『Hello! Project ひなフェス2022』

『Hello! Project ひなフェス2022』

『Hello! Project
ひなフェス2022』、
ハロプロ総出演
&ハローキティも登場した
ライブのレポートを公開

 ハロー!プロジェクトのメンバーが総出演する春の風物詩ライブ『ひなフェス』が、2022年4月2日、3日の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場1・2ホールで行われた。ここでは4月2日昼公演のオフィシャルレポートを掲載する。

 2日間計4公演で約2万人を動員するライブで、モーニング娘。’22(もーにんぐむすめ。とぅーとぅー)、アンジュルムJuice=JuiceつばきファクトリーBEYOOOOONDS、7月13日にメジャーデビューする新グループのOCHA NORMA(オチャノーマ)の総勢6組66名(2名欠席)のハロプロメンバーとハロプロ研修生が出演。2日の昼公演はJuice=Juice、夜公演はアンジュルム、3日の昼はつばきファクトリー&BEYOOOOONDS、夜はモーニング娘。’22がそれぞれメインを務めるプレミアム公演となっている。

 ライブの模様はBSスカパー!やCSテレビ朝日チャンネル1で生中継され、全国の映画館でライブビューイングが実施。また、日本の都会の若い世代へ“里山”の文化を紹介し、里山の過疎化を防ぎ維持・再生を図るアップフロントグループが取り組むプロジェクトのイベント「SATOYAMA & SATOUMI movement」。こちらが3年ぶりに行われ、ひなフェスとの合同開催となった。

 4月2日昼公演のスタートは、同公演でメインを務めるJuice=Juice のパフォーマンスでスタート。冒頭で「Borderline」を披露した後、リーダーの植村あかりが「始まりましたJuice=Juiceプレミアム!」と挨拶すると、会場に訪れたファンからは大きな拍手が。続けて、植村から「メンバーの有澤一華ちゃんが新型コロナウイルスの感染が確認されたため、当公演を欠席させていただくんですが、 一華ちゃんの分までみんなで頑張りますのでよろしくお願いします」と報告。初めてのひなフェスとなる有澤と同期の入江里咲は「一華とは連絡を取っているので、一華パワーの分も出せるように頑張りたいと思います」と気合いをみせていた。

 冒頭のプレミアムパートの後には、次のデビューを目指すハロプロ研修生がフレッシュなパフォーマンスを披露。続くOCHA NORMAは、ハロプロメンバーが出演して話題となったドラマ『真夜中にハロー!』のオープニングテーマである、自分たちのメジャーデビュー曲「恋のクラウチングスタート」をパフォーマンスする。

 そして、ライブの途中に、サプライズゲストとしてハローキティが登場。ハローキティ本人から「日本、そして世界のみんなに歌とパフォーマンスで笑顔と元気を与えたい」と、ハロー!プロジェクトにコラボレーションの申し出があったといい、出演が決定したという。

 ハローキティは「今日はこんな大きな会場で歌えるなんて夢みたいです」と語り、「皆さんに元気と笑顔を届けられるように一生懸命歌います!」と、つんく♂がハローキティのために書き下ろした楽曲 「Hello! 生まれた意味がきっとある」をOCHA NORMAをバックにパフォーマンス。この驚きのコラボレーションに会場に訪れたファンからは大きな拍手が贈られていた。(ハローキティはひなフェスの全4公演に出演予定)

 また、楽曲を提供したつんく♂本人も「やばい! というようなニュアンスで作品を表現したくないけど、何度聴きなおしてもやばいっす」と興奮を隠せないコメントを寄せており、同曲はデジタルシングルとしてリリース予定があるという。

 その後はアンジュルムが登場し、5月11日に発売される新曲「愛・魔性」を披露する。さらにはアンジュルムファンとして知られるシンガーソングライターの堂島孝平の初楽曲提供作品「愛すべきべき Human Life」を歌い上げる。

