4/2 RISE代々木大会 直樹インタビュ
ー「本当に強いやつvs強いやつの試合
を楽しんでもらう」

4月2日(土)国立代々木競技場 第一体育館にて開催が迫る『Cygamespresents RISE ELDORADO 2022~TenshinNasukawa Final Match~』で山田洸誓と対戦する直樹が、パラエストラ葛西(東京都江戸川区)で練習を公開。キレのあるパンチミットを披露した。
――今回の一戦の周囲の評判ってのはいかがなものですか?
直樹:やっぱ格闘技知ってる人には「凄い」「やべえなぁ」っていう風に言われますね。
――やっぱりそれは現役王者同士の対決っていう部分が引っかかる感じですかね
直樹:そうですね、やっぱ格闘技知ってる人は本当に山田選手が凄い強いっていうのを知ってますし、やっぱ現役チャンピオン同士っていうブランドは凄い大きいですね。
――今回直樹選手はどういったテーマを掲げてこの一戦に臨む感じになりますか?
直樹:テーマは「本物の強さを求めてる」って感じですね。
――見方をちょっとだけ変えたらこの一戦は直樹選手は伝統派空手出身ですけど、山田選手はフルコン出身じゃないですか。ベースの部分で伝統派vsフルコンっていう見方もできるんですけどそういった感じはありますかね。
直樹:そんなに気にはしてないですけど、やっぱ今1キックボクサーvsキックボクサーだと思うんで。でもやっぱり山田選手の得意な距離はフルコンの距離ですし、僕の得意な距離はもうちょい離れた伝統空手の距離なのかなとかはありますね。
――逆に相手が得意な距離にさせないで戦うっていうのはありますか今回。
直樹:自分の得意な距離で戦うっていうのもありますし、至近距離でも倒す業は今持ってますね。
――明かせる範囲内で構わないんですけど、山田選手より自分の方が優れてる部分っていうのはどこだと思います?
直樹:キレですね。多分山田選手も結構パンチもキックも効いたことないって言ってたんですけど、ダウンもしたことないからまぁ嘘じゃないと思うんですけど。今回も多分ダメージ、「うわ、効いた」っていうのはないと思うんですけど僕とやった後、でも倒れるとは思いますね。
――倒す自信ありありですね。
直樹:そうすね、倒したいですねもちろん。やっぱダウンしたことない選手を倒すっていうのは一番自信にもなるし、盛り上がるんじゃないですかね。
――すでにそういうイメージが出来てる感じですか?
直樹:そういうイメージを持って日々練習してるんで、もちろんイメージはしっかりあります。
――現状でその倒すパターンって何パターンぐらい想定出来ますか?
直樹:それはもう何パターンも少なくないんで、もう色んな技、どんな展開になってもいいように。もちろん山田選手が入ってきた距離でも倒せる技は今は持ってますし、出会い頭に倒す技も持ってますし色々とありますね。
――かなり今回自身満々ですね
直樹:まぁ結構ね、ビビってる部分はあるっすけどね、もちろん。でもこれに勝たないとね次続かないと思うんで。vs世界とかとやっていくためにここは越えなくちゃいけない一戦かなと思いますね。
――今vs世界っていう話出ましたけど、つい先日あの小林愛三選手がベルギーに遠征してGLORYの世界チャンピオンに挑戦してちょっと残念な結果に終わりましたけど、あの試合はご覧になりました?
直樹:ちょっと起きれなかったんで起きてからABEMAさんの追っかけ再生で拝見させていただいたんですけど、もうやっぱ凄かったですね。気持ちも強いですしやっぱ絶対折れないっていう気持ちはすごい胸を打たれましたね。
――GLORYのレベル自体はいかがでした?
直樹:半端じゃないでしょう、半端じゃないっすよ。もうこんな女子いるのかよ!と思いましたよね。
――やっぱり直樹選手からしてもやばい女子だったわけですね、ティファニー選手は。
直樹:いや、やばい女子ですよね。あんなに凄い会見とかもきれいな見た目で喋ってる感じ「あ、モデルさんなのかな」ぐらいの感じだったんですけど、試合見たらびっくりしましたよ。いやこれはやりたくねぇなっていうか、男でも強いだろうなと思いましたね。
――でも65kgはまだ分かんないですけど、67kg以降になったら男でも相当やばいのがどんどん出てきそうな気がしますけど、対抗戦になったらどうですか。
直樹:いや楽しみですよね。やっぱりあのレベルの選手、ペットパノムルン選手もそうですし、あのレベルの選手とやっぱ対戦してみたいっていうのはすごく思ってますね。
――今回そういう意味で直樹選手と山田選手契約体重65kgですから、それよりちょっと重い設定体重の試合結構組まれてるじゃないですか。その辺は意識しますか?
