風音インタビュー『僕は純粋に勝ちた
いっていうそれだけです』

4月2日(土)に国立代々木競技場第一体育館にて開催される『Cygames presents RISE ELDORADO 2022~TenshinNasukwa Final Match』のメインイベントで那須川天心(TARGET/Cygames)と対戦する風音が、TEPPEN GYM(千葉県松戸市)で練習を公開した。
――今日公開練習をドラムミットにしたのって何か理由あったんですか?
風音:別に特にっていうか、あまり何も見せたくないなっていうので、一番安パイなやつです(笑)。何も見せなくていいんで。
――やっぱり今手の内は明かしたくないっていう気持ちが強いですか?
風音:はい、できればこれもやりたくなかったんですけど。
――じゃあもう見せないまま決戦の日を迎えたいぐらいな感じですか?
風音:そうですね。
――この間のファンイベントでの公開練習の時にはかなりピリピリムードでしたけど今も変わってないですか?
風音:なんかああいう場だったからか分かんないですけど、でも気持ちとしては全然変わってないですね。ほんまはあれも行きたくなかったんで。
――じゃあ本当にもう試合までは何もしないでもう試合を迎えたいって感じですね。
風音:何も見せたくないですよ。
――この間SNSでは思わせぶりに「ふざけるな」っていう叫びが出ていましたけど、その辺もやっぱりちょっとイライラしてるっていうかフラストレーション溜まってる感じはありました?
風音:フラストレーションっていうか、試合なのでそういう企画感を持ってこられるとちょっと違うかなって思ったんで。
――風音選手は企画とかもう全く抜きに本当に行くような気持ちだけで試合を望みたいって感じなんですよね。
風音:僕はそうですよ。僕は別にあれなんですけど、僕はそういう気持ちですね。純粋に勝ちたいっていうそれだけです。
――今回の一戦は那須川選手のRISE引退試合ってこともあってやっぱり世間で色んな評判呼んでると思いますけど、そういった世間の声っていうのは気になりますか?
風音:いや、もうなんか逆に多すぎて、もう笑っちゃうぐらい多いんで。もう勝手に言っとけばええやんって感じですね。どうでもいい感じですね、何とも思わないですね。多過ぎてもうどうでもいいですよね。
――多すぎるから風音選手にとっても右から左に聞き流すっていうかもうそんな感じですかね?
風音:同じようなコメントばっかりなんで、センスないなと思うんですよね。おもんないですわ(笑)。
――去年のトーナメントの時も圧倒的不利って中から勝ち続けて優勝したじゃないですか。今回もっていう気持ちがやっぱり強いですか?
風音:下馬評どうたらこうたらとかは別に何も思わなくて、ただ僕は今あの選手倒したいし、あの選手に勝ちたいっていうそんな思いしかないですね。
――凄くピリピリ感が伝わってくるんですけれども天心戦が決まってからこれまでどんな思いで過ごしているでしょうか?
風音:絶対に勝つっていうそれしかないですね。何が何でも勝ってやるっていう。別にそれ以外はあんまないっていうか。
――特別感みたいなものないですか
風音:特別感っていうかワクワク感の方が大きいかなっていう。この選手に勝ったら俺見る世界が変わるのかなとか見えてくる世界が変わるのかなとか、どういうこの先の世界が広がってんねやろなとか、そういうワクワク感、楽しみの方が強いですね。
――勝った後どうなりそうですか?
風音:いやもう想像つかないですよ。だって四十何人もそれできてない訳じゃないですか。そこで最後為し遂げていった世界はちょっと分かんないですよね。どんだけ評価されてどれだけ自分自身もっと強くなるのかっていう想像つかないですよね。でもそれは凄い楽しみですね。
――プレッシャーよりも楽しみの方が今大きい?
風音:プレッシャーなんかそんなの全然ないですよ。ただ僕は全力でぶっ倒しに行くっていう。で、その先に結果がついてきてその先その先なんで、プレッシャーなんか何もないです。
――先日公開練習ではYA-MAN選手があの風音選手が判定だと難しいんで倒しに行ったら逆にやられるかもしれないってことを予想していたんですけれども、これに対して反論はありますか?
風音:別に特にないです。なんかみんな言ってること一緒なんで。普通の人はっていうか格闘技ちょっと知ってる人とかは全員そう思うんじゃないかなっていう。特に普通の意見ですよね。だからその普通を覆してきたのは僕なんで、今回も一緒ですよ。
――会長からは技術的なことは言えないまでも精神的なメンタル面の部分ではどういう気持ちで挑めみたいなこと言われてますか?
風音:挑めみたいに言われてないけど、二人でやっていく中でお互いの気持ちはいつもそうなんですけど、上がっていく感じなんで。挑めとかはないですよね、絶対勝つっていうそれだけですよね。
――天心を意識するなみたいなそういうことは言われない?
風音:そんな特に。意識しない訳ないんで、それは。
――この試合が決まってからこの期間で自分がどれぐらい強くなったかっていうのは実感したんですか?
風音:試合やってないから何とも言えないんですけど、でも確実に気持ちの面はすごい成長したなと思いますね。技術面とかそんなのはもちろんですけど、何か一個殻破ったなって感じはありますね。今の時点でも。
――天心選手の試合映像はどれくらいご覧になったんですか?
風音:結構見てますよ。やっぱイメージ大事なんで、結構見るようにはしてます。
――一日何回とか?
