4月1日から公開

4月1日から公開

中村悠一&杉田智和「モービウス」吹
き替え版映像初公開 親友から敵対関
係へ

4月1日から公開(c)2022 CTMG. (c) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved. マーベルの新たなヴィランを描く「モービウス」の日本語吹き替え版本編映像が初披露された。中村悠一が声優を務めるモービウス、杉田智和が担当した親友マイロのシーンを収めている。
 幼い頃から血液の難病という同じ病気に苦しみ、兄弟のようにお互いを理解し合ってきたモービウス(ジャレッド・レト)とマイロ(マット・スミス)。その関係は大人になっても変わらず、モービウスはマイロのためにも自分のためにも、長年研究を試みてきたが、一向に治療法を見つけ出せないでいた。
 迫りゆく死を感じていたモービウスは最後の手段として、コウモリの血清を自らに投与するという禁断の治療を施し、その結果、驚異の肉体と超人的なパワーを手に入れることになる。
 日本語吹き替え版本編映像は、病気が回復したように見えたモービウスに、生きるために自分にもその血清を投与してほしいとマイロが懇願するシーンを収めている。モービウスは「ひどいことをしたんだ、マイロ。何人も殺した」と自身の罪を告白するが、それでも引かないマイロは「君は生き続けるが僕は死ぬ。そういうことか?」と吐き捨てるように言う。そんなマイロにモービウスは優しく触れると、「これは呪いだよ」と言い聞かせるようにつぶやくのだった。
 このシーンを機に、親友同士の運命が後戻りできないほどに大きく隔たり、2人が敵対関係となることを予感させる場面になっている。
 「モービウス」は、4月1日から公開。

新着