直樹:近い階級の試合ってことです? そうですね、そんなに意識するっていうほどではないですけど、やっぱりチャンピオン同士なんでそこが一番基準っていうか、一番強いもの同士なんで他の試合はそんなに意識してるってことはないですね。
――最近やっぱり結果が連勝を続けてるっていうせいもあると思いますけど、直樹選手とやりたいって選手もかなり増えてきたと思うんですけど、その辺はいかがですか?
直樹:名前を挙げてもらうのはありがたいですけど、さすがにねやりたいって言った人みんな相手にしてる時間もないんで、もうちょい僕も圧倒的な強さを見せて、やりたいって言わせないぐらいな試合を今回ちょっと見せたいなと思いますね。
――今回その圧倒的な部分っていうのは具体的に言うとどういう感じになりますか?
直樹:やっぱり山田選手を倒すことができれば、それだけでその結果だけでやっぱみんなびっくりするんじゃないですかね。
――見てる人はどういう感じでイメージすればいいですかね? 直樹選手が山田選手を倒すっていう部分は。
直樹:山田選手の重戦車的な前に出てくる戦いvs僕の侍的な、この一撃みたいな感じで。山田選手の攻撃はすごいパンチも強いですし打たれ強いんでどんどん前出てくると思いますし、そこに僕は気付かないうちの日本刀でスパッと切るような戦いができたらなと思います。
――最後にあのファンの皆さんへの意気込みをお願いします。
直樹:RISEライト級チャンピオンの直樹です。今回スーパーライト級チャンピオンの山田選手と現役チャンピオン同士、チャンピオン対チャンピオン。本当にこれこそ大舞台のELDORADOならではの戦いなんで、本当に「強いやつvs強いやつ」の試合を楽しんでもらえるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。
【既出カード】
▼那須川天心 RISE Final Match バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者)
風 音(TEAM TEPPEN/RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝)
▼SuperFight! ライト級(-63kg)3分3R延長1R
白鳥大珠(TEAM TEPPEN/同級1位、RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者)
秀樹(新宿レフティージム/同級2位、K-1 REVOLUTION FINAL -65㎏級世界王者)
▼Super Fight!ライト級(-63kg)3分3R延長1R
原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/ RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)
ロンペット・Y'ZD GYM(Y'ZD豊見城/ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者)
▼Super Fight! スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
直 樹(BRING IT ONパラエストラAKK/第7代RISEライト級王者)
山田洸誓(正道会館KCIEL/第4代RISEスーパーライト級王者)
▼Super Fight!バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
鈴木真彦(山口道場/第7代RISEバンタム級王者)
江幡 睦(伊原道場/WKBA世界バンタム級王者、第5代新日本キックボクシング協会フライ級王者)
▼Super Fight! -56kg契約 3分3R延長1R
志 朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~優勝)
江幡 塁(伊原道場/WKBA世界スーパーバンタム級王者、KING OF KNOCK OUT初代スーパーバンタム級王者)
▼SuperFight! 71.5kg契約 3分3R延長1R
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)
▼スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
石月祐作(KAGAYAKI/同級1位、DBSスーパーフェザー級、KROSS✕OVER同級王者)
常陸飛雄馬(TARGET SHIBUYA/同級2位)
▼ヘビー級 3分3R延長1R
カルリ・ギブレイン(ブラジル/ブラジリアン・タイ/元HEATヘビー級王者)
南原健太(極真会館/第35回全日本ウエイト制空手道選手権大会準優勝)
▼ライト級(-63kg)3分3R延長1R
北井智大(チームドラゴン/同級3位)
中村 寛(BK GYM/第6代DEEP☆KICK-60kg級王者)
▼スーパーフライ級(-53kg) 3分3R
那須川龍心(TEAM TEPPEN/2021年RISE Nova 全日本大会 -55kg級トーナメント優勝)
笠原直希(シーザージム/SB全国大会-45kg級優勝)
▼オープンフィンガーグローブマッチ -64kg契約 3分3R
YA-MAN(TARGET SHIBUYA/ライト級9位)
伊藤澄哉(戦ジム/スーパーライト級5位、元益荒男KICK 65kg王者)
▼オープニングファイト バンタム級(-55kg) 3分3R
鷹 介(魁塾/同級10位)
福井萌矢(建武館/King of Rookie 2021 -55kg級優勝)
▼オープニングファイト スーパーフライ級(-53kg) 3分3R
佐藤九里虎(FAITH/同級10位、WMC日本スーパーフライ級王者)
彪 司(TEAM TEPPEN/King of Rookie 2021 -53kg級優勝)
▼オープニングファイト フェザー級(-57.5kg) 3分3R
野村勇人(GONG-GYM坂戸/Stand up アマチュア vol.4 一般部Aクラストーナメント‐60kg優勝)
永松進之介(FJ KICK ASS/RISE Nova 全日本トーナメント-60kg級 準優勝)
▼オープニングファイト スーパーフェザー級(-60kg) 3分3R
藍之輔(STRIFE)
細越竜之介(TEAM TEPPEN/2021年RISE Nova全日本大会-65kg級トーナメント優勝・大会MVP)
記事提供:RISE

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着