天海祐希×鈴木亮平がW主演 現代社
会の不条理に鋭く切り込んだ、異色の
ウエスタン活劇『広島ジャンゴ2022』
が開幕へ

2022年4月5日(火)より東京・Bunkamuraシアターコクーンにて、COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』が開幕する。この度、演出家・出演者のコメント、公演の舞台写真が届いたので紹介する。
Bunkamuraシアターコクーンが、かねてからクリエイションを熱望していたいう劇作家・演出家の蓬莱竜太。1999年の劇団モダンスイマーズの旗揚げ以来、全作品の作・演出を務め、2019年には『ビューティフルワールド』で第27回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞。外部公演も手掛け、数多くの演劇賞を受賞するほか、映画の脚本や、人形劇ムービーで初監督を務めるなど、活躍の幅を広げている。
『広島ジャンゴ』は、蓬莱が広島の劇作家と共作し、2017年にJMSアステールプラザにて上演。今作では、フィクション・エンターテインメント性を高めた『広島ジャンゴ2022』と題し、脚本をリニューアル、演出、美術、音楽を一新、豪華出演者にて作品を再構築して上演する。
『広島ジャンゴ2022』舞台写真  撮影:引地信彦

『広島ジャンゴ2022』舞台写真  撮影:引地信彦

広島の牡蠣工場で働くシングルマザー“山本”と、何らかの罪で追われる凄腕ガンマン“ジャンゴ”を演じるのは、天海祐希。工場のシフト担当“木村”と、ジャンゴの愛馬“ディカプリオ”を演じるのは鈴木亮平。
さらに、工場長の義弟で傲岸不遜な男“健人”と、町のならず者“クリス”に野村周平、工場で働く沢田夫婦の妻“サツキ”と、強い信念を持ち家族を守ろうとする “マリア”に中村ゆり、酒場の女主人“ドリー”に宮下今日子、工場長の妻“尚美”と町長の妻“パメラ”に池津祥子、沢田夫婦の夫“篤志”と、“マリア”の夫で権力に翻弄される“チャーリー”に藤井 隆、工場長の“橘”と、西部の町 「ヒロシマ」を牛耳るワンマンな町長“ティム”に仲村トオル
ほか、過去に自殺した木村の姉“みどり”に土居志央梨、山本と、そしてジャンゴの一人娘である“ケイ”に芋生 悠、マリアとチャーリーの娘“エリカ”に北 香那が出演する。
人間の価値観や限られた社会での常識、世間体、シングルマザーなど、現代に通ずる様々な不条理を問いかけた本作を、これ以上ない顔ぶれでおくる。
『広島ジャンゴ2022』舞台写真  撮影:引地信彦
【あらすじ】
舞台は現代の広島の牡蠣工場。
周囲に合わせることをまったくしないシングルマザーのパートタイマー山本(天海祐希)に、シフト担当の木村(鈴木亮平)は、手を焼いていた。
ある日木村が目覚めると、そこはワンマンな町長(仲村トオル)が牛耳る西部の町「ヒロシマ」だった!
山本は、子連れガンマンの「ジャンゴ」として現れ、木村はなぜかジャンゴの
愛馬「ディカプリオ」として、わけもわからぬまま、ともにこの町の騒動に巻き込まれていく―――!

作・演出 蓬莱竜太 コメント
演劇というのは無限に掘り続けることが出来る遊びです。今回のメンバーは積極的にそれが出来る人たちが揃っているので、千秋楽までこの作品がどのように息づいていくのか楽しみです。
天海祐希さんが大変な稽古の日々のなか、いつもみんなに笑顔で話しかけておられ、ユーモアを忘れない人間性に感動していました。
鈴木亮平くんが毎日、歌やラップの練習を自主的に居残り稽古していて、その姿に自分への厳しさと演じることへの好奇心を感じ、感動していました。
劇場に足を運んでくださる方、それが叶わなかった方、生の演劇とライブ配信、特性は互いに違うと思いますが、どちらも楽しんで頂けるよう座組み一同取り組んでいきます。奇しくも色んな現実世界の問題が重なる作品になりました。ただ、演劇の楽しさ、エンターテインメントの楽しさ、そういうものも盛りだくさんの作品になっております。観劇後は元気になってもらいたいと、祈りを込めてみんなで創りました。どうかお楽しみに。
天海祐希 コメント
どの舞台でもそうですが、いつも自信はありません(笑)しかし、蓬莱さん、共演の皆さん、そして自分を信じて頑張るだけです。
今回は内容的にゲラゲラ笑える作品ではないのですが、稽古中に何がそんなに面白かったのか覚えていませんが何度か皆で大笑いした事がありました。あ! 一幕最後にディスコシーンが出て来るのですが、そこはめちゃくちゃ楽しくて笑いました!
このご時世、なかなか劇場に足を運んで頂けない方も多いかと思いますので、ライブ配信でも楽しんで頂けるのはとてもうれしいです。
私が演じる「山本/ジャンゴ」はなかなかしんどい役ですが、誠実に向き合って行きたいと思っています。どんな事にも立ち向かい、誰かを守り、守られ、必ず、光はあると信じて。観て下さった方々の心に何かが残ってくれます様に……。
鈴木亮平 コメント
現代への沢山のメッセージが詰まった非常に「強い」作品が出来上がりました。全員で力を合わせて、皆様に感動を与え続けられるよう、最後まで駆け抜けたいと思います。
「木村/ディカプリオ」という役を通して、舞台上で全力で魂のままに熱唱し、ラップするのは初めてですので、喉のコンディションとの闘いだなと思っています。未熟な一人の男(馬?)が、他人の人生に触れることで自分の過去と向き合い、目の前の人のために一歩踏み出す姿を、大切に演じたいと思います。
また、演劇のライブ配信は初めてですので楽しみです。当日は劇場内だけでなく、全国の皆様のお心に直接私達の心をお届けできるように熱く演じます、歌います。一緒に最高の時を過ごしましょう。
『広島ジャンゴ2022』舞台写真  撮影:引地信彦
なお、本作は4月30日(土)まで東京・Bunkamuraシアターコクーン。その後、5月6日(金)~16日(月)大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。さらに、4月13日(水)18:30公演のライブ配信もイープラス「Streaming+」ほかで決定しており、全国どこからでも視聴可能に。配信チケットは4月14日(木)20:00まで販売となっている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着