「雨を告げる漂流団地」主題歌&挿入
歌は「ずっと真夜中でいいのに。」 
挿入歌「夏枯れ」PV公開

(c)コロリド・ツインエンジンパートナーズ スタジオコロリドによる長編アニメーション映画第3弾「雨を告げる漂流団地」の主題歌および挿入歌を、音楽ユニット「ずっと真夜中でいいのに。」が担当することがわかった。あわせて、挿入歌「夏枯れ」のプロモーションビデオも公開されている。
 同作は、“ひと夏の別れの旅”を描く冒険ファンタジー。幼なじみなで最近は関係がギクシャクしている小学6年生の航祐と夏芽、そしてその仲間たちが、謎の現象により、取り壊しが決まった思い出の団地とともに大海原に放り出されて漂流する。監督は、スタジオコロリドの長編アニメーション映画第1弾「ペンギン・ハイウェイ」で初めて長編映画監督に挑んだ石田祐康が務める。
 「ずっと真夜中でいいのに。」は、これまで実写映画「約束のネバーランド」や「さんかく窓の外側は夜」の主題歌などを担当してきたが、アニメ作品タイアップは今回が初。「夏枯れ」は本作のために書き下ろされた楽曲となっており、PVでは歌詞とともに「雨を告げる漂流団地」の制作過程の映像も見ることができる。
 作詞・作曲、ボーカルを手掛けるACAね(アカネ)は「制作にあたり石田監督から物語としての想い/ヒントをいただき、すぐさまメモやら何やら広げながら取りかかると普段の自分とも繋がりました。季節が暮れるたび枯れるたびに想いを馳せてしまうような作品に浸りながら新たな夏の曲を作らせていただきました」と楽曲制作を振り返っている。
 「雨を告げる漂流団地」は、2022年にNetflix全世界独占配信および全国で劇場公開。「ずっと真夜中でいいのに。」のACAねのコメント全文は以下に掲載。
【ACAね(「ずっと真夜中でいいのに。」作詞・作曲・ボーカル)】
制作にあたり石田監督から物語としての想い/ヒントをいただき、すぐさまメモやら何やら広げながら取りかかると普段の自分とも繋がりました。
季節が暮れるたび枯れるたびに想いを馳せてしまうような作品に浸りながら新たな夏の曲を作らせていただきました。(もともと団地の纏うもの懐かしさやたた住まいがとても好きで監督と盛り上がれて嬉しかった)
主題歌と挿入歌として交わることができて感謝です。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着