風音:細かくはちょっと分かんないですけど、何気なくバーって流してる感じですね。
――攻略パターンというのは何通りくらいあるんですか?
風音:何通り…何通りとは…?(笑)わかんないっす、ただ流れなんでちょっと何通りとか言われると(笑)。
――攻略するパターンみたいなのじゃないですか? 今やってるの。
風音:それって戦略に入っちゃうですもんね? 入んないか…それ✕でいいですか(笑)。
――最近の天心選手の試合を見るとステップを使ってアウトボクシング的な動きをするとか多いじゃないですか。あの動きをされても問題ないような戦略はできてる?
風音:それは大丈夫ですね、その対策とかはしてるんで。それの対処法で言うと何パターンかあるっすけどって感じですかね。
――なるほど、じゃあ相手の出方をいくついくつも想定してパターンはもう色々あるっていう感じですね?
風音:そうですね、そういう感じですよね。
――去年の今頃ってHIROYUKI選手戦ったぐらいじゃないですか。その時から一年でここまで辿り着くというのは想像してましたか?
風音:あん時はトーナメントが開催されるかされへんか分からへん感じだったから、まさか自分が一年後に天心選手とやってるっていうのは正直想像してなかったんですけど。でもいずれはこうなるだろうなっていうのはあったんで、それがちょっと早まっただけっていう感じですかね。
――ファンイベントで天心選手とちょっとニアミスしたと思うんですけど、対戦決まってから彼と会うってことはあったんですか?
風音:ないですね。ジムでも会ってないですし、ファンイベントの時も会わないようにして気使ってもらったんでみんなに。ビジュアル撮影の時とかも凄い気を遣っていただいて時間ずらしてもらったりとか会わないようにしてもらってますね。
記事提供:RISE
Cygamespresents RISE ELDORADO 2022試合順
▼メインイベント 那須川天心 RISE Final Match バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者)
風 音(TEAM TEPPEN/RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝)
▼セミファイナル Super Fight!ライト級(-63kg)3分3R延長1R
原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/ RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)
ロンペット・Y'ZD GYM(Y'ZD豊見城/ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者)
▼第10試合 Super Fight!バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
鈴木真彦(山口道場/第7代RISEバンタム級王者)
江幡 睦(伊原道場/WKBA世界バンタム級王者、第5代新日本キックボクシング協会フライ級王者)
▼第9試合 Super Fight! -56kg契約 3分3R延長1R
志 朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~優勝)
江幡 塁(伊原道場/WKBA世界スーパーバンタム級王者、KING OF KNOCK OUT初代スーパーバンタム級王者)
▼第8試合 SuperFight! 71.5kg契約 3分3R延長1R
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)
▼第7試合 Super Fight! スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
直 樹(BRING IT ONパラエストラAKK/第7代RISEライト級王者)
山田洸誓(正道会館KCIEL/第4代RISEスーパーライト級王者)
▼第6試合 SuperFight! ライト級(-63kg)3分3R延長1R
白鳥大珠(TEAM TEPPEN/同級1位、RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者)
秀樹(新宿レフティージム/同級2位、K-1 REVOLUTION FINAL -65㎏級世界王者)
▼第5試合 オープンフィンガーグローブマッチ -64kg契約 3分3R
YA-MAN(TARGET SHIBUYA/ライト級9位)
伊藤澄哉(戦ジム/スーパーライト級5位、元益荒男KICK 65kg王者)
▼第4試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
北井智大(チームドラゴン/同級3位)
中村 寛(BK GYM/第6代DEEP☆KICK-60kg級王者)
▼第3試合 ヘビー級 3分3R延長1R
カルリ・ギブレイン(ブラジル/ブラジリアン・タイ/元HEATヘビー級王者)
南原健太(極真会館/第35回全日本ウエイト制空手道選手権大会準優勝)
▼第2試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
石月祐作(KAGAYAKI/同級1位、DBSスーパーフェザー級、KROSS✕OVER同級王者)
常陸飛雄馬(TARGET SHIBUYA/同級2位)
▼第1試合 スーパーフライ級(-53kg) 3分3R
那須川龍心(TEAM TEPPEN/2021年RISE Nova 全日本大会 -55kg級トーナメント優勝)
笠原直希(シーザージム/SB全国大会-45kg級優勝)
▼オープニングファイト.4 バンタム級(-55kg) 3分3R
鷹 介(魁塾/同級10位)
福井萌矢(建武館/King of Rookie 2021 -55kg級優勝)
▼オープニングファイト.3 スーパーフライ級(-53kg) 3分3R
佐藤九里虎(FAITH/同級10位、WMC日本スーパーフライ級王者)
彪 司(TEAM TEPPEN/King of Rookie 2021 -53kg級優勝)
▼オープニングファイト.2 スーパーフェザー級(-60kg) 3分3R
藍之輔(STRIFE)
細越竜之介(TEAM TEPPEN/2021年RISE Nova全日本大会-65kg級トーナメント優勝・大会MVP)
▼オープニングファイト.1 フェザー級(-57.5kg) 3分3R
野村勇人(GONG-GYM坂戸/Stand up アマチュア vol.4 一般部Aクラストーナメント‐60kg優勝)
永松進之介(FJ KICK ASS/RISE Nova 全日本トーナメント-60kg級 準優勝)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着