那須川天心インタビュー『あと2試合
ですし、めちゃくちゃ蹴りたい』

来る4月2日(土)国立代々木競技場第一体育館にて開催される『Cygames presents RISE ELDORADO 2022~TenshinNasukwa Final Match』のメインイベントで風音(TEAM TEPPEN)と対戦し、今回がRISEファイナルマッチとなる那須川天心(TARGET/Cygames)がTARGET SHIBUYA(東京都渋谷区)で練習を公開した。
――今公開練習で動き見せていただいたんですけど非常にいつも以上にキレとスピードがあるっていう印象だったんですけど、ご自分ではいかがですか?
那須川:多分見てもらえれば分かると思うんですけどキレもスピードも威力も全てにおいて上がってるというか、ここへ来てまた成長できてるなっていうのを実感できてるんで、調子はめちゃめちゃいいですね。
――ミット打ちの時に左ミドル打ってそのまま蹴り足で相手の攻撃を想定したブロッキングとかの動きもしてましたけどあれも自然に出てるような感じなんですか?
那須川:そうですねもう練習の一環なので。やっぱり打つことだけ考えても絶対に癖で打つだけってなると良くないので。どちらかと言うと防御メインで練習はやるようにしてますね。
――今回はもう本当にRISEのラストマッチとなりましたけど、その辺やっぱりちょっと感慨深いものってありますか?
那須川:今となればもう試合前なんで特にそういう意識はないですけど、最初決まったときだったりとか元々この試合で最後っていうのがあったんで、こっから6月もあることになって色んな感情はありましたけど、でも全然すっきりしてます。
――2014年にデビューして8年、今年9年目になりますけども那須川選手にとってはこの期間っていうのはあっという間でした? それとも結構長い期間でした?
那須川:すごく早かったっすね。本当に…あっという間でしたね。本当に一瞬というかすぐ時が過ぎましたね。
――先日この一戦のためにだと思うんですけど4日間沖縄合宿されたじゃないですか。その成果っていうのかいかがですか?
那須川:沖縄合宿行ったんですけど、もう疲れ過ぎて…結構仕上がってる感じ、あと一か月ぐらいでだいぶ仕上がってる感じだったんですけど、そこから更に4日間追い込んだので、なんかもう何も体が動かなくなって、体重とかもすごく増えました。歩くのもやっとだったので、だからもう一段階に行けたなっていうっていうのは今ありますね、あの合宿を経て。
――沖縄で練習を朝7時からやってたんですか?
那須川:1日3部練。朝7時ぐらいからやって走って休憩して、また走って休憩して夜やってみたいな。観光なんて一個も行ってないですよ。
――本当に練習追い込み三昧だったわけですね。
那須川:僕の中では一か月前なのでちょっと追い込みすぎないのかなと思ってたんですけど、一緒に行ったら松本(志朗)っていう選手が、練習しかしたくないっていう風に言ってたんで、その人のせいでというかその人のお陰で、今となればその人のお陰でですけどガッツリ練習だけになりました。
――では今回RISEのラストマッチとなりますけれどもさらに進化した那須川天心選手が見れるって感じになりますかね。
那須川:そうですね、毎回毎回進化をしていってるっていうのはあるんですけど、何ですかね自分の中のこう心の内だったりテーマだったりとかっていうのをやっぱり出していかないとなっていう風に思うので、今回は本当にまたちょっと特別というかそんな思いはありますけどね。
――あと2試合でキックボクシング最後っていうのはすごく寂しいですけれど、ご自身の中で「キックボクサー那須川天心」完成度としては今どのぐらいまで来てると思いますか?
那須川:毎回毎回自分の中の100%で挑んではいるんですけど、やはり課題が残るので、本当に格闘技って完成っていうのはないと思うんですよね。だからこそ面白いんであって、だからこそ練習するのかなと思います。常に100%だと思ってたのが、そうじゃないっていうのは続いているので、完成っていうのはないんじゃないかと思います。
――フェデリコ・ローマ戦で竜巻蹴りでKOっていうのがありますけれど、あの試合を今回超えたいというか自分なりに試したい技とか何かありますか?
那須川:あの試合を超えたいっていうのはちょっとどうか分からないですけど、色々な技をやりたいなと思いますよね。あと2試合ですし、めちゃくちゃ蹴りたいなっていうのもありますし。その時思ったことを今回やるだけかなと思います。
――何か技を用意してたりしますか?
