映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者ス
カー/最後の錬成』製作報告イベント
に山田涼介ら共演者が登壇!「今観る
べき作品」

荒川弘氏の大人気漫画を実写映画化し、2017年に公開された前作『鋼の錬金術師』から約4年半、原作の最終話までを2部作で描く完結編『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』が2部作連続公開!本作の製作報告イベントが4月21日に都内で行われ、出演者の山田涼介さん(Hey!Say!JUMP)、本田翼さん、ディーン・フジオカさん、本郷奏多さん、蓮佛美沙子さん、渡邊圭佑さん、水石亜飛夢さん、舘ひろしさん、山本耕史さん、栗山千明さん、佐藤隆太さん、内野聖陽さん、曽根文彦監督が登壇!本作への想いや撮影秘話をたっぷりと語ってくれました。豪華出演者からのご挨拶豪華俳優陣と曽根監督が大きな拍手に包まれながらイベントに登場!まずは、俳優陣のご挨拶から。前作に引き続き、主人公のエドワード・エルリックを演じる山田さんは「この作品をたくさんの方に観ていただけるように、皆さんのお力添えをどうぞよろしくお願いします」と爽やかにご挨拶。続いて、ウィンリィ・ロックベル役の本田さんと、ロイ・マスタング役のディーンさんは、前作に引き続き参加した完結編が出来上がったことに「心から嬉しく思います」と喜びを語りました。本作から参加のキング・ブラッドレイを演じる舘さん「台本を読みましたけど、五里霧中というか…。全くストーリーが理解できないまま撮影に入り、そのまま終わったという…(笑)」と会場の笑いを誘いました。リザ・ホークアイ役の蓮佛さんは『復讐者スカー編』好きだといい「救われた気持ちになりました。今世界で起きている出来事とリンクしている部分が多く、今観るべき作品になっているのではないかと思います」。エンヴィー役の本郷さんは「キャストにこれほどまでの豪華な方々が演じてくださって…。本当にすごいことだと思います!」と豪華キャスト陣に感激!アレックス・ルイ・アームストロング役の山本さんは「僕の役は驚くルックスというかビジュアルなんですけれども…。先日、試写で観せていただいて、舘さんが僕が出ているのに気付いていないという…(笑)そのくらいすごい扮装をしています」と裏話で笑わせます。マース・ヒューズ役の佐藤さんは「前作で残念ながら死んでしまって、ちょっと悲しい思いをしたんですけど、キャストの皆さんや監督が思い出してくださったおかげで、今回も参加することができました」とユーモアを交えてご挨拶。ヴァン・ホーエンハイム/お父様役を演じた内野さんは、役柄にギャップがあるといい「色々なお父さんを演じています。パート3でガッツリ出ていますので、よろしくお願いします(笑)」と笑いを誘いました。リオ・ヤオ役の渡邊さん、オリヴィエ・ミラ・アームストロング役の栗山さんと、アルフォンス・エルリック役の水石さんは、原作ファンとして作品に参加できたことの喜びを言葉にしました。最後に曽根監督から「本当に素晴らしい原作を、1本のみならず2本、3本と完結まで描き切ることが出来るのは本当に光栄なことです!これだけの素晴らしいキャストの皆さんにお集まりいただき、監督冥利に尽きます!」と感謝を述べました。そして、スカー役を演じた新田真剣佑さんからビデオメッセージが…!「この作品に携われたことを大変光栄に思います。僕が演じたスカーは過去に兄を殺され、復讐を誓う男です。その復讐の過程の中で、エドとアルの兄弟と対立することになります。」と自身が演じるスカーを紹介!そして「原作でも人気者のキャラクターであるスカーを、いかに魅力的に見せられるかを考えながら演じました」と締めました。撮影の裏話が盛りだくさん続編の話を聞いての感想を問われた山田さんは、前作を撮影中に曽根監督と『鋼の錬金術師は』最後まで描かないと終われないという話をしていたといい、続編が決定した時は「『あ、ようやくできるんだな~』っていう。