声優・鬼頭明里が『ドクター・ストレ
ンジ/マルチバース・オブ・マッドネ
ス』日本語吹替版に参戦 MCU初登場
のアメリカ・チャベス役

5月4日(祝・水)公開の映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』日本語吹替版で鬼頭明里がボイスキャストを務めることがわかった。
『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、『アベンジャーズ』などを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の最新作。元外科医で修行の末に魔術を身に着けたヒーロードクター・ストレンジを主人公とした映画だ。『アベンジャーズ/エンドゲーム』でのサノスとの死闘を経て、アイアンマン、キャプテン・アメリカらが去った後、ストレンジは禁断の呪文によって時空を歪ませ、「マルチバース」と呼ばれる世界への扉を開いてしまう。そして、ストレンジの前に立ちはだかるのは最凶の魔術を操る邪悪な“もう一人の自分”だった。
(c)Marvel Studios 2022
本作では、2016年の『ドクター・ストレンジ』から『アベンジャーズ』シリーズ、『スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム』に続いて、ドクター・ストレンジがベネディクト・カンバーバッチが演じるほか、ストレンジの盟友・魔術師ウォン役でベネディクト・ウォン、ストレンジの元恋人で医師のクリスティーン役でレイチェル・マクアダムス、かつての兄弟子モルド役でキウェテル・イジョフォーらも続投。さらに、ワンダ役のエリザベス・オルセンも出演し。さらに、アメリカ・チャベス役でソーチー・ゴメスがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『スパイダーマン』シリーズや、『死霊のはらわた』シリーズで知られるサム・ライミ監督。全米では、5月6日(金)に公開される。
鬼頭明里が日本語吹替版で演じるのは、MCU初登場となる新キャラクター“アメリカ・チャベス”。マルチバースにスポットを当て、鬼頭がナレーションを担当したTVスポット映像も公開されている。
鬼頭のコメントは以下のとおり。
鬼頭明里(アメリカ・チャベス 役 日本版声優)
――“アメリカ・チャベス”の日本版声優を担当することが決まった際の心境。
本当に沢山のファンがいるマーベル・スタジオ作品に参加できるということが本当に光栄です!担当できるということを聞いた日は、嬉しくて一日中ソワソワしてしまいました!さらに、今作において重要な鍵となる新キャラクターのアメリカ・チャベスを演じられるということで、ドキドキとワクワクでいっぱいの気持ちです!
――”アメリカ・チャベス”について。
大人にも物怖じせず喋っているかと思いきや、ティーンエイジャーらしい等身大さと幼さが垣間見える部分がかわいくてとても魅力的な女の子だと思います。ドクター・ストレンジとどんな関係を築いていくのか、ストレンジの新しい一面や魅力を引き出してくれるのではないかと楽しみにしています!
――本作で描かれる“マルチバース”への期待について。また、もしもう一人の自分がいたら?
マルチバースということで本当に壮大で想像もつかないような展開になるんじゃないかとワクワクしています!
私は絵を描くのも好きなので、別の世界の私は絵の仕事をしているかもしれません。
――本作の上映フォーマットについて。
2Dでももちろん素晴らしい作品にはなっていると思うのですが、IMAX3D や MX4D でより皆さんに、ドクター・ストレンジの魔術やマルチバースという未知の世界観を体感していただきたいと思います!きっと自分が映画の中に入ったような、特別な体験が出来るのではないでしょうか!
――映画を楽しみにしている方へのメッセージ。
本作も、皆さんの期待を裏切らない本当に面白い作品になっていると思います!マルチバースという壮大な世界観、ドクター・ストレンジの新たな一面、アメリカ・チャベスの活躍にも期待して、是非是非楽しんでいただければと思います!
また、本作が2D(字幕・吹替)、ドルビーアトモス(2D 字幕)、ドルビーシネマ(3D 字幕)、IMAX(3D 字幕)、4DX(3D 吹替)、MX4D(3D 吹替)、スクリーン X(字幕・吹替)、4DX スクリーン(字幕・吹替)、D-BOXの計12形式で上映されることも明らかになっている。
『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は5月4日(祝・水)映画館にて公開。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着