RyohuとYONCEのコラボ曲や羊文学の新
曲、アイナ・ジ・エンドのカバー曲な
ど、『New Music Wednesday [Music+
Talk Edition]』が今週注目の新譜を
紹介

毎週水曜日に更新! 話題の新曲を最速で知れる、Spotifyの人気プレイリスト『New Music Wednesday』を、ナビゲーターの竹内琢也が深掘りするポッドキャスト『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』。SPICEでは、同番組で紹介されている、プレイリストだけでは知ることのできないエピソードや、Spotifyのエディター(プレイリストを構成している人たち)のこだわりをピックアップして掲載。今週は、カバーを飾っているRyohuがYONCEを迎えた楽曲に、HomecomingsROTH BART BARON羊文学の新曲に、アイナ・ジ・エンドのカバー曲、海外からはハリー・スタイルズ、ショーン・メンデス、ケラーニ&ジャスティン・ビーバーの新曲など、注目の新作13曲を紹介!
Ryohu「One Way feat. YONCE」
HIPHOPクルー・KANDYTOWNのメンバーとしても活動するラッパーのRyohuが、盟友YONCE(from Suchmos)をゲストに迎えた新曲「One Way feat.YONCE」をリリースしました。二人がタッグを組むのは、Suchmosが2015年にリリースしたファースト・アルバム『THE BAY』に収録されている「GIRL feat.Ryohu」以来の約5年ぶり。Ryohuが新曲をリリースするのは、約1年4カ月ぶりとなります。この4月からさまざまなアーティストを客演に招いた楽曲を5ヶ月連続でリリースすることを発表しており、本作はその第1弾となります。プロデュースは、一昨年にCMなどで使用され話題となった楽曲「The Moment」に続き冨田恵一冨田ラボ)、MVは山田健人が担当Ryohuは、先週リリースされたReiの楽曲「QUILT」にも参加していました。
ハリー・スタイルズ「As It Was」
現在活動休止中のワン・ダイレクションのメンバーで、現在はソロシンガーや俳優として活躍するハリー・スタイルズが、約2年半ぶりの新曲「As It Was」をリリース。ハリー・スタイルズは、ニューアルバム『Harry’ s House』を、5月20日(金)にリリースするとSNSで発表しており、今作はアルバムからの先行シングルとなります。ハリー・スタイルズの過去作品にも携わっているトーマス・ハル(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、ショーン・メンデス、イヤーズ&イヤーズ、ハイムなどの作品も制作)とタイラー・ジョンソン(エド・シーラン、テイラー・スウィフト、サム・スミスなどの作品にエンジニアやソングライターとして参加)がソングライターとしてクレジットされています。UKシングルチャートが公開した中間集計では初登場1位となっており、2017年のソロ・デビューシングル「Sign of the Times」以来のUKシングルチャート制覇が期待されます。アルバム『Harry's House』は、スタジオ・アルバム作品としては2017年の『Harry Styles』、2019年の『Fine Line』に続く3作品目となります。トラックリストはまだ公開されていません。
Homecomings「i care」
Homecomingsの新曲「i care」がリリースになりました。リリース日にスタートした、連続ドラマ『ソロ活女子のススメ2』のエンディングテーマとしても起用されている楽曲です。Homecomingsはこの楽曲について、「「女子」でも「男子」でも関係なく、ひとりを選ぶこともだれかといることを選ぶこともその人の自由だという当たり前すぎることの大切さ。ひとりひとりのままでも、手をとることができる。ひとりひとりのままでも互いをケアすることができる。ほどけてしまったリボンを勝手に結び直すまえに、ちゃんとそうしていいのか聞くような、そんなやさしさのうたです」とコメントしています。ドラマ『ソロ活女子のススメ2』は、積極的にひとりの時間を楽しむための活動「ソロ活」に邁進しながら新たな「ひとり〇〇」を体験していく主人公の姿を描いた、人生応援ドラマとなっています。Homecomingsは、およそ3年半ぶりとなる全国ツアーが今週閉幕、ライブでは発表になっていない新曲も披露するなどしており、今後の活動にも期待です。
ROTH BART BARON「New Morning」
