってしまい、それゆえ音楽の道に進むことになったのだそう。いまだにワークアウトを欠かさず、LAの川沿いの道を約12キロほど自転車で走りながら、ソングライティングをしていることもインタビューで語っています。
そんなtobi louは3月11日(金)に新作ミックステープとなる『Non-Perishable』をリリースしました。幕開けを飾る「Hopeless Romantic」ではトラップを取り入れたり、実に多彩な全11曲を収録。

UKガラージビートが聴ける「Meaningless」や2020年にリリースした曲をT-Painを迎えて再構築した「2hrs+」など聴き応え充分な楽曲が並ぶ中、Durand Jones & The Indicationsの「Cruisin’ to the Park」をサンプリングした「Babycakes」やフィナーレを飾る「The Last Dance(feat.CHIKA)」などは、公言しているKanye Westからの影響も感じさせたりしています。
デジタル・ネイティブな存在として、一過性の話題をもたらす存在かと思いきや、そこはかとない愛に満ち溢れ、時代を超えて聴かれる可能性を感じさせる傑作ヒップホップ・アルバムを仕上げてきたtobi lou。正直、受け手はまだ彼の真価に気づいてないのかもしれません。
【リリース情報】

tobi lou 『Non-Perishable』

Release Date:2022.03.23 (Wed.)
Label:Artclub / EMPIRE
Tracklist:
1. Hopeless Romantic
2. Babycakes
3. Meaningless
4. 2hrs+ (plus) ​ (Ft. T-Pain)
5. WIDE Open (Ft. Jean Deaux)
6. Jelly
7. Yamaguchi
8. She Know My Name
9. Hurry-Up Offense
10. Busy
11. The Last Dance (Ft. CHIKA)

■ tobi lou オフィシャル・サイト(https://www.tobilou.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着