Creepy Nutsによる主題歌も解禁 『
極主夫道 ザ・シネマ』本予告で玉木
宏・川口春奈・吉田鋼太郎・安達祐実
らの個性が爆発

映画『極主夫道 ザ・シネマ』が6月3日に公開されることが決定。あわせて、本予告編と本ポスタービジュアルが解禁された。
『極主夫道 ザ・シネマ』は、おおのこうすけ氏の漫画『極主夫道』(新潮社バンチコミックス刊)を原作とした実写映画。数々の伝説を残した極道“不死身の龍(たつ)”が、足を洗って専業主夫の道を歩む姿をコミカルに描いた作品だ。2020年には、ドラマ『極主夫道』 (YTV・NTV系列)が放送されている。映画『極主夫道 ザ・シネマ』では、ドラマに引き続き玉木宏が龍役で主演。龍の妻・美久役の川口春奈のほか、龍の元舎弟・雅(まさ)役の志尊淳らキャストも続投。さらに、吉田鋼太郎、松本まりか、安達祐実、新川優愛、渡辺邦斗、猪塚健太、藤田朋子らが出演者に名を連ねている。メガホンをとったのは、ドラマ版の監督の一人である瑠東東一郎氏。
解禁された本予告編では、龍が自治会費の集金のためイタリア風味のマフィア・近藤(吉田鋼太郎)の事務所を訪れるが、極道時代の外見から誤解を生み、激しい闘いがぼっ発する様子や、なぜか警察官に追われ困惑する姿も。また、「龍が大好きじゃ」と宣言する元レディースの虎春(松本まりか)と美久の恋のバトルや、雅がビンタをくらう場面も収められている。
予告編後半では、Creepy Nutsによる主題歌「2way nice guy」も解禁。近藤が「マンマミーア!」と叫び、かりゅう保育園の白石園長先生(安達祐実)が「つぶれたトマトみてぇになりてぇか」とドスをきかせ、虎春が「ひき肉にしちゃるけーの」と啖呵を切り、ナレーションもふくめたそれぞれが個性を爆発させている。
『極主夫道 ザ・シネマ』は6月3日(金)全国の映画館で公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着