 アップテンポな楽曲で会場を盛り上げたアンジュルムに続くは、BEYOOOOONDS。メンバーの小林萌花のピアノ演奏で始まる「英雄〜笑って!ショパン先輩〜」で幕開けし、ポンポンを持って元気なパフォーマンスをする「ビタミン ME」など、BEYOOOOONDSらしさ全開。ライブ前半戦のラストを見事に締めくくっていた。

 ライブの中盤は「ひなフェス」恒例のシャッフルユニットコーナー。事前抽選で選ばれたメンバーによる今回限りのソロ、デュオ、トリオが公演ごとに披露された。トップバッターは、モーニング娘。’22 の野中美希。青いラメの輝く衣装を着て登場し、流暢な英語の歌詞パートを交えながら、モーニング娘。のポップなナンバーの「3.2.1 BREAKIN’ OUT!」を披露。間奏では「clap your hands!」と会場を盛り上げ、見事に大役を果たしていた。

 トリオのターンは、牧野真莉愛(モーニング娘。’22)、平山遊季(アンジュルム)、島倉りか(BEYOOOOONDS)が、ハロー!プロジェクトの3人グループとして活動していた美勇伝の「恋する ♡エンジェル♡ハート」を披露。最後のデュオでは川名凜(アンジュルム)と広本瑠璃(OCHA NORMA)が、モーニング娘。のファンクスタイルの楽曲「The 摩天楼ショー」をクールに歌い上げていた。

 シャッフルユニットコーナーの後は、ふたたびグループごとのステージへ。今年でメジャーデビュー5周年を迎えたつばきファクトリーが、5月16日に控えている2度目の日本武道館公演に見据えた気迫のパフォーマンスで、進化した姿をファンに魅せる。

 そして、プレミアムパート前のラストをつとめたのがモーニング娘。’22。MCでは、シャッフルコーナーで大役を果たした野中と牧野の話題に。メンバーの小田さくらは「すごかったよ2人とも」と絶賛し、「声が出せないと思っていながらも、体がうずくようなパフォーマンスだった。2人に刺激を受けながら、私たちも最後まで盛り上げていきたいと思います!」と宣言。12人(メンバーの加賀楓は新型コロナウイルスの感染が確認されたため欠席)の息のあったパフォーマンスを披露し、会場を魅了していた。

 終盤のプレミアムパート前にはその回のプレミアム担当グループの曲を他グループが合同でカバーするブロックが。OCHA NORMA、BEYOOOOONDS、アンジュルムがJuice=Juiceの楽曲をパフォーマンス。各グループの特徴が出た、オリジナルとは一味違った雰囲気の楽曲が、ひなフェスらしいお祭り感を演出していた。

 トリとして登場したJuice=Juiceは、4月20日に発売される最新アルバム『terzo』に収録されている「GIRLS BE AMBITIOUS! 2022」でスタート。同じくアルバム曲である「STAGE〜アガッてみな〜」では、井上玲音がボイパを披露すると、会場のボルテージは最高潮に。Juice=Juiceらしいクールでカッコいいパフォーマンスの連続に大きな拍手が贈られた。

 ラストはステージに全グループが一挙集結。Juice=Juiceの代表曲「「ひとりで生きられそう」って、それってねえ、褒めているの?」でライブを締めくくった。

 終演後には、見事なパフォーマンスを披露したハローキティをはじめ、譜久村聖&森戸知沙希(モーニング娘。’22)、平山遊季(アンジュルム)、稲場愛香&江端妃咲(Juice=Juice)、岸本ゆめの(つばきファクトリー)、山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)、米村姫良々(OCHA NORMA)が囲み会見に対応した。

 自分たちのプレミアム公演を終えたJuice=Juiceの稲場は「トップバッターだったので緊張感があった んですけど、ものすごく楽しむことができた。ファンの皆さんも声援はできないものの、マスク越しでも笑顔なんだなってのが伝わりました」とコメント。

