「日比谷音楽祭 2022」第三弾出演ア
ーティストを発表 24組を追加

 6月4日・5日の2日間にわたり、日比谷公園とその周辺施設で開催する「日比谷音楽祭 2022」の第三弾出演アーティストと、日割り、出演ステージを発表した。

 日比谷音楽祭(実行委員長:亀田誠治)は、日本の野外コンサートの歴史をつくってきた音楽の聖地「野音」を擁する日比谷公園で、素晴らしい音楽を体験できる、親子孫3世代、誰もに開かれたフリー(無料)の音楽イベント。6月4日・5日の2日間にわたり、日比谷公園とその周辺施設で開催する「日比谷音楽祭 2022」の第三弾出演アーティストと、日割り、出演ステージを発表した。

 今回新たに出演が決定したアーティストは、上妻宏光、朝倉さや、アスハン、ATSUSHI TAKAHASHI×辻コースケ、荒谷翔大 (yonawo)、石川さゆり、伊那市ミドリナ委員会、EXILE TETSUYA with EXPG、大宮エリー、岡本梨奈、小倉博和GAKU-MC、花耶、《聞かせ屋。けいたろう》、紀平凱成、KREVA、杉田篤史(INSPi / hamo-labo)、関取花、たなしん、DJ クマーバ、平井秀明、 Polaris、MIYAVI、民謡ユニット こでらんに〜の24組。

 このように、多様なジャンルのアーティストが集う「日比谷音楽祭 2022」は、日比谷公園大音楽堂「YAON」をはじめ、「ONGAKUDO(日比谷公園小音楽堂)」「KADAN(日比谷公園第二花壇)」「HIROBA (東京ミッドタウン日比谷・ステップ広場)」「KOTONOHA(東京ミッドタウン日比谷・パークビューガーデン)」の5つのステージで公演予定。

 さらに、「日比谷音楽祭 2022」の音楽体験をよりたくさんの方に届けるために、2日間のオンライン生配信が決定した。日比谷音楽祭2022を、会場だけでなく、日本中どこからでも楽しめる。視聴方法などの詳細は後日発表される。

 日比谷音楽祭2022は、ライブだけでなく、楽器体験やワークショップ、トークイベントなどを実施して、『自分の音楽の楽しみ方』を見つける機会や『新しい音楽の循環』を“みんなで”つくり、音楽文化を育むきっかけとなるよう、誰もが音楽と触れ合い、 音楽と出会える機会の創出を目指す。

亀田誠治メッセージ

 みなさんお待たせしました!「日比谷音楽祭 2022」待望の第三弾アーティスト発表です! 長引くコロナ禍、この世界情勢、穏やかではない日々が続きますが、日比谷音楽祭は親子孫三世代が安心して、誰もが 屈託なく音楽を楽しめるように、そして音楽が多くの人々の生活の隅々まで潤してくれるように、最高の音楽を届けていきたいと思います。

 今年の日比谷音楽祭は、YAON、KADAN、ONGAKUDO、KOTONOHA、HIROBA の5つのステージで、より多様なアーティストが登場します。ロック・ポップス・クラシック・民謡・ミュージカルなど、日比谷音楽祭にはさまざまな音楽があります。みなさんにたくさんの素晴らしい音楽の出会いがありますように!

 また、ワークショップもワクワクです。今年はワークショップのタイトルも Dream Workshop&Talk に進化!「Dream」の名に ふさわしい、夢いっぱいの音楽体験を五感すべてで味わってください。きっと、もっと音楽が好きになりますよ。

 そして、いよいよ YAON チケットの抽選申し込みがスタートします!今年もYAONは無料ですが、たくさんの人に平等にチャンスがあるように、そして混雑や密の回避と運営面の安全のために、さらには転売などがないようにプレイガイドさんの力を借りて厳正なる抽選を行います。YAON以外のステージは、当日ふらっと来ても見ることができますよ。もちろん、コロナ禍なので混雑しちゃったら入場規制をする場合もありますが、みなさん一人一人が、思いやりを持って互いを尊重し、心を開いてフリーでボーダーレスな日比谷音楽祭を楽しんでください。

 さらに、今年もオンライン生配信をおこないます!日比谷音楽祭が全国どこにいても楽しめるよう、当日の混雑緩和の ためにも、そして、まだ完全には安心できないコロナ対策として、生配信でも日比谷音楽祭 2022 をお届けします。 会場に来ることができない方も、おうちから楽しむ方も、会場のみなさんと一緒に盛り上がりましょう!

 そしてもう一つ!クラウドファンディングをもっと盛り上げたい!今年はクラウドファンディングの目標を一段高く2000万円に設定しました。日比谷音楽祭はみんなで創っていくイベントですので、継続的な皆さんのご支援が不可欠です! 今年の目玉は、去年の支援者のみなさんと一緒に考えたリターン、さらにはアーティストや協賛企業の皆さんも、音楽とアソビ心いっぱいのリターンを提供してくださいました。誰もが楽しめるコースが満載ですので是非プロジェクトページを覗いてみてください。

 今年の開催は6月4日(土)、5日(日)。初夏の美しい日比谷公園でのオフラインと、誰もが思いのままに楽しめるオンラインのハイブリッド開催で、音楽のある最高の時間をお届けします。

日比谷音楽祭実行委員長 亀田誠治
2022年4月26日

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着