冨田ラボ、およそ3年ぶり新AL『7+』
6月リリース 細野晴臣、堀込高樹、
AAAMYYYら参加曲も

冨田ラボがニュー・アルバム『7+』を6月29日(水)にリリースすることが発表された。
今年活動20周年を迎え、2月にリリースされたシングル「須臾の島 feat. ぷにぷに電機」でも話題を呼んだ冨田ラボ。およそ3年ぶりとなる今作には、20周年を彩るかのように20名の豪華アーティストが参加。既発の5曲でコラボしてきたアーティストに加え、新たに細野晴臣(作詞は堀込高樹 from KIRINJI)、AAAMYYY、そして声優で歌手としての活動も行う早見沙織(作詞は坂本真綾)らをボーカルに迎えた新曲や、5名のアーティスト(吉田沙良 from モノンクル、AAAMYYY、磯野くん from YONA YONA WEEKENDERSTENDRERyohu from KANDYTOWN)が一堂に会した楽曲など全14曲が収録予定。
冨田ラボ
昨年2月にリリースされた10分超えの壮大なインスト曲「MIXTAPE」以降継続的にリリースを重ねてきた総勢10名のアーティストが参加した「MAP for LOVE」、「夜汽車 feat. BASI & kojikoji」、「さあ話そう feat. 藤巻亮太」、「須臾の島 feat. ぷにぷに電機」の5曲のシングルも収録されるが、「MIXTAPE」の一部セルフ・サンプリングに合唱団が、「MAP for LOVE」には生のストリングスが加わり、「さあ話そう feat. 藤巻亮太」もアルバム用にスクリュードver.となり、配信とは異なった新しい音源として収録されている。
『7+』というタイトルには通算7枚目であることに加え、7という数字自体が持つ特別な意味が込められ、また“+”はその“7”でも説明しきれない本作を象徴している。また、“20 th ANNIVERSARY EDITION”と銘打たれた初回盤には、CDのほかにBlu-rayとブックレットが付属。Blu-rayには他に参加アーティストたちとのレコーディング時のドキュメント映像や、本作の作曲と編曲など制作のポイントを冨田自身が解説した「作編曲SHOW」が、ブックレットには日々の制作をまとめたレコーディング・ダイアリーや、トップ・プロデューサーとして活躍するに至るまでの道のりを紐解くインタビューと年表が収録される。


【リリース情報】

冨田ラボ 『7+』

Release Date:2022.06.29 (Wed.)
Label:Victor Entertainment
[通常盤] CD VICL-65658 ¥3,000 + Tax
[初回盤] CD+DVD VIZL-2005 ¥7,000 + Tax

■ 冨田ラボ/冨田恵一 オフィシャル・サイト(https://www.tomitalab.com/)
The post 冨田ラボ、およそ3年ぶり新AL『7+』6月リリース 細野晴臣、堀込高樹、AAAMYYYら参加曲も(https://spincoaster.com/news/tmita-lab-release-new-album-seven-plus) first appeared on Spincoaster (スピンコースター)(https://spincoaster.com) .

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着