4年間作品への思いは途切れることはなかったので、嬉しかったです。さらにパワーアップしたキャストを迎えての撮影になるということで、非常に嬉しかったです」と、いつでもクランクインする準備は整っていたと明かしました。完結編の撮影で山田さんと久しぶりに再会した本田さんは「なんのお変わりもなく。ブランクを感じさせないエドワード・エルリックでした!」。一方の山田さんも「ディーンさんも、蓮佛さんも現場でお会いしても久しぶりな感じはなく『なんでだろうね~』ってお話を現場でみんなでしましたね」。「僕だけじゃなくて、皆さんそれぞれの気持ちが途切れることなくこの4年間ひっそりと待っていたんじゃないかな?と思いました」。クランクインから数日で山場となる感情を爆発させるシーンの撮影があったという本田さん。「『あ。そっか。この現場は心に準備をさせてくれる時間なんてないんだ!』って思いながら、最初からフルスロットルで臨みました(笑)」と明かし「申し訳ないです」と曽根監督が笑いながら謝る場面も。山田さんが『復讐者スカー』で対峙するスカーについて「真剣佑は前作には出ていなかったので『どのテンションで演じればいいんだろう…』って初日は戸惑っていたんですけど、すぐに役を掴んでいました。体が大きいので威圧感もありましたし、スカーの佇まいみたいなクールな感じは彼にしかできないなと思いながら対峙していました」と明かします。「彼は割とチャーミングな感じな方で、スカーとは全然違う感じなんですよね。オフの時間はお菓子食べながら『山田くんこれ美味しいね~』みたいな(笑)現場に電動キックボード持ってきてスカーの格好で『山田くん楽しいよ~!』みたいな感じで(笑)現場では和気藹々と過ごしていました。切り替えがすごい方だなと思って見ていましたね」と撮影裏話を楽しそうに語ってくれました。本作でスケールアップしたポイント本作でパワーアップしたポイントを聞かれたディーンさんから「山ちゃんの(山田さん)肩周りがパワーアップしましたね!三頭筋とか…(笑)」と暴露された山田さん。「真剣佑もそうですし、山本さんもそうですし、この現場本当に筋肉バカしかいなくて!ディーンさんなんか『ディーン塾』とか開かれていましたよね?」と、撮影現場でも皆さんで鍛えていたといいます。蓮佛さんも「何がスケールアップしているかな?って考えた時に、本筋とは外れちゃいますけど、私の記憶の中で強く残っているのは筋トレですね」。「本来お茶とかコーヒーが置いてあるところに平然とプロテインが何種類も置いてあったりとか。待機中にスタジオの外に出ると誰かが筋トレしている声が聞こえたりとか(笑)体づくりの面でスケールアップしているところはあるんじゃないかなと思います」と裏話を明かしました。本作では回想シーンのみの登場になる佐藤さんの撮影は1日で終わってしまったそうで「そんなことがあったのか楽しそうだな~。僕も筋トレ塾参加したかったな~。お菓子美味しく食べたかったな~とか、今現場の雰囲気が聞けて楽しいです」と自虐し、共演者たちから笑いが溢れます。逆に客観的に作品を観ることができたと「シンプルに、登場してくるキャストの皆さんが豪華で、そのワクワクが止まらなかったです!こんな方も出て…こんなことをして…ここで舘さん!?みたいな(笑)」と、興奮したといいます。同じく本郷さんも「次々とすごい芸能人が出てくるんですよ!今日だってこれだけの方々が一堂に介している絵もすごいですし。そこに参加させていただけるのは本当に嬉しいです」。さらに、ヒューズが推しメンだという本郷さんは「前作の回想シーンだけではなく、新規でヒューズさんを撮ってくれたのがすごい嬉しかったです」と明かし「そういえば、殺してしまってごめんなさい」と佐藤さんに謝ります。「あんたに殺されたんだよ!でも、優しい言葉ありがとうございます」と楽しそうなやりとりも。