高機動車に乗車して記念撮影! 『モ
ーターファンフェスタ』に自衛隊展示
ゾーンが登場

『モーターファンフェスタ2022 in 富士スピードウェイ』が4月24日(日)に開催される。そのイベント会場で、自衛隊車両が多数展示される「自衛隊装備品コーナー」が開設されることになった。
105mmライフル砲を備え、8輪のタイヤによる100km/h超の高速走行が可能な「16式機動戦闘車(通称:MCV)」。さらには、25mm機関砲を搭載し、6輪のコンバットタイヤによる高い機動性で威力偵察を行う「87式偵察警戒車(通称:RCV)」など……。当日は普段は見ることができない特殊車両が集結する予定。
16式機動戦闘車(通称:MCV)
87式偵察警戒車(通称:RCV)
中でも、高機動車、1/2tトラック、オートバイ(偵察用)は乗車しての記念撮影も可能とあって、貴重な体験を求めるファンの人気を集めそうだ。
当日に展示を予定している車両は以下の通り。
■96式装輪装甲車
愛称はWAPC。装甲化された車体により、合計12名の隊員が搭乗可能。エンジンは360psのディーゼルで、約100km/hの最高速度を誇る。
96式装輪装甲車
■軽装甲機動車
愛称はLAV。隊員を装甲で守りながら危険地帯を行動するための装甲車。全長4.4m、全幅2.04mと小型なため、ヘリでの空輸も可能。
軽装甲機動車
■高機動車
愛称は高機(コウキ)。高い最低地上高とフルタイム4WDにより優れた悪路走破性を発揮。後輪操舵も備え、最小回転半径6.5m以下と小回りも効く。
高機動車
■1/2tトラック
愛称は小型。ジープの後継として1996年から採用が開始。パジェロがベースで乗員は6名。隊員の移動や物資の輸送など幅広く活躍する。
1/2tトラック
■オートバイ(偵察用)
愛称はオート。大型バンパーやヘッドライトガード、大型リヤキャリアが特徴。隊員は走行中にスタンディングして射撃することも。
オートバイ(偵察用)
※展示車両は変更になる場合もある。
最新の自動車やカスタムパーツ装着車、世界最高峰のフォーミュラマシン、世界に数台しかないスポーツカーなどスペシャルなクルマが集結する『モーターファンフェスタ2022 in 富士スピードウェイ』。日本の平和と安全を守り、近年は被災地での活躍も注目される、自衛隊の特殊車両にも注目だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着