主人公・米田たくあんを演じる岡部大 (C)「しろめし修行僧」製作委員会

主人公・米田たくあんを演じる岡部大 (C)「しろめし修行僧」製作委員会

「しろめし修行僧」初回 ハナコ岡部
が「“飯食う寅さん”だった」 「『
孤独のグルメ』とは違った飯テロドラ
マが爆誕した」

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の初回が、8日に放送された。
 本作は、ほぼニートの寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白飯に合う最高のおかずとは何か」という究極の問いに迫るグルメドラマ。
 ラッパーを目指すたくあんは、寺の住職である父・こしあん(松平健)の命令で修行に出ることになる。
 たくあんが、こしあんと交わした約束は、「一日一善」ならぬ「一日一膳」。「善行をした分、ご飯を食べられる。食べていいのは白飯の入ったおわんに乗る一品のおかずのみ」というルールの下、たくあんは最初の修行地・千葉県南房総を訪れる。
 当地では、海の幸を使ったおかずが多数登場。そして、新人漁師の女性・千佳(内田理央)と出会ったたくあんは、彼女に淡い恋心を抱くが…。
 放送終了後、SNS上には、岡部の演技について、「第1話からツボった。岡部さんの食べ方が好き」「つやつやと輝く白米を頬張る岡部の顔だけで見る価値がある。ハマリ役だ」「ハナコ岡部が“飯食う寅さん”だった。毎回ヒロインが変わる形式が『寅さん』みたいで面白い」などの反響が寄せられた。
 このほか、「『孤独のグルメ』とはまた違った飯テロドラマが爆誕した」「佐藤ぶりあん役の犬飼貴丈さんが演技がうまくて、顔が最強だった」「たくあんのDJ友達に、DJ松永が出てきたところで爆笑した」といった声も投稿された。
[gallery ids="1324591,1324592,1324593,1324594,1324595,1324596,1324597"]

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着