ミュージカル『シンデレラストーリー
』が17年ぶりに上演 加藤梨里香と初
舞台の水嶋凜のWキャスト&王子役は
大野拓朗

シンデレラ役に新人・大塚千弘、王子役に井上芳雄のコンビで2003年に初演されたミュージカル『シンデレラストーリー』。 その2年後に王子役が浦井健治に引き継がれ再演が叶って以来、今秋17年ぶりの上演が決定し、第1弾のキャストが発表となった。
本作は、有名な『シンデレラ』の物語を子供から大人まで楽しめるようにと鴻上尚史が書き下ろした作品。子供に向けては、ファンタジーとしての物語の大筋は変えることなく、また大人に向けては、魔法が解けたのにどうしてガラスの靴だけはそのままだったのか、なぜ家事ばかりしていたシンデレラが華麗なダンスを踊れたのか、などリアルに考えたら避けては通れない問題に回答していく。
今回の演出には、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズなどの2.5次元作品やノンバーバルパフォーマンスで注目を集め、21年には東京2020パラリンピック開会式の演出で世界に感動の渦を巻き起こしたウォーリー木下。2003年の初演、05年の再演時同様、音楽には松任谷由実コンサートの音楽監督で、一青窈今井美樹などの作品を手掛ける武部聡志、同じく作詞は、歌手、俳優として数々の代表作を持つ斉藤由貴という強力タッグが、本作を彩る。
シンデレラ役には、現在上演中の舞台『アンチポデス』に出演するなど舞台で活躍中の加藤梨里香、初舞台で抜擢された新人女優・水嶋凜がWキャストとして決まり、二人で主演を務める。王子役には、一昨年のブロードウェイ・ミュージカル『プロデューサーズ』でのレオ・ブルーム役で大変好評を博し、現在は日米に拠点を置き、ハリウッド進出を目指す大野拓朗。ほか出演者には、声優として人気を博し、20年には舞台『ピーター&ザ・スターキャッチャー』で主演を務めるなど、俳優としても多彩な表現を持つ入野自由、宝塚歌劇団を退団後、舞台だけでなくライブ・コンサートやラジオドラマなどで幅広く活動している彩吹真央、劇団四季、音楽座を経てミュージカル俳優として確固たる地位を築いている吉野圭吾、そしてストレートプレイ、ミュージカルとさまざまな 舞台を中心に大活躍中の佐藤アツヒロなど、若いシンデレラたちを実力派俳優陣が支え、本作に新たな魔法をかける。
ミュージカル『シンデレラストーリー』は今秋、東京・愛知・福岡・大阪にて上演予定。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着