ROTH BART BARONが、新曲「New Morning」をリリースしました。昨年のアルバム『無限のHAKU』以来となるリリースとなります。ベルリン国際映画祭「アムネスティ国際映画賞」特別表彰受賞作に輝いた「分福」川和田恵真監督による映画『マイスモールランド』の主題歌で、ROTH BART BARONにとって初の映画音楽となります。この「分福」は是枝裕和監督が率いて、西川美和監督なども所属する映像制作者集団で、川和田恵真監督はこの「分福」にも所属する気鋭の新人監督です。川和田監督にとって本作が商業映画デビュー作品となります。主題歌のみならず劇伴音楽も担当しており、4月27日(水)には映画のオリジナル・サウンドトラック『My Small Land (Original Motion Picture Soundt』もリリースになることが発表されています。ROTH BART BARONは、ASIAN KUNG-FU GENERATION のニューアルバム『プラネットフォークス』収録の「You To You (feat. ROTH BART BARON)」への参加、JR東日本の新CMの音楽担当、茨城県・つくばみらい市シティプロモーション『I LIVE IN TSUKUBAMIRAI』プロジェクトへの楽曲書き下ろしなど、精力的に活動しています。
羊文学「OOPARTS」
羊文学が、4月20日(水)にリリースするニューアルバム『our hope』から、「OOPARTS」、「光るとき」、「ラッキー」、「マヨイガ」の4曲を先行配信しました。『New Music Wednesday』には、「OOPARTS」がリストイン。ダンサブルなベースサウンド、初めて取り入れたシンセサイザーなど羊文学が色んなチャレンジをした作品となっています。昨年は『FUJI ROCK FESTIVAL‘21』に出演し、今年は5月から5大都市のZepp公演を含む初の全国ツアーを開催するなど躍進中の羊文学。アルバムには、今回公開された4曲に加え全12曲が収録予定です。日本のインディーシーンの注目曲と最新曲を集めたプレイリスト『Edge!』のカバーを飾っています。
Tina Moon「CHOCOLATe sugar - Yaffle Remix」
Tina MoonのデビューEP「mishmash」のリミックスEPがリリースになりました。藤井風やiriSIRUP小袋成彬Salyueillなどの楽曲を手がけるYaffleをはじめ、福岡を拠点に活動するYesterday Once MoreのDJでプロデューサーの Shigge、長崎出身で現在東京を拠点に活動するシンガー・ソングライター/クリエイターのAi Kakihira、そしてAmPmやTokimeki Recordsを手がける高波由多加のレーベル・Namy&Recordsから正体不明のプロデューサーデュオ・NamitoWらが参加しています。『New Music Wednesday』には、「 CHOCOLATe sugar (Yaffle Remix) 」がリストイン。原曲の「CHOCOLATe sugar」は、アジア9カ国のSpotify『New Music Friday』にリストインしており、今回リミックスを手がけたYaffleは、TV番組『関ジャム 完全燃SHOW』内で、2021年のマイベスト10曲にTina Moonの「Chicken Street」を選んでいました。Spotifyでは、日本のエレクトロミュージックの最先端に立つアーティストを特集するプレイリスト『Electropolis』のカバーを飾っています。
IVE「LOVE DIVE」
韓国の6人組ガールズグループ・IVEが、ファースト・シングル「Eleven」以来となる新曲「LOVE DIVE」をリリースしました。IVEは、3月14日(月)に公式SNSで「LOVE DIVE」の予告イメージを公開、その後もSNSで次々とコンセプトフォトを公開しており、4月3日(日)午後にはティーザー映像も解禁、ファンには待望のリリースとなります。Spotifyでは、日本のティーンエイジャーに聴かれている話題曲を集めたプレイリスト『Teen Culture』のカバーを飾っています。
My Hair is Bad「歓声をさがして」
My Hair is Badの新曲「歓声をさがして」がリリースになりました。My Hair is Badは、2019年6月にリリースしたアルバム『boys』以来、約2年10ヶ月ぶりとなるフルアルバム『angels』を、4月13日(水)にリリース予定で、アルバムリリースに向けてこの「歓声をさがして」を3月26日(土)に先行配信。そして4月1日(金)には、『ミュージックステーション 春のレジェンド曲3時間SP』に出演して早速同曲をパフォーマンス、そして同日にメジャーデビュー後の作品全てを音楽ストリーミングサービスで配信開始しました。同番組内や渋谷に設置された広告で話題となった楽曲「真赤」が、現在Spotify Japanでは急上昇チャート1位になっています。日本のロックシーンの話題曲を集めたプレイリスト『J-Rock Now』のカバーも飾っています。
CVLTE「run.」
CVLTE(カルト)が、新曲「run.」をリリースしました。2018年に本格的に活動を開始した、北海道札幌を中心に活動するバンドで、Spotifyが2022年に躍進を期待するアーティスト10組『RADAR: Early Noise 2022』に選出されています。他にもCrossfaithが、4月から行う全国ツアーの福岡公演に出演(その他の都市ではTohji、(sic)boy、Age Factoryなどが出演)、THE ORAL CIGARETTES山中拓也(Vo/Gt)が主宰するクリエイティブレーベル・DREAMLANDが主催する、東名阪ツアーにTHE ORAL CIGARETTESのほかMY FIRST STORY、Age Factoryと共に出演することが決定するなど、注目度が急上昇しています。Spotifyではプレイリスト『RADAR: Early Noise』のカバーを飾っています。