主演の山田さんの魅力に迫る主演の山田さんのパワーアップしたポイントを聞かれたディーンさんは、前作と今作の印象が違ったといい「より中性的な印象でしたが、今作ではすごく男になったっていう感じですね」。さらに、本郷さんは「山田くんは本当に完璧です!自分を使って表現する術がめちゃくちゃ上手いですし、身のこなしも上手いし、お芝居も素敵だし、現場での周りへの気遣いもすごいし。実は山田涼介という人間は立体映像なんじゃないですかね?(笑)それほど完璧で、素敵です」と大絶賛。「『鋼の錬金術師』って日本に山田涼介が存在しなかったら、企画として成立していないんじゃないかな?と思うくらい本当に素晴らしいエド像だなと、本当に尊敬しています」と褒め倒しました。内野さんも「格段と自分の役を身につけて、自由になっていく感じがすごい魅力的で…。山田さんってフェミニンな魅力というか、中性的な魅力があって、我が息子ながら『色っぽいな~』って思っていました」と暴露。自身が演じたエドの魅力について山田さんは「人生の価値観の差が普通の大人の人よりも成長度合いが違います。芯を曲げない男らしさみたいなところは、演じていても『うわ、この考え方すごいな』って尊敬する部分があります。エドのカッコよさはその芯の強さなのかな?と思います」と明かしました。さらに、アクションシーンについても「前作と比べるとアクショーンシーンは3~4倍くらいあったんじゃないかなと思います。『復讐者スカー』では冒頭の5分ですごいアクションシーンからスタートしますので、大変ではあったんですけど、毎日違うアクションシーンができるから『今日何やるんだろう?』みたいなワクワク感を持ちながら現場に向かっていました」と、果敢にアクションに挑んだといいます。今作から登場の新キャストに迫る対局的なキャラクター2役をを演じる内野さんは、対局的だからこそ演じやすかったといいます。劇中でホーエンハイムとお父様が対峙する場面があり、グリーンバックでの撮影が続いたそう。「自分の演技に対して演技にする、イメージの世界だけでお芝居をしたので、なかなか面白い体験でした」といい、出来上がった作品を観て「『うわ!こんなところにいたのね!』。一観客としてワクワクしました」と裏話を語ってくれました。舘さんは「監督のご指示通りにやったという感じです」と爽やかに一言。共演者の皆さんも舘さんのカッコよさに見惚れたといいます。山田さんは「ブラッドレイが現れるとみんなピシッと敬礼するんですけど、お芝居じゃなくてもできるというか…。自然とそうなるオーラを身に纏って存在してくれたので、自然な気持ちでできましたね」と、芝居入らずで緊張感が漂っていたと明かしました。原作の大ファンだった栗山さんは体力的に心配だったといいますが「素直に『こうやって撮ってんだ~』っていう感じでした」、「毎日がお芝居なんですけど、浮かれていました」とファン目線だったと暴露。山本さんは特殊メイクに4時間半かかる役柄。次の日が早かったという山本さんはメイクをしたまま帰宅したことがあるといい「メイクを取っちゃうと、寝る時間もままならないし、1日だけそれで帰ったら、子どもが凍りつくっていう…(笑)」と暴露。「それから絶対に家に持ち帰ってはいけないなって思いました」と反省したといい、共演者たちの笑い声に包まれました。作品の魅力と裏話をたくさん聞けたところで、最後に山田さんからご挨拶!「『鋼の錬金術師』がパワーアップして劇場に帰ってきます!僕、個人としては希望の物語だと思っていて、一人一人のキャラクターが自分の信じた道を恐れることなく突き進むそのカッコいい姿が魅力です。実写化なので生身の人間が演じる生っぽさを劇場で堪能していただけたらと思います。よろしくお願いします」と締め、イベントは幕を閉じました。『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』『復讐者スカー』5月20日(金)全国ロードショー『最後の錬成』6月24日(金)全国ロードショー配給:ワーナー・ブラザーズ映画(c)2022 映画「鋼の錬金術師2&3」製作委員会

新着