那須川:色んな技がありますけど、最近考えるのをちょっとやめたんで。それがやっぱり今の練習の中で上手くいってる部分なのかなと思います。そこは試合見てのお楽しみかなと思います。その日の俺に任せるしかないかな。
――今回の試合のテーマっていうのは何かありますか?
那須川:テーマは自分の中では「愛と殺意」ですね。「あいさつ」です。
――詳しく解説してもらってもいいですか?
那須川:いや、そのままです。
――愛を持って殺しに行くんですね。
那須川:「あいさつ」です。
――武尊戦のこと考えると今回エキシビションでも良かったんじゃないかっていう声もあるんですけど、そこら辺に対してはご自身の中では何かありますか?
那須川:もともと4月が決まっていたというのもあるし、RISE最後の試合でエキシビションっていうのも俺は納得いかないんで。俺が納得いかないっていうだけなんですけど、周りがどう思うか分らないですけど、一回決めたことなんで。そこは僕の格闘技人生なんで、自分で決めたことでちゃんとやる、そこだけです。
――今回の試合が決まってお父さんとの会話っていうのは風音戦に対して何かはあったんですか?
那須川:何もしてないですね。試合に関しては「やるか?」って言われて「別にいいよ」って言って決まったという感じですね。そこに関して作戦だったり、そこに関しての内容だったりっていうのは僕は一切関わってないですね。
――今回TARGET SHIBUYAを練習場所に選んだのは何か意図はありますか?
那須川:4月、6月の試合の中での似たタイプの選手がいるのが一番大きいですね。練習のスタイルだったりマス、スパーリング、その中でも全然やっぱり違うんですよね。だからここに来て新たに発見出来ました。マスだったりスパーリングのやり方があるんだなという発見がありましたね。
――いつも公開練習だと結構派手な技を使うじゃないですか。今回それはなかったのは単にあの受け手の問題ですか?
那須川:前に一回RISEイベントでミットもやってるんで、別にいつもの通りのオーソドックスのやり方でいいかなっていうのはあったんですね。
――改めてなんですけど風音選手に対してファイターとしてどういう評価をしてるんですか?
那須川:「気持ちの塊」ですかね。
――やっぱり気持ちが一番の武器?
那須川:だと思いますね。
――ちなみに天心選手も気持ちの塊ですか?
那須川:なんだろ…その次元でやってないっていうのは正直あります。別に作戦とか今回本当にないですね。自分自身を高める練習だけしてきたというか、無意識に動けるまでやってきたんですよね今回。
――じゃあ本当に無意識に今回は動くっていうのがテーマ?
那須川:テーマですし、やっぱり自分自身を本当見つめ直すじゃないですけど、そういう時間を毎日作るようにしてそれで本当自分の中で気というか自分自身のエネルギーを上げる、そういうことを毎日やるようにしてますね。
――RISEラストマッチですけど何を一番見せたいですか?
那須川:最後ですしね、ちょっと派手にヒップホップな試合をしたいですね。
――それどういう意味ですかね?
那須川:まそれは受け取ってもらえばいいですよ。見てもらえればわかりますよ。
――昨年大晦日のRIZINのラストマッチではもう花道から涙を流しながらの入場ということであれもすごくたくさんの人の涙を誘ったと思うんですけど、今回の入場はまた涙になるのかそれとも違う形になるのか、現時点ではどう思われていますか?
那須川:今回は涙じゃないと思いますね。前回はエキシっていう形だったんでそういう形になったんですけど、今はそういう気分は全くないので、もう本当にしっかりと仕留める、そんな感じですかね。
――入場と言えばやっぱり天心選手コスチュームも毎回すごく注目を集めるんですけど、今回もやっぱりRISEラストということで特別なものを用意されているんでしょうか?
