(左から)瀬々敬久監督、安田顕、阿部寛、北村匠海、杏、大島優子 (C)エンタメOVO

(左から)瀬々敬久監督、安田顕、阿部寛、北村匠海、杏、大島優子 (C)エンタメOVO

阿部寛「正しい親なんていうのは多分
ないと思う」 「たまにおやじが言う
意見は、大事にしてきました」

 映画『とんび』初日舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛北村匠海、安田顕、大島優子と瀬々敬久監督が登壇した。
 本作は、親子の絆を描いた重松清氏のベストセラー小説を映画化。阿部と北村が親子を演じた。
 不器用な父親・ヤスを演じた阿部は「正しい親なんていうのは多分ないと思うんです。その都度その都度、悩んで失敗して、自分を責めて…。そういうふうに人間は生きていく。だから正しさを押し付けるのでなく、とにかく優しさを持って、一生懸命愛情を持って、人に接する。それが大事なことだと思います」と熱いメッセージを送った。
 また新年度にちなみ「自分の背中を押してくれた言葉」を聞かれたキャストたち。
 3人兄弟の末っ子だという阿部は「この世界に入るとき、おやじに相談したら、『一番下だから、失敗してもいいから、とりあえずやってみろ』と言われて、それもきっかになりました。普段、あまりおやじとしゃべる方ではなかったのですが、たまにおやじが言う意見は、大事にしてきました」としみじみ振り返った。
 北村は「映画などで、初めてのことに挑戦しなければいけないとき、役者仲間との何げない会話で、『初めてというのは皆が絶対に経験するもの。しかも1回しかないんだ』と聞いて『なんだ、それめちゃ楽しいじゃん』ってハッとなったんです」とエピソードを披露。
 それは二十歳ぐらいのときだったそうで、「そこから緊張よりもワクワクするようになりました。この前も初めて舞台をやったのですが、楽しかったです」と笑顔を見せた。
 杏は「500年前とか千年前ぐらいに意識を飛ばします。歴史上のいろんなことに思いをはせると、その時代よりは結構恵まれているんじゃないかなとか、今自分が悩んでいることなんて、ちっぽけなことなのかなと思えたり…。逆に、今この瞬間も確実に歴史の一部になるのだと思うと、大切に生きようと思えます」と語った。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着