山口ひろみ、千葉・港町弁財天で20周
年記念曲「哀愁港町」ヒット祈願「成
長した姿をお見せするために」師匠・
北島三郎と36時間レッスン

デビュー20周年を迎えた山口ひろみが、4月13日に発売する最新シングル『哀愁港町』のヒット祈願を千葉・千葉市の厳島神社 港町弁財天で行った。

山口は2002年5月に「いぶし銀」でテイチクよりデビュー。北島ファミリーの”末娘”的ポジションとして活躍し、2022年にデビュー20周年を迎えた。さらに今年は師匠・北島三郎も芸道60周年を迎えるということで、今作では作詞・作曲も師匠・北島が手掛けた。

レコーディングの際の稽古は非常に厳しかったと振り返り「4日間で36(サブロー)時間レコーディングに費やしました。20周年を迎え、新たな出発をするにあたり師匠に作っていただいた宝物の曲です。稽古は夜中にまで及ぶ日もあり、師匠が声を枯らして何度も何度もレッスンをしてくださった。自分もなかなか思うように歌えず、気持ちが折れてしまいそうな時もあったが、師匠に『これは全て山口を成長させるため、そしてお客様に山口の成長した姿をお見せするために厳しく指導している。だからがんばれ』と言っていただいて、思わず涙がこぼれました」と語った。
また、2021年は一般男性との結婚を発表「結婚して10か月。ようやく落ち着いて分かり合える関係になりました。自分がまた一歩成長できた気がします」と公私ともに順調な一年を送っているという。そして、結婚と同時に千葉県民になったことを報告し、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手の活躍に触れ「自分が歌手デビューしたタイミングで生まれた佐々木投手が活躍されているのを見ると非常に感慨深い。これを機に野球観戦をし、いつかZOZOマリンスタジアムで国歌斉唱をしたい」と意欲を見せた。

北島ファミリーの”末娘”山口ひろみが歌手として成人を迎えた。その小さな体から発せられているとは思えないほどのパワーのある歌声と天真爛漫な明るさに日本中が元気をもらえるだろう。

山口ひろみ ニューシングル『哀愁港町

発売日:2022年4月13日
TECA-22017 ¥1,350(税込)
[ 収録楽曲 ]
1. 哀愁港町
2. 知床愛歌(c/w) 
3. 哀愁港町(オリジナル・カラオケ) 
4. 哀愁港町(メロ入りカラオケ)
5. 知床愛歌(c/w)(オリジナル・カラオケ)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着