立川志らく、師匠の武勇伝を語る「こ
の騒動をきっかけに」【志らく落語大
学芸術学部】

4月6日配信『志らく落語大学芸術学部』では、志らくが若手時代に経験した落語会の分裂騒動について落語風にじっくり語り尽くす!「寄席には出られないけれど…」「落語を語るうえではやはり、落語協会の分裂騒動をはずすわけにはいかないんですよね」と語る立川志らく。落語界には大きく分けて4つの協会があり、そのうちのひとつ、落語協会が分裂騒動を起こしているという。「協会分裂の原因はいろいろ複雑なんだけれども、まあ、立川談志が絡んでるんですよね」師匠・談志のことになると俄然テンションが上がる志らく。要するに、落語界の伝統をめぐっての対立だったという。「この騒動をきっかけに談志は破門されて、立川談志となったわけです」立川談志はもともと柳家小さんの弟子だった。こうして、寄席には出られない格好となってしまった立川流だったが、ビートたけし、高田文夫、上岡龍太郎、赤塚不二夫など錚々たる著名人が入門したことにより息を吹き返す。もちろん、志らく、志の輔、談春といった直系の弟子もめきめきと成長し、独演会のチケットが日本一取れない落語家と呼ばれるまでになっていく。「まあ、弟子から上納金という名目でお金を取ったせいで落語界からまたしても批判されてしまうんですけどね」談志としては授業料のつもりだったのだろう。人間模様が色濃く出ている落語協会。マニアックな話題ではあるが、いろんな人間ドラマがある。これを機会に落語を聞きに行ってほしい。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着