那須川:今回はちょっと装飾品を派手に行こうかなと思ってます。ちょっとギラギラしていきたいなと思って。
――これも注目を集めているんですが、セコンドというのは何か現時点でヒントをあれば教えていただきたいんですけれども。
那須川:ちょっと最後の打ち合わせを今週にするんで、ちょっとそこで意思疎通をしっかりして未来兄貴に頼もうかなと思ってますね。
――最後にファンの皆様にメッセージをお願いします。
那須川:RISEラストの試合、今回本当色んな方々も来てくれますし、色んな業界の人たちの期待だったりとか希望を背負ってると思うので、戦争のことになってしまうんですけど日本もね少し平和ぼけしてるところが僕の中ではあるって思ってるんで、やっぱりいつ戦争に巻き込まれるかも分かんないですし。そういった張り詰めた感じっていうのは自分の中でも常に感じてるんで。その中で戦うっていうのはどうなのか分からないですけど、自分でやるべきことを形として最後に見せようと思うので、皆さん注目してもらえたら嬉しいです。本当僕はこれでRISE最後になりますけど、今後のRISEがどうなるかは正直僕には今は分からないですけど、自分が残してきたRISEをここで最後見せようと思ってるので、皆さん注目してください。
記事提供:RISE
Cygamespresents RISE ELDORADO 2022試合順
▼メインイベント 那須川天心 RISE Final Match バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者)
風 音(TEAM TEPPEN/RISE DEAD OR ALIVE 2021 -53kgトーナメント優勝)
▼セミファイナル Super Fight!ライト級(-63kg)3分3R延長1R
原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/ RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)
ロンペット・Y'ZD GYM(Y'ZD豊見城/ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者)
▼第10試合 Super Fight!バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
鈴木真彦(山口道場/第7代RISEバンタム級王者)
江幡 睦(伊原道場/WKBA世界バンタム級王者、第5代新日本キックボクシング協会フライ級王者)
▼第9試合 Super Fight! -56kg契約 3分3R延長1R
志 朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~優勝)
江幡 塁(伊原道場/WKBA世界スーパーバンタム級王者、KING OF KNOCK OUT初代スーパーバンタム級王者)
▼第8試合 SuperFight! 71.5kg契約 3分3R延長1R
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者)
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)
▼第7試合 Super Fight! スーパーライト級(-65kg)3分3R延長1R
直 樹(BRING IT ONパラエストラAKK/第7代RISEライト級王者)
山田洸誓(正道会館KCIEL/第4代RISEスーパーライト級王者)
▼第6試合 SuperFight! ライト級(-63kg)3分3R延長1R
白鳥大珠(TEAM TEPPEN/同級1位、RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者)
秀樹(新宿レフティージム/同級2位、K-1 REVOLUTION FINAL -65㎏級世界王者)
▼第5試合 オープンフィンガーグローブマッチ -64kg契約 3分3R
YA-MAN(TARGET SHIBUYA/ライト級9位)
伊藤澄哉(戦ジム/スーパーライト級5位、元益荒男KICK 65kg王者)
▼第4試合 ライト級(-63kg)3分3R延長1R
北井智大(チームドラゴン/同級3位)
中村 寛(BK GYM/第6代DEEP☆KICK-60kg級王者)
▼第3試合 ヘビー級 3分3R延長1R
カルリ・ギブレイン(ブラジル/ブラジリアン・タイ/元HEATヘビー級王者)
南原健太(極真会館/第35回全日本ウエイト制空手道選手権大会準優勝)
▼第2試合 スーパーフェザー級(-60kg)3分3R延長1R
石月祐作(KAGAYAKI/同級1位、DBSスーパーフェザー級、KROSS✕OVER同級王者)
常陸飛雄馬(TARGET SHIBUYA/同級2位)
▼第1試合 スーパーフライ級(-53kg) 3分3R
那須川龍心(TEAM TEPPEN/2021年RISE Nova 全日本大会 -55kg級トーナメント優勝)
笠原直希(シーザージム/SB全国大会-45kg級優勝)

▼オープニングファイト.4 バンタム級(-55kg) 3分3R
鷹 介(魁塾/同級10位)
福井萌矢(建武館/King of Rookie 2021 -55kg級優勝)
▼オープニングファイト.3 スーパーフライ級(-53kg) 3分3R
佐藤九里虎(FAITH/同級10位、WMC日本スーパーフライ級王者)
彪 司(TEAM TEPPEN/King of Rookie 2021 -53kg級優勝)
▼オープニングファイト.2 スーパーフェザー級(-60kg) 3分3R
藍之輔(STRIFE)
細越竜之介(TEAM TEPPEN/2021年RISE Nova全日本大会-65kg級トーナメント優勝・大会MVP)
▼オープニングファイト.1 フェザー級(-57.5kg) 3分3R
野村勇人(GONG-GYM坂戸/Stand up アマチュア vol.4 一般部Aクラストーナメント‐60kg優勝)
永松進之介(FJ KICK ASS/RISE Nova 全日本トーナメント-60kg級 準優勝)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着