MÖSHI(モシ)、初のフルアルバム『
BABEL』リリースが決定

ファッションデザイナー、ラッパー、トラックメーカーとして活動するMÖSHI(モシ)が、4月20日(水)にファースト・フルアルバム『BABEL』をデジタルリリースする。
昨年4月に発表した「Painting」を皮切りに、シンガーソングライターのkiki vivi lilyをフィーチャリングゲストに迎えた「Waiting」や、ソングライター/シンガー/ラッパーのASOBOiSMをフィーチャリングゲストに迎えた「Connected」など、これまで様々な切り口から5作のシングル作品を発表してきたMÖSHI。
本アルバムには、これまで発表してきたシングル曲に加え、新曲10曲を加えた全15曲を収録。ローファイ・ヒップホップやハイパーポップなど近代勢いを増しているインターネットミュージックを独自の解釈で新たなポップスに昇華した本アルバムのリード曲M6「1 Meter」の他、既にフェスティバルやアンダーグランドのパーティーを盛り上げてきたM4「Be Yourself」、テクノポップをベースとしながらエモーショナルな展開とボーカルで魅了するM9「Front Seat」、エレクトロニカとR&Bをエクスペリメンタルにアレンジした至極のバラード曲M15「I Just Wanna Be Like You」など、MÖSHIの幅広い音楽表現が堪能できる作品に仕上がっている。
MÖSHI コメント
1st Album「BABEL」は(ミス)コミュニケーションの物語です。
誰も予期せぬ形で従来のコミュニケーション方法の変化を余儀なくされてから数年が経ちました。それによって、まるでアレハンドロ監督の同名映画「バベル」で描かれたような絶妙なミスコミュニケーションが日常の様々な場面で起こるようになったように感じます。ただそれは同時に私にとって今まで当たり前だと思っていた人との繋がりを改めて考える機会にもなりました。
それぞれの曲はどれも様々な状況で、最も大切な人とすれ違いながらも関係を模索したり、その過程で自分を見つめ直したり、時には失ってしまいそうになる様をリアルに描いています。その中でも僅かな希望にすがりながら、繋がっていたいともがく人々を描く群像劇のような作品にしたいと考えました。
是非、一本の映画を見るかのようにそれぞれの物語に感情移入しながらこのアルバムを楽しんでいただけたら幸いです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着