 そして話題はサプライズ出演したハローキティに。ハローキティのバックダンサーを努めたOCHA NORMAの米村姫良々は「キティちゃんの圧倒的オーラに負けないように、精一杯頑張りました! こんな大物スターとコラボできるなんて思ってもいなかったので嬉しいです」とニッコリ。ハローキティとの練習は2回だけだったといい、このエピソードに同席していたハロプロメンバーからは 「2回だけ? すごい!」と驚きの声が上がる。米村は「リハーサルの時にキティちゃんがすごくカラフルなドレスを着ていて、これがレッスン着なんだ。スターは違うなって(笑)」と語り、キティちゃんとの思い出を振り返っていた。

 つばきファクトリーの岸本ゆめのは、キティちゃんの幼なじみで、ボーイフレンドでもあるダニエルくんが好きだとキティちゃんに告白。そして、いつかはキティ&ダニエル、withつばきファクトリーでパフォーマスしたいと目を輝かせていた。

 また、ひなフェスの魅力を問われると、森戸は「シャッフルコーナー」と回答。「私は運がないので、毎年ハズレばっかり引いてしまう。今まで1回しか引いたことがなかったけど、毎年ドキドキするイベントです」と語り、他のグループさんの楽曲をカバーさせていただくことと話した山﨑は「トンチキソングを歌いがちなBEYOOOOONDSですが、この機会にセクシーだったりカッコいい曲のパフォーマンスもできますっていうのをお見せできる機会。それが楽しみ!」と話していた。

 また、「たくさんの方に見ていただけるチャンスっていうのは、なかなかないので、OCHA NORMAの魅力を伝えられるように、今回のひなフェスも頑張りたいと思います」(米村)「カバーコーナーなどを通じて、改めてハロー!プロジェクトの楽曲が素晴らしいなってことに気がつける公演」(稲場)。「会場が大きく、ステージが360 度見渡せるので、普段見てもらえないところが見てもらえるから気が抜けない」(平山)など、それぞれがひなフェスの魅力を語っていた。

 公演前日の4月1日が誕生日だったという岸本は「21歳最後の岸本とか、22歳すぐにの岸本とか、ちょっとレアな岸本が見られるステージ」と、少し違った視点でひなフェスの魅力を力説。また、岸本は5月 16日に予定されている2度目の武道館公演にも言及。「2回目からが本当の勝負。初めての日本武道館のステージから約半年間で、(メンバー)12人の絆も深まっているので期待していて欲しい」と力強いメッセージを発信していた。

 まもなくハロー!プロジェクトを卒業する稲場と森戸は、今回の「ひなフェス」が最後となる。5月30 日の日本武道館公演でJuice=Juiceを卒業する稲場は「ひなフェスは大きい会場で場位置を覚えるのがかなり大変。その分、メンバーの絆が深まって達成感もすごい。残りの公演も全力で楽しみたい!」と語り、得意なダンスで意気込みをアピールしていた。6月20日の日本武道館公演でモーニング娘。を卒業する森戸は「やっぱり最後となると名残惜しい。終わんないで欲しいっていうのが今の気持ち」と素直な思いを吐露。

 現在、モーニング娘。’22、アンジュルム、Juice=Juice、つばきファクトリー、 BEYOOOOONDSの各グループはホールコンサートツアーが展開中で、それぞれ日本武道館公演も控えている。

【リリース情報】

■アンジュルム
シングル『「愛・魔性/ハデにやっちゃいな!/愛すべきべき Human Life』(トリプルA面)
発売日:2022年5月11日(水)
■Juice=Juice
3rd アルバム『terzo』
発売日:2022年4月20日(水)
■OCHA NORMA
デビューシングル『恋のクラウチングスタート/お祭りデビューだぜ!』(両A面)
発売日:2022年7月13日(水)
『Hello! Project ひなフェス2022』
『Hello! Project ひなフェス2022』
『Hello! Project ひなフェス2022』
『Hello! Project ひなフェス2022』
『Hello! Project ひなフェス2022』(Juice=Juice)
『Hello! Project ひなフェス2022』(OCHA NORMA)
『Hello! Project ひなフェス2022』(アンジュルム)
『Hello! Project ひなフェス2022』(BEYOOOOONDS)
『Hello! Project ひなフェス2022』(つばきファクトリー)
『Hello! Project ひなフェス2022』(モーニング娘。’22)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着