従来のジブリコンサートとは一線を画
すものへ……!!! ジブリの楽曲を
上質にお届けする 島本須美、麻衣、
角野隼斗、菊池亮太による歌とピアノ
のスペシャルコンサート『sngs ジブ
リ』! その演奏曲目が明らかに!

“ナウシカ” “クラリス”を初め「となりのトトロ」では“お母さん”を演じた声優 島本須美久石譲さんを父に持ち、童謡の魅力や歌が持つ力を広めるため精力的に活動を行っている麻衣、ショパン国際ピアノコンクールのセミファイナリストとなる一方、NHK紅白歌合戦やTHE FIRST TAKEの出演で話題の角野隼斗(かてぃん)、数々のアーティストのライブにおいてサポートミュージシャンとして参加し、YouTubeピアノ界随一の実力者である菊池亮太。なんとも贅沢な4人による新鮮なピアノアレンジでお贈りするコンサート『sings ジブリ』。
2022年4月23日(土)東京の TACHIKAWA STAGE GARDEN(立川ステージガーデン)を皮切りに、愛知の愛知芸術劇場コンサートホール、広島の広島上野学園ホール、京都の文化パルク城陽プラムホール、大阪のザ・シンフォニーホール、兵庫では丹波篠山市立田園交響ホールとたつの市総合文化会館赤とんぼ文化ホールの計7箇所での公演が予定されている。
ジブリにゆかりのある島本と麻衣によるナビゲートと歌唱とともに、角野と菊池は数あるジブリ楽曲の中からどの曲を選出し、どのようなピアノアレンジを届けるのか!?出演者・関係者が集められた楽曲打ち合わせを取材した。

打ち合わせの様子

スペシャルコンサート『sings ジブリ』は1枚のアルバムがキッカケ
本企画は、島本須美の声優40周年記念にワーナミュージックより発売された、角野隼斗のピアノアレンジによる『sings ジブリ リニューアル ピアノ バージョン』がもととなっている。
2019年に発売したこのアルバムを引っ提げての2020年にコンサート企画を用意していたのだが、老若男女のジブリファンを動員することとなるとコロナ禍での開催が難しくなってしまった。
しかし、開催延期になってしまったことで麻衣と菊池へのオファーが叶った。角野と菊池のピアノを軸に進めながら、ジブリにゆかりのある島本と麻衣によるナビゲートと歌唱により、より“聴かせる”方向にシフトできたと企画者は語る。
奥から 島本須美、麻衣
4名によるディスカッションから作り上げられていくコンサート
前半では、角野と菊池交互によるピアノソロに島本と麻衣による歌唱をはさむ展開を想定。後半では島本須美の代名詞である“クラリス”から“ナウシカ”へと繋げ、そこにナウシカレクイエムといえば!の麻衣が参加してふたりが重なり、麻衣のソロへと歌唱のバトンが渡されるという構成を思い描いていたようだ。
ピアノだけではない……?!多彩な楽器を操る角野隼斗の姿が見れるかも??
前半の構成を「あの夏へ〜メドレー」(千と千尋の神隠し)から、「アシタカせっ記」、「アシタカとサン」(もののけ姫)という重厚感のある流れを初期案として打ち合わせはスタート。「千と千尋ってさ、オムニバスコンサートの始まりには真面目だよね」という麻衣の一言で一同に笑みが。「オープニングから重厚すぎるかな……メドレーにしようかな、ストーリーを追いながら創りますが、本当に最初でいいですか?」と角野がこたえる。
角野隼斗
企画担当から「従来のジブリコンサートとはひと味違うものにしたいんです!最初は重くなるかもしれないけれど、お客さんの聴く姿勢が作れるしそれが期待へと繋がっていくから」というコンセプトも話された。次の瞬間には「こことここをひっくり返せば作品の重さ、音楽と音楽の間のバランスが取れるのでは?」と続くディスカス。「もののけ姫の前にMCで挟むとその物語の重厚さは、音楽に聴きやすく入るよう構築できると思います」と菊池からもアイディアが出て、みるみるうちに曲順が入れ替わっていく。
出演者と関係者で意見を出し合って、和気藹々とした打ち合わせる風景を眺めながら「MCなら任せて!」と力強い言葉で返す島本。かと思えば「打ち合わせでのエピソードを全部バラしちゃうから(笑)」と皆に告げる。「怖いなー(笑)」と答える角野に一同に笑いがおきつつも、徐々に定まっていくコンサートの姿全体が垣間見えてきた。

