『MAKJ feat NEO TOKYO』

『MAKJ feat NEO TOKYO』

MAKJが来日!
5月にCLUB VIZELにて
『MAKJ feat NEO TOKYO』開催

『Coachella(コーチェラ)』『Tomorrowland(トゥモローランド)』などの大型フェスへの出演実績を持つMAKJ(マックジェイ)の来日が決定した。5月4日(水・祝)、7日(土)の2日間にわたって、注目のナイトスポット・渋谷のCLUB VIZELで『MAKJ feat NEO TOKYO』として開催される。

CLUB VIZELで始動した、世界のスターを東京にリアル来日させる大注目イベント『NEO TOKYO』。『NEO TOKYO』は海外の来日公演、ツアー、フェスなどが軒並みキャンセル、延期、閉店などが続いたコロナ禍真っ只中の2020年、デジタル配信公演、バーチャルでの新たらしいイベントの形が日常となった2021年を経て、国内に海外アーティストを迎えることが音楽ファンから期待されるなか、その最先鋒として始動したイベントだ。その初回(4月9日)はビルボードTOP10入りの実績を持つTHOMAS GOLD(トーマス・ゴールド)を迎え、東京は渋谷の中心で約1,000名の集客を記録し東京のナイトライフの復活を祝った。

VIZELでは、『MAKJ feat NEO TOKYO』の楽曲予習をしてもらうべく、オフィシャルプレイリストをSpotifyにて作成。当日をより楽しんで頂くためにもぜひ利用してほしい。

『MAKJ feat NEO TOKYO』

■日程
2022年5月4日(水・祝)7日(土)※2公演
■会場
CLUB VIZEL(東京都渋谷区宇田川町12-3 1F)

『NEO TOKYO』とは

東京のカルチャーを生み出す渋谷の街、コロナ禍にその産声をあげた注目のナイトスポット「VIZEL」がバーチャル世界に殴り込むべくスタートしたNEO TOKYOは世界のスターをリアルに来日させ開催するリアルイベント。以前は当前のように夜な夜な集い、音楽やその空間を楽しむカルチャーだった東京。その熱を再び体験したい、楽しんでもらいたい。そんな思いから2022年春に始動。熱狂的な夜に想いを馳せ、待ちくたびれ燻っていたダンスミュージックラバーやクラバーには必見のイベントだ。

MAKJ(マックジェイ)とは

Coachella、Tomorrowland, Voodoo, Electic ZooやULTRA MUSIC FESTIVALなど世界中の名だたるフェスティバルへの出演は当然ながら、前職は「カーレーサー」という異色なキャリアの持ち主。

ステージ上だけでなく、現在最も人気のあるアーティストたちとのコラボレーション楽曲も世界各地で愛され、フロアを熱狂させ続けている。カリフォルニア育ちのMAKJは幼少の頃に中国へ移住。レース後に仲間たちとよく訪れたマカオのクラブでDJに魅了された若きMAKJはターンテーブルと中古のスピーカーを購入。YouTubeを教材とし、1日に16時間もの時間を費やし独学でスクラッチやDJ技術を学んだという。

その後、ブートレグやマッシュアップの制作を精力的に行い、2013年に自身の楽曲「Countdown」を発表。その後毎回異なる相手と12曲をリリースし、高い評価を得ている。その他2014年のLil Jonと「Let’s Get Fucked Up」, the Bassjackers と「Derp」、2016年にはAndrew W.K. and Timmmy Trumpetとの「Party Till We Die」、2018年はSteve Aoki, Deorro and Max Stylerと「Shakalaka」 Deorro and Quintinoと「Knockout」と立て続けに世に放ち注目を浴び続けている。

このようにハードウェル、スティーヴ・アオキ、リルジョンなどビッグアーティストとのコラボ楽曲も多数あり、EDMの枠を越え、HIP-HOPやラテンの音楽の要素も組み込むことに重点をおくことで世界中のダンスミュージックファンを虜にしている。

CLUB VIZEL(ヴィゼル)とは

2019年に渋谷のナイトシーンをより華やかに刺激と衝撃を与えるためにその産声を上げたVIZEL。収容人数1,000名を誇る1フロアに煌びやかなVIPシートを完備し、大型 LED パネルに大迫力サウンドシステムを有す。高性能レーザー照明や特殊演出スモークなども。ALLMIXを中心に様々なジャンルが日々楽しめる渋谷の注目ナイトスポット。

『MAKJ feat NEO TOKYO』
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着