ムロツヨシがひょう変「世の中の悪を
罰していきます」 映画『神は見返り
を求める』予告編・キービジュアル・
主題歌情報を解禁

6月24日(金)公開の映画『神は見返りを求める』から、予告編とキービジュアル、主題歌情報が解禁された。
『神は見返りを求める』は、『ヒメアノ~ル』『愛しのアイリーン』『空白』などで知られる吉田恵輔監督のオリジナル最新作。YouTuberを題材に、“欲”や“本音と建て前”、“嫉妬”といった人が誰しも持つ醜さや葛藤を鮮烈に描き出すという。イベント会社に勤める主人公・田母神(尚樹)は、合コンでYouTuber・ゆりちゃん(川合優里)に出会う。田母神は再生回数に悩むゆりちゃんを不憫に思い、まるで「神」の様に見返りを求めず、彼女YouTubeチャンネルを手伝うようになる。ふたりは、人気がでないながらも、力を合わせて前向きに頑張り、お互い良きパートナーになっていくが、あることをきっかけに、二人の関係は大きく変化していく。
主人公・田母神役で主演するのは、ムロツヨシ。また、岸井ゆきのが再生回数を稼ぐためにNG無しの“底辺YouTuber”を演じている。さらに、田母神と同じイベント会社に務める後輩・梅川役で若葉竜也、有名YouTuber・チョレイ役で吉村界人、同じく有名YouTuber・カビゴン役で淡梨、新進気鋭のデザイナー・村上役で栁俊太郎らがキャストに名を連ねている。
解禁された予告編では、ムロツヨシ演じる田母神と岸井ゆきの演じるゆりちゃんの出会いからスタート。「俺は見返り欲しさにやっているわけじゃないから」と言う田母神とゆりちゃんは青春のようなキラキラした時間を過ごすが、依然としてゆりちゃんのYouTubeチャンネル登録者数は増えず。そんなある日、ゆりちゃんは、ひょんな事から繋がった人気YouTuberのチョレイ(吉村界人)に「(動画を)もっとポップで可愛くした方がいいんじゃない?」という助言を受けることに。そして、不穏な音とともに物語は急変。覆面を被り「ゴッドTです。世の中の悪を罰していきます」と豹変する田母神や、外見や振る舞いがまるで別人になったゆりちゃんの姿が写し出されている。
また、空白ごっこによる挿入歌「かみさま」と主題歌「サンクチュアリ」も解禁。空白ごっこが映画主題歌・挿入歌を書き下ろしたのは、本作が初とのこと。
空白ごっこメンバーのコメントは以下のとおり。
セツコ
「神は見返りを求める」主題歌、挿入歌を担当させていただけたこと、本当に嬉しく思ってます。
純度の高い関係性に見えた2人がどんどんと拗れていく有様を画面の外から全部観た上で、どちらの曲も2人だけの世界を描いた楽曲にしました。
ぜひ最後まで楽しんでください!
お話をいただいた時、この途轍もなくリアル?なラブストーリーを楽曲として描くにはどうしたら良いか、ということをすごく考えました。
明るい曲なのか、暗い曲なのか、はたまた切ない曲なのか。
どれも合う様な気がして、どれも合わない様な気がする。ぐるぐるとしていました。
でも、そういう事を悶々と考えていたら、僕らでしか表現出来ない様な、そんな塩梅の楽曲が出来上がりました。
様々な表情を見せるこの物語を、様々な角度から飾る事が出来ていたら、とても嬉しいです。
針原翼
お話をいただいた当初から吉田監督とディスカッションをする機会をいただけたり、とても身の引き締まる制作時間でした。
監督からのお話も今回の物語も、空白ごっこにぴったりだなと思いました。
映画も楽曲もすごく良い仕上がりになっているので、みなさんぜひ劇場でご覧ください!
『神は見返りを求める』は6月24日(金)TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイント他全国公開。
※吉田恵輔監督の「吉」は、士の部分は土が正式表記

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着