あいみょん「双葉」歌詞の意味は?曲に込められた18歳世代へのメッセージを考察

あいみょん「双葉」歌詞の意味は?曲に込められた18歳世代へのメッセージを考察

あいみょん「双葉」歌詞の意味は?曲
に込められた18歳世代へのメッセージ
を考察

2年ぶりの18祭!今年はあいみょんが18歳世代にメッセージを届ける

▲あいみょん-双葉【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
『18祭』はアーティスト1組と18歳前後の1000人が参加するNHK主催のイベントです。
過去にはONE OKROCKやRADWIMPSなどが参加しました。
昨年は新型コロナウイルスの影響で開催されなかった為、2年ぶりの開催となります。
今回出演するのは、シンガーソングライターのあいみょんです。
あいみょんは、等身大な自分の気持ちをストレートに表現する歌詞で大人気のアーティスト。
制作にあたり、全国の17歳から20歳までの18歳世代1000人から「喜怒哀楽」を込めたメッセージ動画を募集しました。
その動画を観てインスピレーションを受けたあいみょんが制作した曲が、『双葉』です。

歌詞に込められた1000人分の想い
歌詞を読むと、あいみょんからのメッセージがたくさん隠されていることに気がつきました。
双葉 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma22032411
18歳ごろの「サヨナラ」といえば卒業だと予想されます。
みんなと一生会えなくなるわけではないけど毎日一緒にいることがなくなる。
きっとその動画の人物は泣きそうになりながら、その寂しさを語っていたのではないでしょうか。
そしてあいみょんも自分自身の経験と重ね合わせ共感している様子です。
双葉 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma22032411
「荒れた頬」はお年頃の敏感なお肌のことだと解釈すると、18歳前後の人物をイメージさせるあいみょんらしい言い回しだと感じました。
ここでは恋人との出会い記念日のエピソードが語られています。
2番以降の歌詞も見てみましょう。
双葉 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma22032411
約束の春はこの18祭のことを指していると仮定すると、動画でこのイベントを心待ちにしているエピソードがあったのでしょう。
そして「幸せ、って今思ったよ」は、本当にその動画を見た時のあいみょん自身の率直な気持ちが書かれているように思います。
双葉 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma22032411
胸の中に落ちて=落ち込んでしまうことがあっても、環境を変えることでまた顔をあげて過ごすことができると解釈することができます。
「ずっと忘れないで」というあいみょんからのメッセージが、ストレートに伝わってくる気がします。
双葉 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma22032411
この歌詞は「もし傷つくことがあったとしても、私が夢の中で受け止めてあげるから!」と読み解くことができます。
温かいメッセージがつまった『双葉』の中でも、あいみょんの優しさが特に込められている歌詞ではないかと感じました。
「双葉」の意味とは?あいみょんが18歳世代に伝えたいこと
例年18祭の為に作られる楽曲には、その年の参加アーティストから18歳世代へのメッセージが込められています。
今年のあいみょんはどのようなことを伝えようとしたのでしょうか?
双葉 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma22032411
1番のサビは恋愛のメッセージです。
それまでにどんなに傷つくことがあったとしても、悲しみは雨のようにいつかはなくなる。
運命の人に会うまでは心を豊かに花を咲かせる努力をするんだよ、とエールを送っているようです。
そして最後に「双葉」と呼びかけています。
双葉はこれから成長していく18歳世代のことを指しているのでしょう。
ここまでの考察から、「まだ若くて可愛い双葉なのだからやりたいことをやればいいんだよ!」というメッセージが込められているようにも感じます。
双葉 歌詞 「あいみょん」
https://utaten.com/lyric/ma22032411
2番のサビでは将来へのメッセージが書かれています。
「喜びはたくさんの人と分かち合って欲しい」
「愛は目に見えないからこそ、しっかりと相手に伝えて欲しい」
この2つがあいみょんが、18歳世代に伝えたいメッセージなのではないかと考察しました。
若い世代に共感と勇気を与える楽曲
ここに出てくるエピソードは、多くの人にとって馴染みが深いものばかりですよね。
だからこそ共感して、あいみょんからのメッセージを素直に受け取ることができるのではないでしょうか。
まさしく18祭にぴったりな楽曲だと感じます。
『双葉』はあいみょんの表現力の豊かさや、心の広さ、真っ直ぐ相手を受け止める強さを、改めて知ることができる楽曲でした。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着