ショーン・メンデス「When You’ re Gone」
ショーン・メンデスが、2022年の第1弾シングル「When You’ re Gone」をリリースしました。昨年恋人のカミラ・カベロとの2年以上の交際に終止符を打ったショーン・メンデス。同作は彼女との別れについて歌った曲だと言われており、<待って、君がいなくなったとき、どんな感じなのか知りたくない 前に進みたくないんだ 君が永遠にいなくなったとき、どんな感じなのかを知りたくないから 君は僕の指先から滑り落ちていく 少しづつ、少しづつ 君を愛することが一番幸せだったなんて だから手放したくないんだ>など、苦しみや喪失感あふれる失恋ソングとなっています。ちなみに昨年リリースされた「It'll Be Okay」も失恋ソングです。本楽曲は先月開催された米テキサス州オースティンでの『SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)』のステージでいち早く披露されていましたが、公開されたMVではスタジオでのレコーディング風景、ライブのリハーサル映像に加え、このSXSWでのパフォーマンスの様子も収められています。
ケラーニ、ジャスティン・ビーバー「up at night (feat. justin bieber)」
ケラーニが、ジャスティン・ビーバーを迎えた新曲「up at night」をリリースしました。ケラーニは、4月29日(金)に自身3枚目となるニューアルバム『blue water road』のリリースを発表しており、既にアルバムから「Altar」、「little story」を公開。同作は、3曲目の先行シングルとなります。ケラーニは3月27日(日)、ブラジルで開催された音楽フェスティバル『ロラパルーザ・ブラジル』で、同楽曲のリリースを発表していました。この曲についてケラーニは、「健康的に夢中になれる関係を持つことについての曲。誰かにあなたを愛しているから夜も眠れないと言っているようなもの」と語っています。ケラーニとジャスティン・ビーバーは、2020年のジャスティン・ビーバーのアルバム『Changes』に収録されている楽曲「Get Me(feat.ケラーニ)」でも共演しています。
Tempalay「Q」
4月1日(金)にリリースになったTempalayの新曲「Q」が、『New Music Friday Japan』内でパフォーマンスが良く『New Music Wednesday』にもリストイン。先週の『New Music Friday Japan』の中ではケラーニ「up at night(feat.ジャスティン・ビーバー)」、ハリー・スタイルズ「As it Was」、ショーン・メンデス「When You’ re Gone」などの洋楽注目曲に加え、この「Q」やアイナ・ジ・エンドの「大人になって」もパフォーマンスが高かったそうです。今回Tempalayは、『WOWOWオリジナルドラマ 青野くんに触りたいから死にたい』のW主題歌である「Q」、「憑依さん」を2曲同時配信。5月18日(水)には8cmCDシングル2枚組としてリリースすることも発表されています。
アイナ・ジ・エンド「大人になって」
アイナ・ジ・エンドのカバー新曲「大人になって」がリリースになりました。スマートフォン・Galaxyのキャンペーン「Galaxy 新生活キャンペーン」のCMでタイアップソングとして使用されており、YUKIが2012年にリリースしたアルバム『POWERS OF TEN』に収録されている同名楽曲をカバーしたものです。エレキギターやオルガンを中心としたサウンドの原曲と比べ、ピアノを中心としたさらにシンプルでミニマルなアレンジとなっており、アイナ・ジ・エンドの歌・表現力の凄さが詰まったカバーとなっている印象。Spotifyではプレイリスト『Women's Voice(Omi) 』のカバーを飾っています。
文=竹内琢也、Y.SHOGO

『New Music Wednesday [Music+Talk Edition]』とは……
毎週水曜日に、その週リリースされた注目の新曲を中心に更新される、Spotifyのプレイリスト『New Music Wednesday』をさらに深掘りするSpotify公式ポッドキャスト。この番組をチェックすると話題の新曲をいち早く、そして詳しく知ることができて、今の音楽シーンがまるわかりに。あなたの通勤、通学、スキマ時間に無料で聴くことができるので是非チェックを。また番組では、Spotifyアプリの「Q&A」からメッセージやリクエストも募集中。あなたのオススメ曲や思い出ソングが紹介されるかも!?
今週のメッセージテーマは「あなたにとっての最強コラボソングをおしえて!」

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着