番家一路が主演、尾野真千子・草彅剛
ら共演の映画『サバカン SABAKAN』 
岩松了、村川絵梨ら追加キャストを発

映画『サバカン SABAKAN』が8月19日(金)に公開されることが決定。あわせて、追加キャストが発表された。
『サバカン SABAKAN』は、稲垣吾郎草彅剛香取慎吾らが所属する芸能事務所CULENが、『ミッドナイトスワン』『クソ野郎と美しき世界』などに続いて製作する映画。1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”にひと夏の冒険にでたふたりの少年の友情やそれぞれの家族との愛情を描いた作品だ。
本作では子役の番家一路を主演に、同じく子役の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほり、草彅剛が共演。TBSドラマ『半沢直樹』、湊かなえ原作ドラマ『境遇』、齊藤工監督の映画『半分ノ世界』、江口カン監督の『ガチ★星』などで脚本を担当してきた金沢知樹氏が初めて監督をつとめ、萩森淳氏とともに共同でオリジナル脚本を手がける。撮影は2021年8月から9月にかけて、長崎県を中心に行われた。
追加キャストとして出演が発表されたのは、岩松了、村川絵梨、福地桃子、ゴリけん、八村倫太郎(WATWING)、茅島みずき、篠原篤、泉澤祐希の8名。昭和のブラウン管テレビをイメージしたティザービジュアルも解禁されている。
『サバカン SABAKAN』は2022年8月19日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着