島本須美

さて楽曲の構成はお楽しみだが、以下の登場も決まったようだ。「人生のメリーゴーランド」(ハウルの動く城)、「海の見える街」(魔女の宅急便)。Youtubeの動画でもお馴染みの楽曲たち。「最初からこんなに楽器を使う人いないよ?(笑)」という菊池の言葉通り、2人のピアノ!?から、更にはピアノ以外の楽器を演奏する角野の登場するシーンが期待できそうだ。
菊池亮太
島本のセリフと麻衣の歌唱によって『風の谷のナウシカ』の名シーンが再現される!
後半では、アルバムのコンセプトへと立ち返らせるように、島本を引き立たせる出演作品のパートが続きそうだ!
宮崎駿作品である、“ルパン三世 カリオストロの城“のパートでは、角野と菊池のバトルセッションが楽しめるピアノパート!!そしてクラリス=島本須美がアルバムでカバーした「炎のたからもの」へとの展開に期待が高まる。さらに最大の山場とも言えるかもしれない“風の谷のナウシカ“では、島本のセリフと麻衣の歌唱により、ファンにとっては奇跡のような作中の名シーンがリアルに再現される「ナウシカレクイエム」も用意されるらしい!ふたりによる歌唱「風の谷のナウシカ」へと続けば忘れられない瞬間となりそう。
麻衣
他にも「波の魚のポニョ」、麻衣の柔らかい歌声が紡ぎ出す「ひまわりの家の輪舞曲」という案でポニョ作品のピックアップも。菊池さんの超絶技巧で聴きたいな!という会話の合間で「宮崎さんが『ワルキューレの騎行』を聞きすぎて、(父=久石譲氏が)それをテーマに制作したんだよね」という思わぬ作品のこぼれ話も。
ミーティング時から演者によるほんとに楽しそうな盛り上がりを見せるこのコンサート。他にもまだまだ検討されている数々の楽曲たち。最後は演者も観客も一体となれる作品、音楽で締めくくられそう!コンサートのためにもう一度全作品を見て予習しておきたい!
「炎のたからもの」 島本須美/角野隼斗/石若駿(ワーナーミュージック・ジャパンより)
各出演者のコメント
島本須美
島本須美
私自身、とても楽しいものになりそうなので期待しています!……でも、みんな真面目でやろうとしているから、まぜっ返して、引っ掻き回して、意外な面を引き出してやろうと生意気なことを考えています(笑)。角野さんの焦りっぷりや、菊池さんもキャラより意外に麻衣さんに弱いところとか(笑)……そんな演者の焦りっぷりも合わせて楽しんでほしいです。
麻衣
麻衣
みなさんが親しんだジブリ作品だということはもちろんですが、角野さんと菊池さんというフレッシュなメンバーと、島本さんと私というオリジナルのメンバーが共存し、一緒の舞台で演奏することは世代を超えたコンサートになるので、みなさんに楽しんでもらいたいと思っています。
角野隼斗
角野隼斗
2019『sings ジブリ リニューアル ピアノ バージョン』で島本さんとご一緒して以来の共演、そして麻衣さんと『NEO PIANO CO.LABO.(ねぴらぼ)』で一緒に演奏したこともある菊池亮太さんが参加し、きっとすごく面白いコラボになりそうだなって、今日打ち合わせしてより思いました。そして、楽器を持ち替えるサプライズも用意し、そんな見どころ満載なので楽しみにしていてください。
菊池亮太
菊池亮太
ジブリの音楽、ジブリの世界観というものを、豪華なキャスト陣とどういうふうに見せられるか、どういうふうなコンサートになるかっていうのを、すごく楽しみにしてリハーサルに臨みたいと思っています。
きっと、このコンサートならではのアレンジも出てくると思うので、そういう点にも注目して聴いてほしいです。ぜひみなさん楽しみにしていただければ幸いです。
取材・文=新麻記子 撮影=福岡諒祠
※文中の演奏曲目は予定となります。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着