磯村勇斗が神木隆之介を背後から抱き
しめ、耳元でささやく 映画『ホリッ
ク xxxHOLiC』アカグモ本編映像を公

4月29日(金・祝)公開の映画『ホリック xxxHOLiC』から、本編映像の一部が解禁された。
『ホリックxxxHOLiC』は、創作集団・CLAMPのコミック『xxxHOLiC』を実写映画化するもの。原作コミックは2003年から2010年までヤングマガジンで連載され、単行本の売り上げは累計1,400万部を突破。これまでに、小説化・アニメ化・実写ドラマ化・舞台化も行われてきた。劇中では、人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えてしまう孤独な高校生・四月一日が一羽の蝶に導かれ、不思議な「ミセ」と呼ばれる場所にたどり着く。四月一日は、「どんな願いも叶えてあげる。ただし、それに見合う対価をいただく」と言うミセの主人・侑子を手伝うように。同級生の百目鬼やひまわりと日々を過ごす四月一日に、“アヤカシ”を操る女郎蜘蛛らの魔の手が伸びる。
本作では、高校生・四月一日君尋(ワタヌキ キミヒロ)を神木隆之介、“ミセ”の主人・壱原侑子(イチハラ ユウコ)を柴咲コウがそれぞれ演じ、W主演。また、松村北斗(SixTONES)が四月一日の同級生・百目鬼静(ドウメキ シズカ)役、玉城ティナが同じく同級生・九軒(くのぎ)ひまわり役で共演。DAOKO、モトーラ世理奈、趣里、西野七瀬、大原櫻子、てんちむ、橋本愛、吉岡里帆、磯村勇斗らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『Dinerダイナー』『人間失格 太宰治と3人の女たち』などの蜷川実花監督。
解禁されたのは、磯村勇斗演じるアカグモ(磯村勇斗)の姿をとらえた場面写真と本編シーン。アカグモは映画オリジナルキャラクターで、ヒトでありながら女郎蜘蛛(吉岡里帆)を崇拝する手下だ。本編映像で、アカグモは「いいよ、話して」とひまわり(玉城ティナ)の耳元で甘い声で囁き、ニヤリと笑みを浮かべる。さらに、困惑するひまわりの肩を抱きながら「本当は、聞いてもらいたいでしょ?大丈夫。話して」と畳みかけている。また、四月一日に対しては、背後から抱きしめ、「ここに来ると思い出しちゃうな。君の血の味」と恍惚の表情で囁いている。
アカグモを演じた磯村は、自身の役柄について、「色気のある仕草や喋り方で、女郎蜘蛛に実は転がされているのに、そこに興奮してしまうくらいの変態さを持つ」と説明している。
『ホリック xxxHOLiC』は4月29日(金・祝)公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着