「Modern Bleed」MV

「Modern Bleed」MV

ulma sound junction、
メジャー1st EP『Reignition』より
「Modern Bleed」のMVを公開!

沖縄県石垣島出身4人組プログレッシヴ・ロック・バンドのulma sound junction”が、4月13日(水)発売のメジャー1st EP『Reigniton』より「Modern Bleed」のMVを公開した。

2021年2月にリリースした『primary』以来、約1年振りの新曲となる本楽曲は、従来の彼らが持ち合わせている“激しさ”と“抒情的なメロディ”、“予測不能な展開”など、彼らの音楽性を表現する上では欠かすことのできない要素を全て兼ね備えた、アグレッシヴな新曲に仕上がっている。

MVには激しいサウンドを奏でるメンバーの姿が次々と映し出されるだけでなく、随所に怪しい白頭巾をかぶった集団が登場。「Modern Bleed」が持つ現代社会に向けたメッセージ性やハードかつエモーショナルな楽曲を引き立てている。

また、今回のリリースに際しインディーズ時代より親交の深い、打首獄門同好会よりお祝いのコメントも到着した。

そして、4月16日(土)には東京・Shibuya CYCLONEにてレコ発ライブ『ulma sound junction One Man Live 2022 “Reignition”』 が開催される。チケットは配信含め好評発売中なのでぜひチェックしてほしい。

【打首獄門同好会よりコメント】

「ulma sound junctionがメジャーデビューとは!渋谷の地下室で出会ってかれこれ15年、互いに「売れない音楽やってる仲間」と笑って語り合ってた君達から、まさかこの年月を経てメジャーデビューの報が入るとは!メジャーて!ホントここ最近トップで嬉しいニュースですね。しかし最新のサウンドを聴いてみればそこは相変わらず、もう退かないの媚びないの省みないの、トガった部分をさらに磨いてトガらせてここまで来たのねとニヤケが止まりませんね。ああもう、1人でも多くの人がうっかりこの音楽と出会い、そして結果しこたま音楽的趣味をこじらせて欲しい。多様性バンザイ。早くまたライブハウスで遊ぼう」

「Modern Bleed」MV

EP『Reignition』2022年4月13日(水)発売
    • KICS-4044/¥2,200(税込)
    • <収録曲>
    • 01. Modern Bleed
    • 02. Rotten Apple
    • 03. Utopia
    • 04. Idea
    • 05. Elem-5/6/7

【ライブ情報】

『ulma sound junction One Man Live 2022 “Reignition”』
4月16日(土) 東京・Shibuya CYCLONE
Open:17:30/Start:18:00

<チケット>
前売:¥3,800(税込)/当日:¥4,300(税込)
配信:¥2,800(税込)(アーカイブ 1週間有り)
一般発売中:https://t.livepocket.jp/e/mzx2c

「Modern Bleed」MV
EP『Reignition』
ulma sound junction

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」