猫田ねたこ

猫田ねたこ

猫田ねたこ、エンジニアに
美濃隆章(toe)を迎えたアルバム
『Strange bouquet』の発売が決定!

猫田ねたこが、ソロアルバム『Strange bouquet』を4月27日(水)に配信リリースすることが発表された。

彼女は、海外でも高い評価を受ける京都発のプログレッシブポップバンド・JYOCHOでボーカル&キーボードを務める新進気鋭のシンガーソングライター。

横浜発の3ピース・ピアノロックバンド・Heliotropeでは作詞作曲も担当する猫田だが、ソロ名義でアルバムを発表するのは今作が初。1stアルバム『Strange bouquet』には、“今の時代へのエールとなるように”と猫田が作詞作曲したミニマルな編成で紡ぐ幻想的な7曲が収録される。

本作は、ポストロックバンド・toeでも活躍する美濃隆章のスタジオ「oniw studio」で制作。レコーディング、ミックス、マスタリングエンジニアを美濃が務め、ベースはheliotropeで活動を共にする佐藤智明が担当した。

また、新曲「Minimize」の先行配信がスタート。メランコリックに繰り返される鍵盤のフレーズの上で猫田のボーカルが幾重にも重なる、アルバムの中で特に“暗示的”な楽曲で、所属するNo Big Deal RecordsのYouTubeチャンネルではリリックビデオも公開された。

アーティストビジュアル、ジャケット及びリリックビデオに使用されている写真は、カメラマンのumihayatoが担当。猫田のルーツでもある鎌倉で撮影が行われたので、併せてチェックしてほしい。

【猫田ねたこ コメント】

“Strange bouquet”(変わったブーケ)が今作のテーマとなります。
この数年で暮らしの形は大きく変化し、度々<順応>が必要とされる中、並行して、心に描いた景色を<意志>として掬い出す。これをうまく整理することは、とてもエネルギーを使うことだと思います。
気持ちが膨れ上がり、そして収束するまでの様子を、ただ眺めるしかなかった方も、この情勢下では沢山いらっしゃったのではないでしょうか。
でも、誰もがいつでも、自分の人生の主人公であって、そのストーリーの行く先にある希望は、苦しいときでもどうか忘れないでいてほしい。
今作では、これまでの“枠”をいったん隅っこに置いて、改めて好きなものを目の前に並べ、光も闇も気にせず、自由に束ねてみました。
聴いてくださる方への、今の時代への、エールとなりますように。

「Minimize」
(Official Lyric Video)

配信アルバム『Strange bouquet』2022年4月27日(水)配信
    • ■配信リンク
    • https://lnk.to/nn_sb
    •  
    • COKM-43786
    • <収録曲>
    • M1. 天の河
    • M2. Strange bouquet
    • M3. Minimize
    • M4. 入道雲
    • M5. 月になる
    • M6. Incarnation
    • M7. あなたが主役
猫田ねたこ
「Minimize」 (Official Lyric Video)
配信アルバム『Strange bouquet』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着