三浦大知、NHK連続テレビ小説『ちむ
どんどん』主題歌の「燦燦」楽曲配信
開始 “手紙のような”歌詞も公開

4月11日(月)から放送開始となったNHKの連続テレビ小説 第106作『ちむどんどん』。その主題歌となっている三浦大知の新曲「燦燦」が、同日より配信スタートした。
『ちむどんどん』は、2022年に本土復帰50年を迎える沖縄を舞台に、沖縄に生まれ育ったヒロインと兄妹たち家族の50年の歩みを⾒つめる、笑って泣ける朗らかな、美しい家族とふるさとの物語。沖縄料理に夢をかけるヒロイン・比嘉暢子、四兄妹の次女を黒島結菜が演じ、主人公を支え・見守る兄妹役は竜星涼、川口春奈、上白石萌歌、そして両親役は仲間由紀恵、大森南朋が演じる。
主題歌「燦燦」は『ちむどんどん』ドラマ主題歌として書き下ろされたオリジナル楽曲。作詞は三浦大知、作曲はUTAと三浦大知が担当。三浦大知は主題歌について「とてもあたたかな光を感じられる"手紙"のような1曲、「燦燦」が完成しました。みなさんの心のそばにそっと置いてもらえるような、そして聴いてくださったみなさんが大切な人へ贈りたくなるようなそんな曲になれば嬉しいなと思います」とコメントを寄せた。
配信リリース後には、三浦大知公式Twitterで楽曲の歌詞全文が公開され、本人のコメントの通り“手紙”のような歌詞にも注目が集まる。
なお、「燦燦」はCDパッケージとしても6月8日(水)にシングルの発売が決定している。三浦大知は現在、全国22会場・33公演を巡る全国ツアー『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2022 COLORLESS』を開催中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着