小渕健太郎(コブクロ)、9年ぶりと
なるギターインストゥルメンタル・ア
ルバム『ツマビクウタゴエ2』のティ
ザー映像を公開

2013年9月にリリースされた小渕健太郎コブクロ)のアルバム『ツマビクウタゴエ~KOBUKURO songs,acoustic guitar instrumentals~』のシリーズ第2弾アルバム『ツマビクウタゴエ2』(4月27日発売)のティザー映像が公開された。
コブクロの楽曲の数々を、小渕健太郎自らがアコースティックギターの多重録音でレコーディングしたインストアルバムで、前作に続き「ギタリスト小渕健太郎」として、「ギタリストとしてのテクニックに走る」という事ではなく、「歌心のあるギターアルバム」をテーマに制作した作品に。アコースティックギターの音のみでレコーディングされているのにもかかわらず、まるで歌声が聴こえてくるかのような心が温まるギター・インストアルバム。「ギタリスト小渕健太郎」として、思いの詰まったアルバムになっているとのこと。
4月13日(水)には『ツマビクウタゴエ2』よりコブクロの代表曲でもある「未来 (ツマビクウタゴエ ver.)」と「流星 (ツマビクウタゴエ ver.)」の先行配信も行われている。

小渕健太郎コメント
9年越しに「ツマビクウタゴエ2」を作りました。
今回で、2作目となります。
「ツマビクウタゴエ」とは、アコースティックギターで
自分達の過去の楽曲をセルフカバーした、インストの作品なのですが、
1音1音が「歌声」に聴こえるように演奏し、
言葉を持たない楽器から、まるで歌詞が聴こえて来るような
そんな、こだわりを持って作っている作品です。
2人の歌声の息遣いや、強弱、重なり合い、
そこに寄り添っている様々な楽器の旋律を
アコースティックギターで表現しています。
楽器で「歌声」を表現しようとする作業は
作詞作曲とはまた違う未知へのチャレンジであり、
ギタリストとして、とても勉強になる時間です。
こうして、メロディーだけで聴いても、
美しさや可憐さ、切なさや、希望に満ちた楽曲を
これからも作っていけるように
心を込めて楽曲制作を続けて行きたいなと思います。
このアルバムを通して、
アコースティックギターの音色の魅力と
コブクロの楽曲の魅力が
1人でも多くの方に届くと嬉しいです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着