坂本冬美、約3年ぶりの本格的な演歌
シングル『酔中花』を5月にリリース

坂本冬美が、ニューシングル『酔中花』を5月25日にリリースする。

35周年のメモリアルイヤーを終えて、先月よりデビュー36年目に入り、YouTubeの公式チャンネル「冬美チャンネル」の登録者数が遂に10万人を突破し、ユーチューバーとしても快進撃を続ける坂本冬美。

前シングル『ブッダのように私は死んだ』の発売から1年半ぶりとなる新曲「酔中花」は、本格的な演歌シングルとしては、カラオケファン層から熱烈な支持を得てロングセールスを記録した2019年発売の「俺でいいのか」以来約3年ぶり。そして、5月14日からは、デジタル先行配信のスタートも決定した。
シングル『ブッダのように私は死んだ』からアルバム『Love Emotion』と情念の世界を歌ってきたが、今作は「雪国~駒子その愛~」、「北の海峡」、「女は抱かれて鮎になる」などの艶唄に久し振りに挑戦。「酔中花」はどこか艶っぽく凛とした中にも情の深い、“儚くも健気な女性像”を演じた作品となっている。

作家陣は「俺でいいのか」コンビの作詞 吉田旺と作曲 徳久広司が今作も手掛けており、編曲は南郷達也。そしてカップリング曲は、先日リリースした『坂本冬美 35th Covers Best』に収録されており、ファンのリクエスト投票でも上位にランクインした「紅とんぼ」が収録されている。

なお、昨今のコロナ禍の影響を受けて、コンサートやイベントも思うような開催が出来ない現状がつづいている状況であるが、明治座にて9月20日(火)~10月18日(火)の期間で坂本冬美特別公演 中村雅俊特別出演が開催される。

【坂本冬美 コメント】 愛してはいけない人を愛してしまった女性の心を描いた作品です。本当は一緒にいたいけど、これ以上を求めてはいけない。儚くて切ない女性像を歌っています。

坂本冬美 ニューシングル『酔中花』

発売日:2022年5月25日
UPCY-5106 ¥1,350(税込)
[ 収録楽曲 ]
1.酔中花(すいちゅうか)
 作詞 吉田 旺 / 作曲 徳久広司 / 編曲 南郷達也
2.紅とんぼ
 作詞 吉田 旺 / 作曲 船村 徹 / 編曲 坂本昌之
3. 酔中花(すいちゅうか)オリジナル・カラオケ
4. 紅とんぼ オリジナル・カラオケ

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着